チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPチェコ生活 ≫ プール、プラハ8区のŠutka(シュトカ)

プール、プラハ8区のŠutka(シュトカ)

プール行って来ました。
ゆうきにとっては2度目のプール。
1回目は先週のおじいちゃん家でのプールでした。
でもそれはパパに抱かれて水に浸かっただけなので、
実際遊んだとはいえないとすれば、
今回は本格的なデビュー♪です。

行ったのはプラハ8区のAquacentrum Šutka

今回は写真1枚も撮れてないので、
プールの雰囲気はこちらを見て下さい。
https://www.sutka.eu/aquapark/

このプールは全部室内で、遊ぶ系のプールもあるし、
50mのプールもあります。
そんなに大きくないけど、ちょっと泳ぎたい時には十分です。
子ども用の温かい・浅いプールもあるので
ファミリーにもいいですね。

まず1時間分を支払います。大人125コルナ。(約500円)
1時間を越えた分は、20分までは無料(着替えなどの分かな?)、
それ以上は1分1.5コルナ(約6円)の追加になります。

1日券は350コルナ(約1400円)
そんなに高くないかな、という印象。
2歳までは無料なので、ゆうきは0円でした。

お金を支払うと、黒いリストバンドを渡されます。
そこに丸いチップがついてて、見た目は時計みたい?
そのチップに、ロッカーの管理、滞在時間の記録、
レストランの支払いの記録がされます。
で、最後にもう一度超過分を清算をするというシステムです。

入るとすぐに、貴重品ロッカー。
この施錠も、さっきのチップで。
これ無くしたら大変だ。
あと、自分で何番の場所に入れたか覚えておかないと。
(ここで財布とケータイを入れてしまったので、
写真を一切撮れなかったのです…。)

次のルームは、ロッカーと更衣室!
男女兼用です。
でもあまり気にならない。
更衣室はボックスになっていてちゃんと鍵もかけられますし。
普通にロッカーの前で着替えているおじちゃんとかいたけど
なんだろう…日本の感覚と違う
恥ずかしいという感覚が違うと思います。
そんなわたしも、馴染んできたのかどうかわからないけど
別に大して気になりませんでした。着替えるとこはちゃんと隠れてるし問題ないよね。
それにうちみたいなファミリーだと、
パパママどっちも一緒に居た方が、
子どものお世話など交代で出来るので便利です。うん、これは大きい。

ここでロッカーを閉めるためにチップをドアにかざすのですが
わたしのチップが反応しない。
他の場所に移したり、押し方変えたり
あれこれしていて時間ロスしてしまいました。
お金を払った時点から、滞在時間のカウントは始まっているから
こんなことでのんびりやってられないのに…!
まそれはなんとか解決して、さっさとプールへ行くことに。

そこからプールへの出入り口は、男女分かれています。
その先にシャワーがあって、入る前・後はそこでしっかり体を洗えます。
とくに入る前は、持参したシャンプーで体をよく洗うこと、と
ルールにも書いてあります。

シャワールームを抜けると、50mプールがありました。
ここでわたしのテンションアップ
プールの匂い…久々だ〜!!
しかもこういうスイミング用のプールはもう…
何年振りかわかりません。中学の時以来かも。
そこは後で泳ぐことにして、まずは遊び用のプールの方へ向かいます。
出入り部分では、またチップをかざします。
これでどっちに何人いるのか管理しているみたいです。

子供用ブールは20cmくらいの浅さで、水温も30度。あったかい。
さあゆうき、本格的プールデビュー!!
ゆうきをプールに浸けてみます。



「ふぇぇ、ふぇぇ…」(泣きそう)

案の定。

ママから離れません。
まあそうですよね。
まずは水に慣れるところから。
しばらくすると、環境にも慣れて来たようで
他の子どもの様子を見たり、周りを観察するように。

どうしてもママにひっつきたいようで、パパに渡すと泣き出します。
それならということで、私が少し離れたところに行くと
ゆうきは泣きそうになりながらヨチヨチ、歩いてきてくれました。
怖がってはいるけど徐々に水の中で動けるようになってきました。

マルには最初から、泳いできても良いよと言ってたのですが、
やっぱり気になるようで、
しばらくの間はずっと付き添っててくれました。
が、そろそろゆうきも慣れて来たということで、一人で50mの方へ。

ママの膝の上でゆーらゆーらしていると
だんだん泣き顔も無くなり、他の子どもの様子をじーっと見ていました。
小学生くらいの子もここで遊んでいたので結構人が多いです。
そんな中、ゆうきはついにママから離れ、
へりにつかまり立ちをして水面をパシャパシャ叩いて遊び始めました。

5歳くらいの男の子が
ゆうきに何やら話しかけたり、タッチしてきたりしてたのを見守っていると、
今度はゆうきが「おっ!!」と発声。
コミュニケーションをはかりました。
自分から他の子に声をかけるのは、これが初めてだったかも…。
ゆうき、最初がちょっと恐がりなだけで、ちゃんと好奇心旺盛な子なんです。

あまり長く入っていても疲れるので、
そろそろ上がって休憩です。
そしてゆうきにタオルを巻いて、パパの様子を見に行きました。
50mプール…あれ、いない…。
ちょうど上がってトイレ行ってきたところでした。
そこでゆうきを渡して、今度はわたしがここで泳ぐ番!
久々のプール過ぎて、泳ぎ方がぎこちなさすぎました。笑
ゴーグルもなかったので、クロールとかも出来なかったし…。
結局、顔を出した平泳ぎがいかにへたくそかということを
マルに披露して終わりました。
うーんこれはリベンジしないと…。

ちなみに50mプール、手前側は1.2mくらいでしたが、
奥は2m以上、マルでも足つかない程深くなっています。
そこには飛び込み台もありました。
懐かしいなあ…子どもの頃、通っていたスイミングスクールを思い出します。

その後もまた子どもプールに戻り、
ゆうきが自分で立って遊べるようになったのをマルに見せました。

流れるプールとかもあったけど、ゆうきもいるし、一人で行ってもねえ…ということで
そろそろ帰ろうか…となりかけたけども、
やっぱりこれだけはやりたい、滑り台。笑
おじさんから子どもまで、みんな全力で楽しんでいます。
階段で登ってチューブの中を滑ってくるタイプのやつです。
2本あったのですが、わたしもマルも交代でどっちも滑ってきました。

マルが出て来るところをゆうきと見ていたら、
ズシャアアアーーーン!とすんごい水しぶきを上げて
出て来たので笑っちゃいました。
そこそこ楽しかったです。
(でもやっぱり、こういうアトラクションは
一昨年に行ったAquapalaceがすごかったな…また行きたい。)

滑り台の横にはカウンターがあって、そこで
軽食が売られていました。テーブルとイスもあるのでそこで食べられます。
また、カウンター横の出入り口からは、
屋外のテラスにも出られるようになっているので
そちらでも日光浴している人が。
時間を気にせずのんびりしている人はきっと一日券買ってるんでしょうな。

お腹すいてたけど、そこそこ並んでいたので
何も買わずに帰ることに。
シャワーを浴びて、更衣室で着替えて、清算です。
トータルで約2時間半いたことになり、
結局、一人分の料金は236コルナ(約944円)となりました。
マル的にはちょっと高いかなあということでした。
そりゃ、プールもピンキリですからね。
屋外の50mのプールだけのとことかに行けばもっと安いとこもあると思います。。
マルはそう言いますが、前述のAquapalaceのほぼ半額なんですよね。
あそこはべらぼうに高い、ということが分かりました。(その分楽しさも半端ないのですがね!)

なかなか良かったので、また来たいと思いました。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ