チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP息子ゆうき ≫ 産院レポート3日目

産院レポート3日目

20日、月曜日。
生後4日目、病院生活3日目。

ここまで順調に思えていた入院生活。。
そろそろ、不満とストレスが溜まり始まります・・・。

朝6時頃、
まだうとうとしていると、
看護師さんがさっそく赤ちゃんを届けにきてくれました。

7時には婦人科先生の回診。
会陰切開の傷の痛みを訴えても、
「シャワーしてよく乾かして。」のみ。
これだけがなかなかすっきりしなくて、本当に気持ち悪い〜。。

9時には抗生物質を打ちに、また新生児室。
毎日午前9時と午後9時の2回、投与することになっています。
先生も赤ちゃんの状態を毎日チェックしてくれているので
ひとまず安心・・・。
ですが、やっぱりチェコ語オンリーな環境では、
自分が正確に分かっているのかどうかすらわからないので
本当にストレスが溜まります・・・。

この時、私はちくびが切れてて
直接授乳出来なかったので、ミルクをあげてました。
午後イチの授乳の時間、ミルクをあげた後に
搾乳をしてみると・・・けっこう出た!!
前日の、うっすら・・・ではなく、
確かに液体を確保できた!!笑
私の、今まで長年酷使してきた体でも
ちゃんとママ仕様に変化してるんだなぁ・・と感動しました。
ほんと、いろんなことにいちいち感動しづくしです。

ところでこの日の午前中は、マルは半休をとって、
母と外国人警察に行ってくれていました。
当局に母のチェコ滞在を知らせるためです。
そこから会社に行く途中、マルは病院に寄ってくれました。
面会時間外だったけど、
ナースステーションに知らせれば許可されました。
用件は、保険の必要書類にサインをするためです。
私が入院している間、またその後も、
チェコ側の色んな書類関係や手続きなどは
彼が全部やってくれました。
仕事も適宜半休をとって、当局に出向いてくれたり、、、
大変だったろうと思いますが、安心して任せられていたので
本当に助かりました。感謝!

ちなみに赤ちゃんの名前はゆうきですが、
日本式に「ゆ」を書くYúkiでは、
チェコ人としての書類が通らず、
Júkiとするように指示されました。
チェコ人なので、
チェコ語としてに正しい発音が出来る表記で、
ということのようです。
それ以外そうするしかないですね。
というわけで、日本のパスポートとチェコのパスポートで
名の表記が変わっちゃいました
あとあと面倒くさいことにならなければいいけど・・・。

あと、朝の早めの時間に、
部屋の移動をするかどうか
看護師さんが聞きにきました。
迷いましたが、結構居心地がいいので、
このまま有料の部屋に滞在することにしました。
あと1、2日で退院する『はず』なので
有料でもいいかな、と。
同室の方に後から聞くと、
無料のほうは、3人部屋でもっと古い感じだし、
あなたの選択は正解だよ、と言われました。
ちなみに更にグレードが上の、個室もあるようでした。

15時、その同室だった方が退院。
最初はちょっと怖そうだったけど、
私が手間取ってることなども
さっと気づいて教えてくれた、いいお母さんでした。
小さな男の子は第二子のようで、お迎えには
旦那さんと元気な男の子が来て嬉しそうに退院して行きました。
いいなあ〜・・・
さぁて・・・私の退院はいつだろう???
最初に見た契約書では、通常3〜5日で退院と書いてありました。
今日はそろそろ、3日目なんだけども?

15時半には母が面会に来てくれました。
マルは会社です。
母は、頼んでいたもの(差し入れ、着替え、お茶など)を携えて、
真夏の炎天下のもと、慣れないチェコの地下鉄とトラムを乗りついで
やって来てくれました。すごいです、感謝です。
この毎日の母の差し入れがなければ、
私は入院生活中に干涸びていたことでしょう。笑

そして赤ちゃんを一緒に沐浴させてみたのですが・・・
その針を入れているところを濡らしてしまいました・・・。
これ、あとで看護師さんに怒られました。。

でも・・・
沐浴は部屋で自分でさせなさいと、
最初のレクチャーで言ってた・・・
抗生物質を打った後も、
赤ちゃんの手には針が入ってますので、の
一言すら説明してくれなかった・・・
そりゃ、濡らしたら良くないだろうということは
常識で分かりますが
何か一言声かけしてくれてもいいのに・・
そしてそんなに怒らなくてもいいのに・・・泣

この辺りから看護師さんに対して、
厳しい人たちだな、だけではなく、
冷たい、ヒドい、人としてどうなの!その態度!という
マイナスの印象が強くなってきました・・。

16時半、授乳のために新生児室へ。
(何も問題がなければ、部屋で自分であげれば良いのですけど、
ミルクあげなきゃいけないし搾乳しなきゃ行けないので毎回通っています)
このときは、おっぱいから直接、8g飲めました!!!
わずかですが、進歩に嬉しくなりました。
しかし搾乳ではほとんど出ず・・・。
なかなかすぐには上手くいきませんよね。
ミルクと前回の搾乳で絞っていた母乳をあげましたが、
最初の哺乳で時間を使いすぎたようで赤ちゃんが疲れてしまって
なかなか飲んでくれませんでした。

赤ちゃんになんとか上手く飲んでもらおうと悪戦苦闘していると、
「長過ぎです。左右5分ずつでいいです。」
と看護師さん。

え・・
でも最初、今日は5分、明日は7分、明後日は10分・・・と
指示されたから、その通り今日は10分やってたのですよ。。
だったら最初に言ってよ、という感じで不満がまた蓄積。。
イライラ・・・

17時半に夕ご飯。
この日はチキンリゾットみたいなもので、
チーズものってて美味しかった。
唯一おいしいと感じた病院食でした。笑

18時母が帰ります。
そのあとはひとりでゆっくり・・・。
3時間ごとの授乳で新生児室に通う以外は、部屋でのんびりです。
しかも今は部屋にひとり、私だけ。
快適。。笑

赤ちゃんと一緒に過ごしていると、
うんちをしているタイミングが分かるようになりました。笑
寝ていても、いきなり火がついたように泣き出すのです。
独特の、なんか香ばしい感じの香りの緑色の胎便、、
やっと拭き取るのも慣れて来ました。
昨日、はじめて自分でオムツ換えをしたときは
慣れてないし、分からないし、こわごわだし、、、
私の手も、赤ちゃんの足も緑のうんちまみれになっていました。笑

歌いながら寝かしつける余裕も出て来ました〜♪

でもやっぱり寂しいので、
夜はマルと、ずっとメッセージのやりとりをしてました。。

もう新生児室では預かってもらえず、自室にずっと置いておくようです。
それも何も知らされていなかったので、
連れて行ったらすんごい冷たい感じ
追い返されました。。。
なんか・・・そういう小さなことが
どんどんつもりつもっていくのですよね・・。
ストレス・・・

夜中に、新しい人が運ばれて来ました。
ついさっき産んだようです。
自分の体験もまた思い出して、ドキドキしちゃいました。
チェコ人の女性で、二人目の男の子だそう。
ひとり部屋でのんびりタイムは終わりました。笑
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ