チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPチェコ生活 ≫ 財布スられる

財布スられる

表題の通り。
やられました。
スタロマーク(旧市街広場)で…

現金、クレジットカード、お気に入りのお財布を全て紛失。
カードは即止めました。
本当に情けなくて、悲しくて、当日は何も手に着かない状態でした。
盗んだヤツが憎いのはもちろんですが、それ以上に
気づかなかった自分、油断していた自分が
悔しくてなりません…。

3年住んでて、これですから。
自分への戒めと、皆様も気をつけて下さいねという思いを込めて
当時の状況を書きますね…。

真冬のダウンを着て、
ゆうきをベビーキャリアで前に抱っこし、
肩がけのバッグという出で立ち。
 (ダウンを着ているというので接触されても気づきにくいです。
  さらに肩がけのバッグは、歩いていると後ろに回って行ってしまいます。
  なによりもまず赤ちゃんへ注意が行くので、
  バッグへの注意をおろそかにしてしまっていました。)

クリスマスツリーの飾りを買おうと思って、
レプブリキ(共和国広場)のATMでお金を下ろして、
スタロマークへ向かいました。
 (後からマルが言うには、ここの時点から尾行されていた可能性もある。)

広場に行く前に、一件小売店に寄りました。
そのとき買物をして、財布をバッグに直しました。
買った物をサブバックに入れて肩にかけました。
 (カバンが増えて、さらに注意が散漫になっていた)

最初はツリーを見て写真を撮りました。
どのお店で買おうかな?と
クリスマスマーケットをぐるっと周り、
1周して再度良かったお店に戻り、商品を選びました。
さあ代金を払おうとしたら、、、

あ?バッグが全開…

まてまて、なんか妙に軽い…



…やられた!



財布がない。
焦る、もう一度全部探す、サブバッグも探す。無い。無い!
お店のおばちゃんも、大慌てな私を見て気の毒そうに
「盗まれたの?」
…はい。そのようです。
「カードも入ってたの?すぐに銀行に電話して!」

おばちゃんにすんませんと言いながら店を離れ、即、マルに連絡。涙
チェコの銀行のカードを止めてもらいました。
仕事中でしたが、オフィスの向かいにその銀行があるので
すぐに駆け込んでくれました。感謝。。。

日本のカードの方も連絡しなければならないのですが、
今手元に電話がない。
まずはうちに帰らないと。
そこから30分くらいかかります。
日本の家族にメッセージを送って、
そっちで電話して止めてもらえないか聞きました。
なかなか返事がなかったのですが、
家に着く前に連絡が取れて、さっそく電話してもらいました。
日本時間でもう夜の11時前でしたが、
対応してくれた親に感謝です。。。寝る前でよかった…
1枚のカードは更新したばっかりで、
新しい番号は控えてなかったのですが、
住所やら生年月日やらを伝えるとブロックしてもらえたそうです。

ひとまず、一番怖かったカードはそこでなんとか対処できました。

家で放心状態。
あぁぁ…
もうホント、皆に迷惑かけて申し訳ない。。

マルが帰って来て、ひとしきり状況を説明しました。
で気づいたのが、実はゆうきのおむつポーチも無くなっていました。
財布が衝撃的すぎて、まったく気づいていませんでした。

さらに悲しいことに、
これは帰りの電車待ちのホームで気づいたのですが
ゆうきは片足の靴下と靴を落としていました。泣
片足、素足。
ゆうき、お前もか!
今日はなんだか失うものが多い…。
間違いなく、チェコに来て最悪の一日だったと言えます。。


こうして振り返ってみると、落とし穴は沢山ありましたね。。
お店をみて回っていて、注意がそれていました。
なによりも、このクリスマスマーケットの金曜日。
人が多いところに、こんな状況でひとりで出掛けたのが間違いでした。
屋台と屋台の間の通りに人がごった返して、
人が詰まって立ち止まらざるを得ない状況もありました。
今思えば、この時が怪しかったか…。
そのときは自然に立ち止まっていたと思うのですが、
実はそれもスリにハメられていたのかもしれません。
スリは大体2人以上のグループで、
盗るのはひとりで、ほかは盗りやすい状況を作るというのが常套手段だそうですから。
そう思うと、観光地、
スリのグループしかいないんじゃないかとすら思えてきて
疑心暗鬼です。。
そんな人ごみ、赤ちゃん連れでノコノコのんきに行く方が、
飛んで火に入るいいカモ状態でした。。

マルからは、中心地に一人で行くの禁止令を出されました。。
言われなくても、当分は行きたい気分にはなりません…

不幸中の幸いですが、
ケータイとパスポート・保険証は盗られていませんでした。
もし同じ場所に入れていたら…!
被害は最小限でよかったな、とも思えて来ます。

盗ったやつのことを考えると本当に腹立たしい、
捕まえてやりたいと思うのですが、それももうむなしいこと…。
もういっそ、考え方を変えて
銀行からおろしたての現金で、
誰かのお腹を満たしてあげることが出来たんだ

無理矢理、不謹慎ポジティブにもってくしかありません。。


チェコの観光地、本当に気をつけて下さい!!!!!
簡単にやられます!!!!
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
えー!まじで?!
ショックすぎる!
昨日の土曜日、私も旦那とカレル橋やら広場行ったんよ。
あまりに人が多くて、年末の上野状態だった。
「旦那がスリに気をつけろ」と言うからお互い、お互いのバッグ(リュック)を何度かチェックしながら歩いてたよ。
クリスマス前はとくにスリが多くらしいね。年末前の日本みたいだね。
ゆうきくんも寒かったよね´д` ;
はー、それにしても、本当にショックだしムカつくねー!!!
ただ、チェコは治安がよいから命の心配はないだろけど、
油断しちゃうけど観光地や人が多いところはスリに気をつけないとダメだね。
私も身を引き締めます!!
2016年12月11日(Sun) 07:52
Re: No title
編集
本当にショックだった〜T_T
メッセージもくれてありがとうね!
1時間もしないうちにブロックしたから、多分大丈夫…と信じてる。><
慣れて油断しちゃった時が危ないね。。。
これもまたある意味社会勉強になったけど…高くついたよ…。泣
akkieさんも、気をつけてね〜T_T
2016年12月12日(Mon) 22:21
初コメです
編集
さやかさん、ターボルのさやかです!ご無沙汰しています。
私たち、ツイッターで繋がっていたんですね~♡今までブログにつなげるだけで全く利用してなかったから気づかなかったです!泣 遅くなりましたが、ご出産おめでとうございます。最近アッキーさんを通してお伺いすることがあったのと、それを機会にブログも読ませてもらっていて、可愛すぎるゆうきくんに癒されています。改めまして、これからもどうぞよろしくお願いします♡

私も実は3年ほど前にカレル橋のところでスリに遭いそうになったのですが、バッグに手を突っ込まれる寸前のところで、友達が気づいてくれて難を逃れました。私のときも三人組で、男の人が二人離れたところに立っていて、実行犯は女性でした。あれって本当に気付かないですよね(;_;) 大変だったでしょうが、ゆうきくんにも何事も無くて本当に良かったです。そして不謹慎ポジティブな考え方素晴らしいです。笑
2016年12月14日(Wed) 13:23
No title
編集
さやかさん!お久しぶりです。ブログ読んで頂いてありがとうございます^^こちらこそ、さやかさんのブログは覗かせてもらっているのですが、コメントも無くすみません;プラハに来られた際には、ゆうきを見にぜひうちに立ち寄って下さい♪^o^

カレル橋も危ないですよね!あそこもすごい人ですから…。さやかさんは被害がなくて良かったですね。私は、一人行動してたのもまずかった。。誰か一緒に居れば、お互いガードし合えるのでいいですね。にしても、当時はショックでした。:_:
2016年12月22日(Thu) 08:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ