FC2ブログ

チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子・娘と、プラハでのんびりライフ〜
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPチェコ生活 ≫ A子ちゃん結婚式 その1

A子ちゃん結婚式 その1

お友達のA子ちゃん(彼女のブログはこちら)の結婚式に出席してきました。
彼女とは、彼女がブルノに住んでいるときからの知り合いで
家族ぐるみで仲良くさせてもらっている、大切なお友達です。
そんな彼女は、チェコ人の彼と今までパートナーとして
一緒に暮らしてきましたが、この度ついに結婚することに!
わたしも自分のことのようにワクワクしてこの日を待っていました。

Čelákovice(チェラーコヴィツェ)というプラハから電車で20ー30分のところに
住んでいる彼女。
今回、結婚式はそちらの町の市役所で、
そのあとのパーティは、彼であるオンドラが勤務している
プラハ中心地のGrand Hotelで行われました。

ここ数週間、
日本の猛暑のように、チェコも例年にない暑さ(35度越え!)の毎日でしたが
今日はなんと最高気温も22度程度。そして曇りと雨予報。
式からパーティ会場まで移動があるので、
暑いと大変だなと思っていましたが(というより、マルのご機嫌が心配でした^^;
朝から涼しくて、すごーく気持ちのいい日でした。
水不足気味だったチェコにも、恵の雨!よかった!
雨だけどいい日だ!

11時開始に向けて、電車で町に向かいます。
先週のブルノのお友達の結婚式とほぼ同じ格好です。
テーマはピンク&ドット!
ゆうきのために作った手作りの蝶ネクタイがお気に入りです。

P8100342b.jpg

早めに最寄り駅について、チケットを買っていると、
乗る予定だった電車の一本前のが、20分遅れでもうすぐ到着しそう。
雨で遅れているのかな?と思って
これは次のを待つより、今乗ったほうがいいなと判断して
さくっと飛び乗りました。

ベビーカーが乗れる広いスペースのある電車です。
人が座っていましたが空いているところにわたしたちも座りました。
すると、隣と向かいに座っていたファミリーが誰かと電話をしていて
なにやら目的地も一緒で、着替えて向かうというような話をしています・・・。
町までは停車駅が2つだけなのですぐ到着だったのですが、
駅に着く少し前にマルのお隣に座っていた男性から
「あなたたちもチェラーコヴィツェへ、結婚式に?」と聞かれました。
なんと、新郎オンドラのお兄さんだったのです!
向かいに座っていたのは、お母さん、そして孫の女の子でした。
思いがけず電車でお知り合いになることができました。
オンドラのお母さんは、
「この子を覚えているわ、オンドラが写真で見せてくれた。」
と、ゆうきのことを覚えていてくれたようです。
先日、A子ちゃんのところに遊びに行った時の写真を見てくれていたようです。

電車は駅に到着し、また後で会いましょう〜とお別れをしました。
同じ電車に乗っていたらしい、日本人のお友達にも駅で会ったので
一緒に市役所に向かいました。

結局、到着したのは10時半ごろ。
マルも通訳の練習をしなければと思っていたので、
意外といい時間に着きました。
あ。そうそう、マルさんは結婚式の通訳を頼まれていたのです。
2日前に急遽A子ちゃんから連絡があって、引き受けました。
なんでも、今まで市役所の人には通訳なしでいくという話をしていたそうなのですが、
ここにきて、友達でもいいから誰かにお願いしてほしいと言われたそうなのです。
「キッチリした通訳じゃなくて、適当でいいので」とA子ちゃんは気遣ってくれましたが
大切な結婚式で、適当にというわけにもいかないですよね。
言葉の細かいところにこだわるマルなので、なおさら。
2日前にもらった、台本のようなものをわたしと二人で翻訳し、
わたしがチェコ語を読んで、マルが日本語を言うという練習を
何度もしました。
その最終確認もあったので、余裕をもって到着できてよかったです。

式場はシンプルで明るい感じのお部屋でした。

P8100338b.jpg

マルはすぐに市役所の人に呼ばれて、当日の台本をもらいに行きました。
A子ちゃんからもらっていたものと同じだったのですが、
なんとその間に、代議士(結婚式を執り行う人)のフリートークというか
オリジナルのお祝いの言葉があるそうな!
おぉ。。聞いてないぞ!とマルの焦りと言ったら。笑
できる範囲でやるしかないと腹をくくって、とりあえず練習してました。

ゆうきはというと、電車の中などずっと大人しくいい子にしていてくれたのですが
市役所まできて、ちょっと暴れ出しました。
目の前に噴水があって、そこで遊びたいと言ってききません。
仕方なく一度外に出てみたら、今度は中に入りたくないと。
困ったなと思いつつ、でも時間になったので
一応式場に入って座りました。

オンドラのご家族、ご友人の方々はもとより
A子ちゃんのご家族、ご友人の方々もはるばる日本からいらっしゃっていました。
チェコまで遠いし旅費もかかるけど、A子ちゃんのためにこんなに来てくれるなんて
彼女の人柄のなせることですね。
素敵なご家族やご友人にもお会いできて、わたしも嬉しかったです。

新郎新婦の入場!
A子ちゃんはマーメイドシルエットのウェディングドレスを着て、とても綺麗でした!
わたしも母のような?気分で「よかったねぇ」としみじみ感動しちゃいました。
ゆうきは最初こそ、場の雰囲気が珍しかったのか、まじまじと見ていましたが
ものの5分程度でまた体を仰け反って、わたしの膝の上から脱出しようとします。
ヴァーヴァー!!!とうるさくなってきたので、
早々にホールから出ました。。。
そして噴水のところや、役所のまわりをお散歩。
いまからというところだったのに、ほとんど見れませんでした。。。
マルの通訳姿もよく見たかったのになあー
わたしたちが出たとき、ちょうど代議士のお祝いの言葉が始まったばかりのところで
かなり焦ってたどたどしく日本語に通訳し始めたところでした。
いやわたしもそこにいたら、あまりの緊張の様子にいたたまれなくなっていたかも。

あとからマルに聞きましたが、
そのフリートークの部分は、最初だけ訳しましたが
代議士が通訳の間をあけずザーっと話し続けるので、
オンドラが「しなくていいよ」とジェスチャーで示してくれ、
結局通訳しなかったようです。
「あの式場で一番緊張していたのは僕だ」と。笑
カメラマンの人にも「緊張するなよー!」と励まされていたそうです。笑
とにかく、大役お疲れ!立派にやりきった!

で話は戻りますが、ゆうきと外で遊んでいたら、
同じ参加者の1歳くらいの子も外に出て着ました。
やっぱりこの年代の子には難しいですね。
A子ちゃんのお姉さんの息子のTくんのようです。1歳5ヶ月くらいだそう。
ゆうきと半年くらい違うけど、サイズ的にはほぼ同じでした。
連れて出ていたのは、日本からきたお友達の方。
Tくんと少し遊んで、一緒にまた式場に戻りました。
いけるかなーと心配でしたが・・・案の定、外行きたいがすぐ始まりました^^;
でももう終わりの部分でしたので市役所の人も
「自由に走らせていいですよ」と言ってくれたので
ゆうきを解放したら、
新郎新婦のところへいったり、Tくんとお手てをつないで歩いてみたり
自由にしてましたが、叫んだりすることはなくなったので
まあよかったです。
式の最後に新郎新婦にお祝いの言葉をかけるところには参加できたので
わたしもちょうど戻れてよかったです。

その後、市役所の外で記念撮影。
朝から雨が降っていましたが、このときだけラッキーにも雨が止んで
みんなで写真を撮ることができました。

そして歩いて駅へ。プラハに行って、ホテルでパーティです。
A子ちゃんはドレス姿のままで移動だったので、
みんなの注目を集めていました。
あとお友達の方が着物をお召しになられていたので
そちらにも皆の視線が!
やっぱり着物姿は素敵。絵になります。


さてパーティのお話は後半へ続きまーす!


あ、
式場ではカメラマンがいたので、わたしは全然写真撮ってません〜
今回写真が少なくてスミマセン。パーティの方はあります。
ま、ゆうきもいるから、カメラどころじゃなかったけども・・・
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコ共和国のプラハ在住。2013年12月にチェコ入り→翌1月にチェコ人と結婚。2016年6月長男、2018年10月長女誕生。
*グラフィックデザイナー。
*プラハ在住の日本人女性3人によるものづくりユニットSankakůのメンバー。主につまみ細工アクサセリー作ってます。(現在育児のため活動休止中。。)
*プラハのよさこいチーム運営サポート。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ