FC2ブログ

チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子・娘と、プラハでのんびりライフ〜
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP旅行 ≫ Žleby(ジュレビ)へ、蒸気機関車の旅 その1

Žleby(ジュレビ)へ、蒸気機関車の旅 その1

今週末はなにをしようかと、
久々にKudy z nudyを開いて調べていたところ
蒸気機関車がプラハから出る!ということを知りました。
電車、とくにトーマスにハマっている息子のゆうきが
喜ばないはずがない!
これは行くしかなーーーーい!!

プラハから出る蒸気機関車は今週末は2つあったのですが、
行き先のお城でマーケットが行われているという
Žleby(ジュレビ)行きの方に惹かれ、マルに提案!
興味を持ってくれたので、よしじゃあ行こう!とスムーズに決まりました。

目的地はこちらです。

mapazleby-1.png

mapazleby-2_2018081004391518d.png

この赤いラインを蒸気機関車で走ります!

水曜、チケットを買いに、マサリク駅に行きました。
事前に買うと座席予約料金は不要でした。
プラハからの往復は大人360コルナ。6歳以下は運賃も無料。
でも、ちょっと失敗したのは
子供をベビーカーに乗せるか?それとも席に座らせるか?と聞かれ、
ベビーカーと答えたこと。
それにより、ゆうきの座席を予約をとらなかったんですね。
あとからマルにいうとめちゃ嫌〜な顔をされ、
「係員のいうことは適当だから。場所なかったらどうする」
と怒られました。
たしかにな・・・
場所が十分だったとしても、やっぱり席はあったほうがよかったなと
思いました。
結局まあ2人がけの席向かい合わせという感じの客車だったので
ゆうきの分を取ったとしても、
向かいのおじいさんの隣の席がうちらの席になっただけでしたが。
担当者の言うことを信じない、、
ここ最近の当たり前になりつつある、悲しい(腹立たしい)教訓です。。

土曜日、プラハ中央駅へ。
定刻に蒸気機関車が来ました!
遠くからポーーーーっと汽笛が聞こえたので、見ると
思ったよりピカピカな機関車のお顔が見えてきた!
ザクザクザクザク音を出しながらホームに入ってくるが・・・

どんどん近づいて来て・・・
P7210003b.jpg

車輪が・・・・!!!!

思ったより巨大ーーーー・・・!

P7210004b.jpg

わたしの身長より大きい感じがした!(実際はそうでもないかと思いますが)
しかも黒の車体に赤の車輪だから迫力も満点で、
それが超高速で大回転して迫ってくるものだから、
ホームにいるんだから安全とわかってても
こんな近くで見てて、怖くなりました。
ゆうきはポカーンとした顔でみていた・・・かな?

すぐに乗り込んで、座席を探します。
始発はPraha-Braník駅だったのですでにお客さんが乗っています。
うちのベビーカーは通路を通れなくて、ええーーっとなりました。
子供の座席うんぬん以前の問題だ!
他の家族を見ていると、通れているのもあったので
ほんの少しの差が、こんな不便を生むんだな・・・と。
幸いに、折りたためるタイプのベビーカーだったので、
折りたたんで持ち込み、頭上の荷物置き場のネットに入れておきました。
荷物置きが広めで助かりました。

ゆうきくん、行きは、朝少し早起きだったのもあって
眠たそうにしていて、ずいぶんおとなしくしていました。
さらには、電車とすれ違う時の急で大きな音に特別怯えて、
パパの腕にしがみついて怖がっていました。
初めての環境とはなれないものですもんね。
他のご家族の、1歳くらいの子供たちはやっぱり大きな音に怖がっていました。
乗客は、子供のいる家族連れが多かったかな。
あとはうちらの向かいのおじいさんみたいな、
こういうのが好きな年配の方とか。

車掌さんはみんな親切でいい感じでした。
バフェットもあったみたいです。行かなかったけど。

汽車が出発し、ほどなくして気づいたこと・・・。
めっちゃ石炭のカスが窓から入ってくる!
窓側に座っていたマルはそれでイライラ。
わたしはそういうことも含めて
楽しむのが醍醐味と思っているんだけど、彼はそうもいかない人なんで・・・
もう来ちゃったんだから、楽しまなきゃ損じゃないー?と
思うのだけど、なんでしょう、完璧主義なのかな。。ま、いつものこと。。

マルさんずいぶんイライラしてまして、
わたしがゆうき分の座席を予約しなかったこととか、
中央駅で気に入ったお昼ご飯が買えなかったこととか、
他にもあれやこれや思い通りにいかなかったこと・気にいらないことに
いちいち悪態をついていて、わたしまでその「なんでも嫌」な気持ちが
だんだん伝染してきて・・・。

しまいにはわたしが準備してきた
食料にも文句をつけてきたので、
さすがにもうわたしも反撃。
「じゃあマルが準備してよ!!!何もしないのに!!!」
珍しく結構本気で怒りを出したので
マルもひるんだようで(笑)
しばらく間を置いてから、
急にわたしを持ち上げるようになりました。

そして謝ってもくれました。
なんとかこの旅が終始怒りと気まずさで支配されるようなことがなくなって
よかったです。笑
怒るときは、ちゃんとと表現して伝えないといけませんな。
負の感情を溜め込んでいいことはひとつもない。

まあそんな話はおいといて。

気を取り直したマルと喋っていたら、
彼も蒸気機関車は初めてのよう。
わたしも記憶にないな、と思っていたらやっぱり初めて。
出発のときは、本当にザっザっザっザっ・・・と
ゆっくり始まって、だんだん早くなっていくという感じが
おぉーと思いました。
駅に到着したり、通過したりするとき、
電車とすれ違うときなんかにポーーーーーっと汽笛を鳴らしました。
ポッポーではないんですね!でも想像のようないい音でした。

やっぱりこういう蒸気機関車というのは珍しいらしく
線路沿いのお家では窓から、
駅ではホームから、
踏切のところでは、車を降りて、
たくさんの人が眺めたり、手を振ったり、
写真を撮ったりしていました。

Český Brod、Velím、Kolín、Kutná Hora、Kolín、Čáslavと
停車駅は多め。
どんどん人が乗り込んで来ました。

途中、Velimの駅で30分くらい止まっていたので
外に出て先頭の機関車部分を見に行きました。

P7210055b.jpg

他のお客さんも機関車を見に降りてきています。

P7210049b.jpg

止まっているとまた見え方が違いましたね。
なんかおもちゃの機関車が拡大されたみたいな感じで
あんまり怖くはなかったです。

向かいに座っていたおじいさんは、本当に好きなようで
最終目的地まで約3時間の長旅、
ほぼ座らずずーーーーっと窓から外の動画を撮っていました。

やや遅れで12時頃、Žlebyに到着!
ゆうきのオムツ替えて、日焼け止め塗って、
歩く準備をしました。

つづく・・・
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコ共和国のプラハ在住。2013年12月にチェコ入り→翌1月にチェコ人と結婚。2016年6月長男、2018年10月長女誕生。
*グラフィックデザイナー。
*プラハ在住の日本人女性3人によるものづくりユニットSankakůのメンバー。主につまみ細工アクサセリー作ってます。(現在育児のため活動休止中。。)
*プラハのよさこいチーム運営サポート。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ