チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP息子ゆうき ≫ 産院レポート2日目

産院レポート2日目

19日、日曜日。
生後3日目になります。

ブルノのお母さんが今日の午後来てくれることになっていました。

相変わらず、うちのちびちゃんは保育器の中。
それでもおっぱいの練習のため、朝6時から3時間ごとに来て下さいと
言われていました。

午前中は新生児室に通うのと、
部屋でひたすら睡眠をとるのを繰り返していました。

産後の体調はというと。
体はやっぱり疲れているのか・・・
寝ようと思えばすぐに寝落ちすることは出来ますが
やはり緊張と興奮が覚めやらず、すぐに目が覚めてしまってました。
あとさすがに、腰あたりはなんだか緩んでいる感覚はありました。
ちょっとひねると、ぽき・・と骨の音が・・・。
寝ている間も、骨盤ベルトを巻いて、
体をまっすぐに保つように気をつけていました。
そのおかげか、産後腰のゆるみは比較的少ないように感じています。
あとは、後陣痛と会陰切開のですね・・・
後陣痛は実際、そんなに痛みは感じませんでしたが
まあ悪露がすごいですね。
会陰切開の痛みが一番キツかったです。
巡回にきた先生にそれを言っても、傷は問題なく処置されてるから
あとは頻繁に冷たいシャワーをして、よく乾かして。とのこと。
でもたしかに、変なじくじくした痛みは、シャワーすると多少すっきりするのでした。
それと、これはあまり一般的な症状じゃないかもしれませんが、
顔がものっすごい荒れました。泣
ガサガサになるという感じではなくて、
なんか湿疹?シミ?みたいなのがぶわっといきなり噴出してきたのです。
おかげで、産後直後の写真は悲惨な顔ばかりです。。
ホルモンの影響でしょうか・・・。
数週間かけて消えいったのでよかったです・・。

逆に何が良かったって、
仰向けで、トイレに起きずに寝つづけられること・・・!!!
妊娠後期からはずっと重いお腹を抱えて、
右向いたり左向いたり、1〜2時間ごとにトイレに起きたりで、
ぐっすり寝れた試しがありません。
その詰まっていた中身を全部出して、軽い体になってからは
仰向けで全身の力を抜いてふわ〜んと寝転べることが出来るのです。
この姿勢で寝られることが
こんなに気持ちいいものだったなんて・・・と感動しました

午前6時。新生児室に様子を見に行きました。
まだ保育器の中にいましたが、目を開けて、起きていました!
昨日はずっと閉じていて、本当に産まれたばっかりの何ものでもない生命体、
というかんじでしたが・・・
目を開けているのを見ると、だんだんヒトらしさ
感じられてきました。
おっぱいの練習をしてみると、ちゃんと吸い付いてくれるのです。
もうそれだけで感動。
頭をなでなですると、よりモゴモゴ口を動かしてくれるのですが、
看護師さんに「触らず、静かに見守れ」と言われたのでやめました。。
そして初、おならの音を聞きました。^^
あくびもして、くしゃみもして・・・
いっちょまえに全部するんだなあと、また感動です。

9時にもまた赤ちゃんのところへ。
すると、ちょうど抗生物質を打っているところでした。
大泣きしています・・・。
廊下で待っているとすぐに終わり、
看護師さんが連れて来てくれました。
しかし見ると、泣いてたからか顔が真っ赤。そして足が紫になってました。
よほど力を入れて泣いていたのでしょう・・・。
泣きつかれたのか、おっぱいの練習をしても全然口を動かしません。
寝ちゃってるみたいです。
腕の中で寝てる赤ちゃん、かわいいなあと思いつつ、
大丈夫かな・・・と心配になりました。

昨日から赤ちゃんの腕には、注射針を刺したままです。
点滴をするときの先っぽを着けたままにしている感じです。
もちろん、自分で触ってしまわないように、
手の先まで隠れる服を着てはいるのですが・・。
これ、衛生的に大丈夫なのか?とか
当たっちゃって痛くないかな?とか
色々考えちゃいます。
そして私も、出産時に刺された針は
3日間ずっと着けっぱなしでした。。
そのままシャワーも問題ない、と言われてましたが
管に少し血が混じって赤色に変わって来たころには
気分的に、早く外したくてたまりませんでした。^^;

そんな新生児室へ通う合間に、部屋には
婦人科の先生や看護師さんが回診や体調チェックに来ていました。
同室のサーシャは今朝の先生の回診後、
診察室へ行ってより詳細な検査をしてもらいました。
しばらくして帰って来た彼女は、満面の笑みで
「今日お家に帰れる!!」
と大喜びで帰って来ました。
本当は明日まで入院の予定でしたが
検査で問題も無かったし、自ら訴えたのでしょう、
希望が通り、即退院出来ることになりました。
私たちは家もわりと近かったこともあり、
産後また会いましょう!と、連絡先を交換しました。

11時
看護師さんが「今日のお昼には保育器出られますよ」と!!!
やった!!!
それに3階に移動することも出来るとのこと。
より赤ちゃんの側に行けるんだ〜嬉しい!
しかし、新生児室はなんかごった返していたので
12時にもう一度来て、とのこと。

IMG_20160619_130349b.jpg

お昼ご飯。
だんだんご飯を撮るのも飽きてきました・・。笑

12時に来て、おっぱいの練習をしました。
うまくもごもご吸ってるなあと思って、ぱっとみたら
ちくびから血が出てる・・・!!
痛いはずだ・・・!!
bepanthenという塗り薬をもらい、ケアするように言われました。
最初はどうもなかったけど、だんだんジンジンしてきて
服に擦れて痛くなってきました。。

面会時間15時の少し前に、
私は部屋を変わることが出来ました。
同室のサーシャも、お昼過ぎに旦那さんが迎えにきて
帰っていっていましたので、もうこの部屋にはなんの未練もありません。
3階に変わる時、
「普通の部屋と、有料の部屋どちらがいい?」
と聞かれ、あまり違いはよく分からなかったので、
普通の、と選びました。
が、普通の部屋は埋まってしまったらしく、
結局有料の部屋に一晩泊まることに。
明日には普通の部屋に移動してもらいますね。と。
ここも二人部屋でしたが、さっきまでとは違い、綺麗!
そしてちゃんと赤ちゃんが沐浴できるような洗面台もあり、
その横はオムツ替えの台。
クローゼット、テーブルとイス、テレビまであるのです。
同じくこちらも洗面所などは隣と共用でしたが。
ずいぶんグレードアップした感じのお部屋になりました。

IMG_20160620_184622b.jpg

IMG_20160620_184544b.jpg

そしてこのタイミングで、
出産時に腕に刺された針を抜いてもらうことが出来ました。
あぁきもちわるかった〜・・・

そしてこのときから、赤ちゃんは保育器を出て
しかも私も自分の部屋に連れて行くことができるようになりました!!
赤ちゃんと一緒・・・しあわせ・・・
ちょうど面会の時間にも間に合って、良かったです。

IMG_20160619_183547b.jpg

すやすや・・・。

さて部屋が変わって間もなく15時に。
ブルノのお母さん、マル、うちの母が来てくれました。
義母はもちろん、赤ちゃんと初対面♪
面会者は病室には入れないので、廊下か食堂でひとときを過ごします。
あっという間に3時間は過ぎてしまいました。
義母は赤ちゃんを抱っこするのは、おくるみに包んでから!と頑なでした。

夜の授乳の練習は、やっぱり新生児室でしました。
ちくびが切れてしまっているので(私の吸わせ方がわるかったよう・・)
カバーを付けて練習。
さらにさく乳器を使い、刺激をくわえておきます。
ほんのすこーーーーーーーーーし、母乳が出始めました・・・。
でもこんな少しで大丈夫なの?と心配になっていたら、
まだ赤ちゃんはお腹の中でもらった栄養だけで足りてるので
何も必要ない、とのこと。
この時の説明で、いままで私が授乳していると思っていたのは
ただの練習で、赤ちゃんは何も吸ってないということがわかりました^^;
自分のことながら、全然わかりません。。
どれくらい出てるのか、とか。
それは一ヶ月経ったあとでも、いまいちつかめませんね。。

この日の夜は新生児室で預かってくれましたので
夜は静かに寝ることが出来ました。。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ