チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOP結婚 ≫ チェコ人彼と私の出会い。その1

チェコ人彼と私の出会い。その1

「チェコ人の彼マルティンと、私がどのように出会って
その後付き合うまでになったのか。」
について書きたいと思います。
1105-5.png
↑プラハ

第一回「出会ったキッカケ。」



出会いは、とあるウェブサイトです。
InterPalというところで、二人とも登録していて知り合いました。
このウェブサイトの主旨は、世界中にpenpal(文通相手)を作ろう!です。
世界中の人が登録し、メッセージをやりとりしたり写真をアップロードしたりしています。
わたしらが出会ったのが、2008年10月のことでした。

わたしには登録した目的が、二つありました。
1つめは、アメリカの友達をつくる。
2つめは、チェコの友達をつくる。
その国の言語の習得と、その文化について知ること。
アメリカは、まあ、英語は世界の共通言語的なところがあるので
習得しておきたかったという半義務的な理由。
チェコは、純粋にチェコの文化に興味があったからでした。

チェコに興味をもった理由・・・
1:ミュシャの絵が大好き
その頃、私は専門学校に行ってグラフィックデザインを学んでいました。
自分が好きなデザインはなんだろう・・・と考えた時に
ミュシャ(チェコ語ではムハ)のイラスト、グラフィックデザインがマイベストだという
結論に達しました。
1105-4.png
↑ミュシャの絵が表紙のカフェメニュー


2:絵本
絵本作家になることにも興味があったので
世界の絵本について色々調べていると、そこでもチェコの絵本に特に
惹かれている自分を発見しました。
特に、一番素晴らしいと思ったのは、
ヨゼフ・パレチェクという方の絵本で、イラストの美しさが
すんばらしいんです!!アニメも優しくて、かわいくて、大好きになりました。
ミュシャと、パレチェクがどちらもチェコ出身だと言うことが分かった瞬間、
私はいつかチェコに行くぞと、心に決めました。笑

3:デザイン
特に映画ポスターに見られる独特の中東欧な雰囲気と
なんともいえない味のあるレタリングなどがいいなーと思いました。
チェコ語についてる、ハーチェクとかチャールカとか、独特で可愛いですね。音も。
1105-6.png
左:チェコの郵便局の看板 郵便局なのにかわいい!
右:チェコのおもちゃ 木で出来た人形。最近日本でも見かけます。かわいい。。

4:音楽
昔から大好きな、スメタナ、ドォヴォジャークの出身地もチェコでした。
(ついでにショパンの出身地ポーランドと隣国で、文化や歴史的に似ている部分がある)、

5:建築と街並み
1105-3.png
天文時計↑の美しさ、カレル橋↓の美しさ、、、
1105-2.png
誰が撮っても絵になるのだ!笑

写真で見るその街、国の美しさに惚れ込みました。
天文時計はもう、PCのデスクトップにするくらい好きになりました。笑

というように、色んな方面の要素から、チェコという国にどんどん引き込まれて行ったのです!
グラフィックデザインを勉強していた、という経験がないと
チェコに興味を持たなかったでしょうね。あぁよかったよかった。


チェコ人で、日本に興味を持っていて、
言語の交換勉強がしたいと思っていて、年の近い人。。。
そんな感じで探していたところ、マルティンを見つけました。
自己紹介なんかのページもありますが、彼は割とあっさり書いてたように思います。
ただ、公開の掲示板(Facebookでいう、その人のタイムライン)には
しっかり丁寧にコメント返してて、誠実そうだな、と気になり、
わたしからメッセージを送りました。しどろもどろな英語です。

当たり障り無く始めたメールですが、返信してくれた内容も丁寧で、
非常に良い印象でやり取りを始めたと思います。

サイト上で何回もメッセ―ジを交換しているうち、
利便さから、個人的なメールアドレスでやりとりをするようになりました。
12月の私の誕生日や、クリスマス、2月のマルの誕生日には、
実際の紙のグリーティングカードを交換したり、
ちょっとしたお菓子やプレゼントを交換するようなこともしました。

話を聞いていますと、マルティンの方は、
その年の夏に、友達に誘われて日本に1ヶ月旅行に来ていたそうです。
大阪の天王寺にアパートを借りて住んでいたそうなのですが、
そのときにすごく日本という国、社会に感動し、興味を持ち始めて、
日本で働きたいと思って日本語を勉強し始めたそうです。
(すごいですね。外国の人に感動されるような日本であり続けたいものです。。)

独学で勉強するには、チェコ語で書かれた日本語の参考書というのが
あまりに少ないという問題がありました。
そこで彼は、まず英語を勉強し、英語の参考書が読める様になってから
英語の参考書で日本語を勉強し始めたそうです。
英語の授業は選択制だったのでとっていなかったとのこと。。

しばらくの間、英語でそれぞれの日常のこと、お互いの社会のこと文化のことなんかを
紹介しあう感じでメールのやり取りをしていました。
ちょこちょこチェコ語や日本語の一文を挟んでみたりしつつ。

その頃は、単純に、「外国の友達」でしたね。
たしかにすごく気があって、いい人だなあ~と思っていたし、
メールのやりとりはスゴく楽しみで返事が待ち遠しかったです。
が、会ったこともないし、それ以上に何があるかということに関しては、
なかなか現実味のない話でしたから。
現実とは違う夢の世界で、ほんのりいいなあと思っている人がいる、という感じでした。

1105-1.png
↑プラハ城の夕焼け(本文とは関係無し。。)

以上が出会いの部分です。
その後、非現実が現実に進展してゆく過程について、また書きます。^^
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
さやかさん
こんにちは
出会いのブログ読みました!!
ありがとうございます。
聞いてしまったのは私なんですが(^^;)
プライベートなことなのにこんなに詳しく書いていただいてすみません!!
文通から結婚ってすごい運命を感じました。
2013年11月19日(Tue) 07:45
Re: No title
編集
こんにちは〜^^

いえ!こちらこそ、書いていて楽しかったし
そういえばこんなことあったな〜という振り返りにもなりました^^
聞いて頂いてありがとうございます。

ひきつづき、のんびりと更新していきますので
見て頂ければ嬉しいです^^
2013年11月21日(Thu) 13:18
編集
初めまして!私は現在プラハに留学中の大学生です。いつもさやかさんのブログ楽しく読ませていただいてます。
留学生活で私にもチェコに大切な人ができたのですが、もうすぐわたしの帰国の日が迫って来ています。
私は最初、離れるのが辛くなるだけだから、留学中だけの相手と割り切って深入りしないようにしていました。彼も同じように考えていてたらしいです。とはいってもそんな単純なものじゃなかったなと今は感じています。
ここ最近、彼と今まで避けていた私の帰国後の話になりました。離れるとこの関係を続けて行くのは厳しいと頭ではわかっていたのですが、わたしが帰った後友達でいてくれるかと彼に直接言われた時はすごくショックを受けました。
将来のこと、仕事のことを現実的に考えると日本に帰った方がいいことは私自身わかっています。彼もそのことや、私がまだ21歳で大学も卒業していないことを考えてそう言ったのだと思います。
こんなに別れが辛いなら、そもそもこんな関係にならず最初から友達のままの方がよかったのかなと今では思ったりします。
私がここで仕事を見つけられたら彼との関係を続ける上で一番いいんだろうなと思いますが、チェコ語も全然話せず英語もそこまでではない外国人である私がチェコで仕事を探すのは大変であることは十分わかっています。
だから最近は現実を受け止めつつありますが、やっぱり悲しいし日本に帰りたくないです、、
一年もない滞在でチェコの全てを知っているわけではないし、もっと長く住めば嫌なところも見えてくるんだろうなとは思いますが、それでもプラハは私が大好きな街の1つです。
すごく個人的な内容ですいません。
チェコ人の旦那さんを持たれたさやかさんの幸せそうなブログを読んで、純粋にいいなあと思っていたので、遂にはじめてコメントさせていただきました。
これからもブログ楽しみにしております
2017年05月03日(Wed) 02:00
No title
編集
コメントありがとうございます!
この(気恥ずかしい)記事、削除しようかな〜と思っていたところですが、こうしてコメント頂けるとは!残しておいてよかったです。^^そしてなんだか甘酸っぱいお話を書いて頂きありがとうございます。わたしもドキドキしながら読みました。

せっかくなので、わたしが思ったことを返信させて頂きます。が、skytさんのこともよく知らないのに、無責任なコメントになってしまいます…こんな考え方もあるか、程度にサラっと読んで下さいね^^

文面から、彼とこのままサヨナラしたくないという気持ちが強いように感じました。では、遠距離恋愛もいいんじゃないでしょうか?離れても変わらない関係は続けられると思います。お互いがそういう気持ちでいるならば。
スカイプで毎日顔を見ながらおしゃべりすることもやろうと思えば出来ちゃいますよ。それはさすがに時差もあるので大変ですが、メールだけでも気持ちは伝わるのではないでしょうか。

そして…楽しい将来を思い描きましょう^^いつか彼と一緒に暮らすということです!もしチェコで働くなら、英語です。チェコ語はご存知の通り時間がかかる文法の難しい言語です。英語さえ出来れば、ここ国際都市プラハなら仕事はなにかしら見つけられる可能性が高いです。英語なら、日本でもしっかり勉強出来ますしね。

あと、参考になんですが、近々チェコでもワーホリが出来るようになるそうです。
http://workingholidaynews.com/breaking-news/5535.html
まだはっきりと詳細が決まった訳ではないですが、タイミング良くこういうものが利用できればいいかもしれませんね。

色々書きましたが、帰国の日まで悩んで過ごすのはもったいないですよ。1秒でも楽しく過ごして素敵な思い出を沢山作って下さいね^^またその後どうなさったのか、こっそり教えて頂けると嬉しいです。
(何か個人的に聞きたいことなどあれば、メールを記載してコメントください。その際、非公開コメントにするにチェックを入れて頂くとわたしのみに届きますので^^)
2017年05月03日(Wed) 22:04
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017年06月26日(Mon) 16:49
Re: No title
編集
コメントありがとうございます。
お知らせいただき嬉しかったです。
まだまだ…将来、なにがどう転ぶかわかりません^^
ひとまずは今の状況を受け入れて、
目の前にある課題を頑張るしかないですよね。
冷静に判断されているのは素晴らしいと思います。
時間が経ち、それぞれの立場も変わってくると、
彼との関係もまた変わってくるかもしれません…。
社会人として頑張って、自力で道を切り開けるかもしれません。
これからの未来図がいかようにも描ける、うらやましいです。
あまり大したこと言えていませんが、
わたしは応援していますよ!
また何かお話したいことがあれば、コメントして下さいね。^^
2017年07月09日(Sun) 21:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ