チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPチェコレストラン ≫ アルゼンチンステーキGran Fierro

アルゼンチンステーキGran Fierro

マルの同僚の方が転職されるとのことで、
ミニミニ送別会でお食事に行きました。
送別会といってもその同僚のUさんと、わたしたち3人だけです。

マルとUさんはほぼ同時期に入社し、
なかなかウマも合うようです。
わたしは2度ほどお会いしただけだったのですが
相変わらず気さくで楽しい方でした。

仕事ができる人で、この転職もキャリアアップ。
彼ならではの視点で色々とお仕事や業界のことを語って下さり、
なんだか久々に興味深い、意義あるお話を聞かせてもらったように思います。
お仕事のお話もスケールが大きく、ワクワクするようなお話でした。
そしてマルの仕事に対するビジョンも少し知れたような…。
おうちでいたらそんな話は真面目にしないですしね。
わたし自身にとっても普段の主婦業では接点のない世界のお話で、楽しかったです。
他にもゆうきの話や、U氏のカノジョのお話、旅行のお話など…。

場所はGran Fierro、アルゼンチンのステーキハウス。
イメージしていた感じよりもオシャレな内装のお店でした。
なかなかのお値段でしたが、その分やっぱり美味しい!

IMG_20170909_165658b.jpg


料理を注文する頃は店内も暗くなっていたので
写真は撮れず…。

前菜にお肉のカルパッチョ(Carpaccio de lomo)と、
サラダ(Grilled Salad)をみんなでシェア。日本人らしく。
メインにわたしはお肉とソーセージの盛り合わせ(Parrillada)、
マルは250gのステーキを食べました。もちろん、焼き加減も選べます。

アルゼンチン人の店員さんたち(多分)がバツグンに気さくで
特にちょっとオネエっぽいお兄さんが良いキャラでした。
食後にもう一度メニューを貰おうと合図を出すと、
両手をパン!と合わせて「デザートね!」(脳内で勝手にオネエ語変換)
メニューを持って来てくれてさらに、
「これがアルゼンチンの伝統的なデザートよ、クレープにクリームが入ってるの」と説明。
その後しばらくして、こちらから呼ぶ前にまたパン!
「さて!デザートは決まった?」と聞きに来てくれました。

料理も雰囲気も店員さんも
また行きたいなと思わせてくれる素敵なお店でした。
なかなか、気軽に行けないですけどね…。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ