チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPマタニティライフ ≫ マタニティフォト撮影

マタニティフォト撮影

かねてから予約していた、マタニティフォトの撮影に行って来ました!
妊娠する前は特に興味もなかったものですが、
安定期入った頃にネットでみた写真が何とも素敵で、
私も撮りたい!と強く思うようになっていたのでした。

マルさんは当初、私以上に興味がなく。笑
最初やんわりとこういうの撮りたい、と話した時には
ものすごい驚きと、軽く嫌がる感じを態度に表してくれました。。^^;
しかし、そんなもんで私の思いは変わりません!

人生でほんの一瞬のこの貴重な幸せなひとときを、写真に♪
また、私とマル、恋人気分でいられる最後の期間の記念として!笑


プラハにも沢山、写真家さんがいますので
色んなウェブサイトを見て、どんな写真が撮りたいかリサーチしました。
その中で、屋外で撮っている素敵な写真を見つけ、
わたしもこんなロケーションで撮りたいと思い、そこが第一希望になりました。
が、調べてみると、プラハの外です。市内ではない。
地下鉄とバスを乗り継いで、約1時間かかるもよう。
私にとっては、プチ小旅行みたいで、
行ったことの無い(しかも田舎の)町に行けるというので、
一石二鳥な感じだったのですがマルはそういう遠出が大嫌いです。
さあこれが第一の難関門です。。
あれ手この手作戦で、なんとかいいよと言わせました。笑
で、マルが予約を取ってくれました。

なかなかメールの返信をしてくれない写真家に
マルはまた新たな不満を抱き始めていましたが・・・。^^;

そんなことはおかまいなしに、私はずっと心待ちにしてウキウキです。笑
当日の朝、いつものように早起きをしてしまったのですが(寝苦しい今日この頃)
急に突然リボンを作ろうと思い立ちました。
マタニティサッシュベルトというそうですね。
急遽家である物で作りましたのであまりこだわった点などもないのですが
意外とこれはこれでシンプルないい感じに仕上がりました。

このとき、本日着る服をこのリボンに合わせて変更することにしました。
服はカジュアルな感じの方がいいかなと思ってTシャツとジーパンに。
ついでにストールも、これもまた特急で作ってみました。

こんなことをしていると旦那さん起床。(この時点でまだ7時半。)
しかし何やらムスッとした顔・・・
えーー・・・何・・・機嫌良く行こうよ。。

「雨降ってる・・・」
どうやら天気が悪いので、機嫌も悪くなっているみたいです・・・。

(これはまずい・・・^^;)

ただでさえ、日曜日に外出、しかも遠出、
しかもしかもいけすかない写真家のところへ
行くというのに、大嫌いな雨まで降り出したら・・・。

お互いに不満やイライラがどんどん積もる午前中。
それでも手と体は動かして、出発の準備やらなんやらを進めます。
「雨だったら今日撮影しないのかも・・」と言って彼は
写真家に電話をしてみるますが、案の定繋がらない。
しかしまあ、なんとか予定通り出発はしました。

地下鉄に乗りバスに乗り、揺られている中で
ポツリポツリと気持ちを話し、お互いに
「こんなヒドいテンションで、今日一日を過ごしてはいけない・・」
と思い始めました。。
そして写真家の住む村に着く頃には、いつもの雰囲気に戻ることが出来ました。
あぁよかった〜。
不満とイライラがにじみ出たマタニティフォトなんて
全く意味ないものになっちゃいますからね。^^;

IMG_20160515_155303b.jpg
途中の景色。
菜の花畑が綺麗です。が、どんより曇り空・・・。

しかしそんな空模様も、バスに揺られている間に
青空がほんの少し広がってきました。
これは・・・外で撮れるんじゃないか!!^^と期待も高まります。

乗り継ぎの関係で17時からの約束のところ、
16時にもう村についてしまった私たち。
先日までの夏のような暑さは一体どこに隠れてしまったのか、
今日は冷たい風が吹き、驚く程寒い!
体がどんどん冷えてしまいます。多分10度以下です。
待つのは辛いなと思い、ダメもとで電話してみると、
写真家さんは早く始められるよう準備してくれるとのこと。
なんだ、そんな冷たい人でもないじゃん・・・♪^^

彼女のお家の前で待っていると、中から男性と4歳くらいの子どもが出て来ました。
「こんにちは〜」
と挨拶をして車に乗り込みます。愛想のいいお二人。
そして写真家の女性も出て来ました。
「一緒に車で移動しましょう」とのこと。ご家族一緒に行くんですね。
わたしらはもちろん車が無いので一緒に乗せて行ってもらいました。

ほんの5分ほど走ったところにある原っぱで撮影開始。
旦那さんはレフ板役、雑用係のようです。
子どもちゃんは車の中で待機。
この子がすっごくおしゃべりで可愛い顔してて、ほんと癒されました。
さっきまでの私たちのトゲトゲした気持ちも、
彼のおかげて完全にすっかり飛んでゆき、ほっこりした気分で撮影に入れました。
男の子か〜うちもこんな可愛い子かな?とか想像しながら^^

天気のほうは、雲がやっぱり多いのですが、
所々晴れ間が出て来てなんとか持ちこたえている感じです。
木の下でとったり別の木に移ったり、
お花の咲いている一帯で座って撮ってみたり。
写真家さんはいつもチェコ語で話しますので
たまに分からないこともあり、そんなときはマルに通訳をしてもらいます。
旦那さんもレフ板役をしっかりこなしつつ
「その前の草が邪魔ね」と写真家さんが言ったら
草をプチプチ千切ったりと、けなげに雑用をこなしてくれます。
たまに英語で、指示を通訳してくれたり
写真家さんの指示が私たちに分かりにくい時には
自分でポーズをとってみせてくれたり。

子どもちゃんは子どもちゃんで、最初は大人しく車で待っていました。
が途中から外に出て来て、ひとり何かしゃべりながら、スコップで土を掘り始めました。笑
写真家さんの後ろでそれをするもんだから、なんか可愛くておかしくて
自然な笑顔に一役買ってくれました。
なるほど家族で来た意味がちゃんとあったのですね。笑

そして遂に雨が降って来ました。。。
「ここまでで10枚は撮れましたけど、どうしますか?もう少し必要なら屋内で撮りましょう」
と聞かれました。
私は撮りたいなあと思いましたがマルが「もういいんじゃない!?」と言ったので
ここは素直にその意見を受け入れました。

まだバスまで時間があるということがわかり、
写真家さんのお家で待たせてもらえることに。
30分ほど待たせてもらいました。
そこでさっそくお支払いも。1300コルナ+休日料金300コルナでしたが
1700コルナお支払いしました。お茶代と、早く来ちゃった代。笑
プラハ内のスタジオで撮る他の写真家さんの場合でも、
これくらいか、もう少し高いくらいだったと思います。

暖かい部屋で休憩させてくれただけでなく、温かいお茶まで頂きました。
なんて親切な・・・特に旦那さんの方が優しく気さくで、癒されました。
写真家さんは、特に社交的ということもなかったのですが
悪い印象は無かったです。

お家はすんごいモダンな感じで、お洒落でした。
庭も広いし、暖炉もあるし・・・こんなお家に住みたいなと思える感じの。
そんな中でほっこりしながら、帰りのバスの時間をケータイで検索。
今日は日曜日。バス、休日は本数がとにかく少ないよねぇ・・・。

そうこうしていると、旦那さんが、
「もうすぐ長男を学校に迎えに行くから、ついでに途中まで送って行きますよ」
と提案してくれたのでした。
なんと・・・!!!いいんですか・・・!!
しかも最寄りのバス停ではなく、この辺りの中央駅のところまで送ってくれたのです。
車で10分ほどのところです。
私たちは遠慮することも無く、お言葉に甘えさせてもらいました。
何から何まで親切にしてくれて、私たちはとっても嬉しく感じたのでした。

駅でお別れする時にも「(出産)うまくいきますように!」と言ってくれて
嬉しかったです。^^
なんだかんだで、ここに来て良かったなあと思いました。

そこからは電車で帰りました。
マルの一番嫌いな交通手段・・・
しかし、バスを待っていれば何もない駅でまだ1時間以上待たなければなりません。
「電車でもいいところがあったじゃない、休日でもバスより本数が多いところ・・・^^」
という私の言葉に、マルがどこまで納得したのかはわかりませんが。笑
電車は20分後に来るみたいなので、持って来ていたサンドイッチを食べつつ待ちます。
その時にはなんと空は快晴。笑 真っ青です。

IMG_20160515_175431b.jpg
駅!

どういうこと・・・もう。
(仮に時間通りに撮影を開始していたらこの天気の下撮れたかもしれない、
というのは、ただ悔しいだけなので(笑)考えないようにしました。。)

そこから2駅先は、もうプラハ市内です。
意外と近いですね。
(乗り継ぎの時間さえ考えなければ・・・)
さて地下鉄に乗り換えて帰ります。
勝手知った地下鉄に入るやいなや、無性に安堵を覚えます^^

と、そんな一日でした。
写真は14日以内に納品出来るとのこと。
気長に、楽しみにして待ちたいと思います。

そういえば、外は寒過ぎだったので
結局カーディガンを着たまま撮っちゃったんですよね。
なので、せっかく作ったサッシュベルト、使いませんでした。笑
せっかくなので帰ってから、マルに撮ってもらいました。。。
ポーズはこんな感じだったかな、と思い出しながら。

P1019827b.jpg


☆追記☆

写真が送られて来ました♪
撮影が日曜日で、次の金曜日に送ってくれたので
思ってたより早かったです^^
やっぱり屋外撮影にしてよかった〜

pocitac1b.jpg

ひとつ残念なのが・・・カーディガンの冬っぽい色^^;
撮影はTシャツのつもりだったので適当に羽織っていっちゃんたんですよね・・・。

良い記念になりました。^^
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
マタニティフォト撮影したんですね!!!
私はよくマタニティフォトを撮影していた側です。
あと、メヘンディ(ヘナを使ったアート)を描いたりすることもやっていたので、安産祈願を兼ねて妊婦さんのお腹にメヘンディ描いてから撮影したりもしてました!
本職は別にあったんですけどね(笑)
マタニティフォトは本当にいい記念になりますよね。
元気な赤ちゃんが生まれてきますように♡
2016年05月21日(Sat) 07:52
Re: No title
編集
akkieさんに撮ってもらえばよかったですね〜^^
次回があれば(!?)ぜひ・・・!
ちなみに新生児フォトも撮りたいと今から目論んでいます。笑
妊婦さんのお腹に絵をかくのはあるようですが、ヘナアートというのは初めて聞きました!
写真を撮りに行くまで色々ありましたが、やっぱり撮ってよかったです☆
2016年05月21日(Sat) 09:39
No title
編集
も~、写真見たら何だか嬉しくて涙が出てきましたよ~( ;∀;)
私も撮っておけばよかったな、と思いました。撮りたかったんですけどね(お洋服なし~の方で)、いつも妊娠が重すぎて、人間の生活していませんでしたから(笑) とっても良い体験、聞かせてくれて嬉しいです!私も、次があれば!!・・・・って、ないない(笑)

リボン、こんなの素敵!デザイナーさんだから、そこら辺のデザイン力と、器用さが羨ましい!そのスキルは、子育てでも大いに役立ちます!!あと少し、妊娠を乗り切って、出産も無事に終えてくださいね(^^)
2016年05月22日(Sun) 08:53
No title
編集
ありがとうございます!!
マタニティライフを楽しみまくってやろうという勢いで、色々やっちゃってます。笑
服を着てるとちょっとわかりにくい感じはしますね、でも外のいい雰囲気が気に入ったのでそっちを優先して撮りました。Bさんももし次回があれば・・・!!^^
リボンもほめて頂いて、ありがとうございます^^ちゃんと写真家さんに撮ってもえらず残念でしたが・・・作るのは楽しかったので良しとします♪
いよいよお腹も大きくなって動くのが苦しい時も多いですが、あと少しでと思うとわくわく・そわそわ・・!!がんばります〜^^
2016年05月22日(Sun) 17:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ