チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPチェコ生活 ≫ ハーフの盲点。〜出入国審査〜

ハーフの盲点。〜出入国審査〜

先日日本に行って来た訳ですが、
途中とんでもないピンチに陥りまして。。
いや自分らのうっかりということではあるのですが
こんなことがありましたと自戒の念を込めて備忘録書きます。

チェコで産まれた、チェコ&日本ハーフの息子。
パスポートは日本のものだけを作り、それで渡航しようとしていました。
チケットも日本のパスポートで購入。
プラハから飛び、フィンランドはヘルシンキ空港へ到着。
ここで乗り継ぎです。
荷物検査を通り、出国審査へ進みます。
(チェコもシェンゲン協定に加盟していますので、出入国審査はここになります)

家族皆で審査官のところへ進みます。
審査官「パスポートを出して下さい」
出す。
審査官「チェコに住んでるんですか」
マル「はい」
審査官「日本へ行く目的は?」
マル「帰省です」
審査官「チェコの滞在許可を出して下さい」

私が長期滞在許可証を出そうとするとき、
「…おや、ちょっとまて、ゆうきのは…?」
と一瞬ドキリ。

とりあえず審査官が私の許可証をチェックしている。
(チェコ語だからハッキリ分からんだろうけど。。)

審査官「息子さんのは?」






チーン


何も、無い!


一瞬で冷や汗が全身に出た。と、後のマルが言ってました。


わたしたちは、チェコで産まれた彼に
滞在許可が有る無いという考えが全くなかったのです。
外国人であるわたしらであれば、滞在許可の期限や更新を気にしているので
いつも頭にはありましたが…。
彼はチェコ人だから…。

しかし、考えれば当然のこと。
日本のパスポートで出入りしようとしているのですから、
彼はここでは日本人。何かしらの公的な証明が必要です。

わたし「ないよ。…チェコ人だもん。」汗汗汗

マル「…!出生証明があります」

マルさんはそこでスマホに保存していた、出生証明のスキャンした画像を開き
審査官に見せました。

審査官はそれをまたチェックします。
しかし、これもチェコ語。
理解できるのでしょうか?
しかもここには(またややこしいことに)ゆうきという名前の表記が
パスポートとは違っています。
パスポートは普通にYuki、出生証明はチェコ式にJúki
しかも原本でもなく、ただの画像です。
色んな焦りがわたしたちの頭の中で渦巻きます…。

審査官「いいでしょう。」


…おぉ!!!!!


OK出た!!!!


よかったぁあああ!!!!


上記のような色々な不安要素たっぷりだったのですが、
明らかにファミリーだし、0歳児の赤ん坊のことだから
そこまで厳密にチェックしなかったのかもしれません。


なんとか審査を通過出来ても、マルの冷や汗とガクブルが止まりませんでした。
ホントに手が震えてた。初めて見ました、彼のあんな動揺。
スマホに保存してあった出生証明も、
つい数日前、別件で使ったため、たまたま保存してあっただけのこと。
それが無ければ…どうなっていたか。


さてしかし帰りはどうする?
ひとつは、日本の実家においてある出生証明の原本を持って来る。
またもう一つの証明として、保険証も持っていました。
(出国の時もこれを使えたかもしれません。)
マルいわく、EUのフォーマットだから、これも証明になるはず。。と。
結局、原本をもって帰りました。

さて帰り。ヘルシンキの入国審査はというと、
マルの「彼はチェコ市民です!」
のひと言でOKでした。

なんとあっさり…!

ここで入国出来るかどうか、マルはずーーっと心配していて、
ヘルシンキ行きの飛行機の中も、心配しすぎて頭が痛くなるほどだったのに。
逆に、わたしの写真がパスポートと滞在許可書で違うからと
眼鏡もとってしっかり確認されました。こっちかい。

これを教訓に、
今度海外に出る時は息子のパスポートも作ろう、という話になりましたとさ。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017年05月02日(Tue) 08:58
Re: はじめまして
編集
コメントありがとうございます!
管理人のみ閲覧コメントになっていたので、
内容についてお返事は控えておきますが
しっかり読みました!^^
のんびり更新のブログですが、どうぞ遊びに来て下さいね。
2017年05月03日(Wed) 12:59
はじめまして!
編集
こんにちは。お隣のポーランドに在住している
食いしんぼ万歳と申します。

ヒヤヒヤしながら読ませていただきました。
出生証明書で出国OKいただいいて、本当に良かったですね!
実は私達も同じ思いをしまして、結局出国許可がおりなくて
空港で泣きました(苦笑)

日本のパスポートさえ持っていればいいだろうと当時1歳ちょっとの息子と主人と私とでイギリスに小旅行に行ったときでして、審査員はポーランド人である限りポーランドのパスポートを持ってないと絶対駄目の一点張りで、上司も呼んでもらって涙ながらに訴えたんですけど、ダメで、結局主人に息子を預けて私一人で行きました。
これがまだ格安のウィザーだったから良かったものの、日本までの飛行機チケットだったらと考えただけで半狂乱になりそうです・・・

帰りは問題なかったということは、もしかして出国審査員にもよるのでしょうか?ともあれ、良かったですね!


2017年07月14日(Fri) 16:14
Re: はじめまして!
編集
コメントありがとうございます!
お返事遅くなり申し訳ありません。

出国手続き…あのときは本当に冷や汗が出ました。
なんとか通れて良かったですが、やっぱり今移民の問題などで厳しくなっているのかもしれませんね。
友人の話しではドイツは厳しいと聞いていたのですが、
イギリスも厳しいのですね。本当に、涙ものですよね…。お気持ち、察します。
「どちらのパスポートも必須。」これもっと周知されなきゃいけませんよね!
2017年09月03日(Sun) 22:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ