チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPマタニティライフ ≫ 健診通い

健診通い

昨日、健診に行って来ました。
私が通っているのは、Andělアンデェルのお医者さんです。
自宅からは地下鉄で20分ですが、
マルの会社からはトラム1駅、しかも保険会社も近いので
結果的にここにしてよかったと思っています。

肝心のお医者さんですが、
私の担当の方はけっこうなおじいちゃんです。
最初は大丈夫かな?^^;と思ってましたが
ちゃんと質問にもしっかり答えてくれるし
優しいし、これも良かったと思います。
看護士さんも親切で気さくな人です。
特にいつも血圧など見てくれている方は、
日本人のお友達がいるようで、親近感をもって暖かく対応してくれるのが良いです。
いつも採血の時に「ネ イタイ」と言ってくれるのがなんか可愛いです。
(ネ、は英語のnoの意味。痛くないですよ〜ということらしい^^)

とまあ、全体的にここを選んで良かったな〜と思ってるのですが
主治医のおじいちゃん先生の予約が取れないとき(休暇とか)は
他の先生に看てもらうことになるのですが、
それがちょっと当たり外れが多い^^;
これまでにも他の男性医師2人、女性医師1人に看てもらったことがありますが
一度なんかは大層えらそうな男性医師で
「今忙しいのに」な雰囲気たっぷりで、なんだかこちらまで気まずく、
逃げるようにして診察室を出たのでした・・・。
聞きたかったこともよく聞けず、
これじゃなんのための健診か分からない・・・本当にその時は
私もマルも色々ショックを受けたのでした。。

ちなみに、ここは基本チェコ語。
どうやって私は毎回の健診を受けているのか?
はい、旦那さんに毎回毎回付き添ってもらっています。
去年の秋から、もう数十回になりますね。。
その度に会社に半日休暇を貰って、一緒に着いて来てくれます。
本当に感謝です。。T_T
私も全く先生たちのチェコ語が分からない訳ではないし
普段の健診だけなら多分一人でも行けると思うのです。
が、たまにその提案をしてみても
「だめ〜」と、私とまめちゃん(赤ちゃんの今の名前)のことを
大事に大事にしてくれているのです。
半日といえど、毎回休暇を申請するのも色々気を遣うこともあると思います・・
私も会社勤めをしていたからよく分かります・・
チェコといえども、日本企業ですから、
色んな面で日本的なところはあると思いますしね。
しかも、30週を過ぎてからは毎週の健診になっています。
つまり毎週休暇申請しなければなりません・・!
幸いなことに、会社の上司は理解のある方で
「いいよいいよ行ってあげて」という感じで
いつも快く許可してくれるそうです。
本当に良い会社、良い上司、良い同僚に恵まれているなあと。

と、そんなラッキーな環境の中、
ここまで大きなトラブルもなく
私たちはいよいよ9ヶ月を迎えています。

昨日の健診では、まめちゃんは元気、
ちゃんと頭を下にしている、羊水も十分。
私の体重も丁度よし、お腹もちゃんと大きい!などなど。
あと、前回に行った2回目の血液検査の結果も、
問題無しということが分かりました。
嬉しいことです。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ