FC2ブログ

チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ マリアーンスケーラーズニェ(Mariánské Lázně)2日目。TOP旅行 ≫ マリアーンスケーラーズニェ(Mariánské Lázně)2日目。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

マリアーンスケーラーズニェ(Mariánské Lázně)2日目。

翌日。
ゆっくり目覚めて、朝食バイキングへ〜♪
チーズにハム、サラミ、生野菜は少なめ、
と全体的には四つ星ホテルにしては淋しい印象も・・・
「なんかちょっと少ないよね」
「いや、チェコはこんなもんだったよ。私たちが日本のホテルに慣れすぎたんだよ。。」
先月の日本旅行で泊まったホテルの豪華さ(和洋中完備)が
懐かしく思うのでした。
でもチーズ美味しかったです。
あと、不思議なケーキがあり、さっくりと軽くてとても美味しかったのですが。
「これ何?」
「多分ロシアのケーキ」
(後で調べたら、シャルロートカというらしい)
そして
「これは?」
「それもロシア」
チェコになかなか当たらない。笑
「クロワッサンは、フランスでしょ・・・じゃあ」
りんごのザーウィンをさして
「これはチェコだよね?」
「オーストロラリア」(オーストリアと言いたい。)
(そうか、シュトゥルードルっていうんだっけ・・・)
お菓子不毛の地帯、チェコ?

お腹いっぱいになったところで、ここからマルはホテルのプールへ。
私は散歩へ出かけました。
(私は急な”女の子”でプール不可に。。)
今日も天気はそれほど良くないものの、昨日よりはまし!
時折雲の切れ目から太陽が顔をのぞかせています。
ホテルの前の公園を通って、コロナーダのある中心地へ向かいます。
ここにもさっそく温泉が!

P9279638 copy

カップを持っていなかったので飲めませんでしたが、
蛇口を捻ると出て来る水は、冷たい!
冷泉というのが正しいようです。

緑に囲まれ、綺麗な空気で深呼吸して
自分の中の毒素が吸い取られるような、完璧な公園です。
紅葉も少し始まっていて、綺麗です。

P9279650 copy

コロナーダ近くの、ゲーテ公園に来た時、遠くから、なにやら壮大な音楽が・・・
(タイタニックのあの歌!)
すごく自然にBGMとして聞き入ってたけど、よく考えると、(なんで??)
実は、ここのひとつの目玉が「歌う噴水」というのがあり、
2時間毎に音楽に合わせて噴水のパフォーマンスがあるのです。
その音楽だけ、遠くまで聞こえて来てたのです。
あとでマルとまたこのへんに歩きにくるので、その時は見よう!と思って、
さらに公園をぶらぶら。

ここは数多くの著名人が訪れたことで有名。
ゲーテ公園も、もちろんあのドイツの作家ゲーテから来ているものです。
中でも私が一番心惹かれたのは、ショパンが滞在したというところ!
記念碑もこうしてあります。

P9279649 copy

そしてこちらは「ショパンの家」ゲーテ公園のすぐ横にあります。

IMG_20150927_095008 copy

1836年にここに滞在した、ということです。
中は資料館になっていますが、
開館時間に都合が合わず、今回は見れませんでした。。

IMG_20150927_095056 copy

この公園にあるコロナーダは装飾的で、とても綺麗です。
ぐるっと公園を一周回って、中央道のお店をちらちら覗きながら
ホテルに戻りました。

途中の本屋さん。
ドイツ語、ロシア語の新聞が並んでます。

IMG_20150927_095249 copy



部屋に戻ってゆっくりしてると、マルもプールから帰って来ました。

「15mくらいのプールと、あと流れるプールもあったよ!」
「泡のぶくぶくのやつと・・」(ジャグジーのことらしい)
「サウナは日本みたいに水着を脱いで入るんだよ」
「外の景色が見えたよ」
「ピーッと笛を吹く人もいたよ」(監視員らしい)
「おばあちゃんがひとりいただけで広々と泳げた^^」


と、とにかくものすごく良かったということを伝えてくれました。
くそう・・くやしい。このプールのためにこのホテルを選び、
いやそもそも旅行に行こうというのも、
プール始まりで計画立ててたのに・・・。
まあ仕方ないです。。。

そのあと、一時間程部屋でのんびり。
そろそろチェックアウトに行こうか〜という時間になりました。
二人ともあんなに沢山朝食を食べてたのに、
それぞれ運動して来たらもう普通にお腹がすいていました。笑
チェックイン時に貰っていた、ジュース一杯無料券をムダ無く
使い終えて、ホテルを後にしました。

3度の正直・・・
お昼は、例のチェコレストランに行くことに。
しかし今回は!!絶対大丈夫です!!
なぜなら学習した私たちは、午前中に電話予約を入れたからです。
1時に予約してたので、それまでもう一回散歩しました。
今度は、コロナーダと反対向きに公園を歩いて行きました。

P9279674 copy

P9279676 copy

こちらにも温泉が出てて、別のコロナーダがありました。
ちょうど雲も晴れ、気持ちのいい散歩を楽しむことができました。

P9279686.jpg

1時になるのとちょうどに、レストランへ。
最初に対応してくれた若いお姉さんはやっぱり親切で、気分良くすごしてました。
お料理は値段がリーズナブルなりに、少し量が少なめ。(私には丁度いい感じでしたが)
値段から、肉の量が自分の昼食には足りない!と悟った気の読めるマルは、
前菜からもお肉を注文。牛タンのカルパッチョ。
薫製してあるようで美味しかったです。

IMG_20150927_132306 copy

これはビーフブイヨンのスープ。ミートボール入り。
ご飯も食べて、コーヒーを一杯飲んで、お手洗いも済ませて、
さて、マルがトイレから帰って来たら出よう・・としていたところ。
一番偉い感じのおじさんのウェイターさんが
「まだいるの?」と私に話しかけて来ました!
「主人待ってるんだけど・・・。支払います」
というとすぐさまチェックを持って来る。
食べたら数分も休むこと無く出て行けというのか??
最後のおじさんのせいで気分悪くなりました。。
最初から最後まで、このレストランとは相性が悪かった。笑

ま気を取り直して!
今日は街を散策します。
まずは、「エドワードの道」と名付けられた散歩コースを歩きます。
小高い山を登って、ぐるりと降りて来る、青印のコースです。
全長7km。
ここに滞在していたことのある、イギリスの王様エドワード7世にちなんで
この名前になったそうです。

P9279705.jpg

結構な山道ですが、家族連れやご老人も散歩してました。
いい感じのハイキング気分が味わえます。
空気がきれいで、体内から癒される気分を味わいました。

途中に、展望台があったり。

IMG_20150927_144409 copy

鹿の牧場があったり。

P9279720.jpg

写真を撮りながら、だらだら歩いていましたが、
一番頂上にあたる「パーク・ボヘミウム」まで一時間ほどでした。
(ここは、昨日来たとこです。)
そこからまた別の道で降りるのですが、
途中で青印が見当たらなくなり、なぜか緑の道に迷い込んだり、と
少し迷いました。。
けもの道を通ったりして、ホントにココ?とおそるおそる進みました。

P9279722.jpg

途中からは、自動車と同じ道に出られたので、ホッと一息。

街に戻ってから、コロナーダの方へ行きました。

名物のお菓子も買って、食べ!

温泉は今回、飲みませんでした。。
なぜなら、コップが無かったから。。。
もちろん売ってもいたのですが、カルロヴィヴァリのコップがうちにあるし・・。
まあホテルのロビーで少しは試していたので、いいかな。
温泉が湧いているところを見て、それで満足してました。

17時になったので、歌う噴水のショーが始まりました。
沢山人が集まっています。

IMG_20150927_170556 copy

期待してみるようなものではなかったかな。。^^;
せっかくなので見ておきましょう、という感じ。笑

お土産屋さんもぶらりとのぞきつつ。
(余談ですが、この街ではホテル以外、
ほぼカードが使えませんでした。レストランしかり。。)
もうそろそろ駅の方へ向かいます。
電車はおよそ19時発、プラハに21時着です。
スーパーで夕ご飯を買って、電車で食べようということにしました。
くる時に見つけていたテスコ、カーフランドに行ってみましたが、
やっぱりプラハより品揃えが・・・^^;(日曜日というのもあるけど。)
サンドイッチとかでよかったのに、見つかりませんでした。
もうひとつのスーパーに見に行ってみるか・・・と思ってたところ、
テスコの横に、中華のレストランが!
持ち帰りもOK。
日曜日は休みのお店も多いのに、さすが、アジアの人々は働き者です。
おかげで、冷たいぱっさぱさのパンの夕食ではなく、
あったかい作り立てのおかずと、米(長いやつだけど)を
ゲットすることができました。
中国人のスタッフさんもにこにこしてていい人だった。
(マル曰く、昨日のピザ屋さんのおじさんの弟だ、と。いや人種がちがう。笑)
この日ほど、中華レストランのありがたみを感じたことはありませんでした。

電車で食べようとしてましたが、駅について時間があったので、
ささっと食べちゃいました。

帰りの電車は、新型の車両
車内放送もあり!暖房もついている!
でも6人用のコンパートメントはいつもほぼ満席で、
隣に座っていた、学生と思われるロシア人女性とナイジェリア人男性が
英語ですごく真面目な話をしていたのが印象的でした。
会話の内容というよりも、英語ってやっぱ最強だな・・・と
思いました。全世界の人と、意思疎通ができちゃうんですもん・・(今更)
勝手に聞き耳立ててたのですが、(笑
ナイジェリア人男性がロシア人女性に
チェコで仲のいい人(彼氏)は?みたいな話をしてて、
「チェコ人はとってもシャイで・・・文化の違いだけどね。」
と言ったときに、チラっとマルを見たら
全く耳をかさず、漢字の勉強の本に没頭していました。笑
チェコ人男性と日本人女性のカップルは結構聞きますが
穏やかな日本人の気質にあってるのかもしれません。

途中で、これまた大学生の集団が乗って来て、
大声で英語でわいわい騒いでます。。
「インターナショナルな電車ね」と笑うロシア人女性。
で、すかさず、ガラっと部屋のドアを開けて、
「ここ席空いてますよ!」
と、声をかけました。
怖じ気づくとか、触らぬかみにたたり無しとか、
そういう思考は1mmも持ち合わせていない
そんなサバサバした彼女がすごくかっこ良く見えました。
私は怖いので、ずっと寝てました。。。笑

プラハにはほぼ時刻通り到着しました。
いつものことながら、楽しい旅行になりました♪
チェコ国内をもっといろいろ旅してみたい♪
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコ共和国のプラハ在住、フリーのデザイナー。プラハ在住の日本人女性3人によるものづくりユニットSankakůのメンバーのひとり。2013年12月にチェコ入り→翌1月にチェコ人と結婚。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。