チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年10月
ARCHIVE ≫ 2017年10月
      
≪ 前月 |  2017年10月  | 翌月 ≫

初出店

土曜日に、てづくりの会、初出店してきました。
予報通り、朝から寒く、特に風も強く吹きつける日でした。
昼前についに小雨が降り出してしまったため、
正午頃に片付けたのですが、色々やってみてわかることもあり、
経験してみてよかったと思います。
何より、自分の作品に価値を見出して
買ってくださったということが嬉しかったです。
初めてのお客様、忘れません。^^

簡単に一日の出来事を。

このマーケットは8時からお店の設置、
9時から販売開始ということで
9時前に到着して場所探し。
今日は欠席のメンバーKさんが場所を購入してくれたため
わたしたちはどの場所が具体的にわかっていません。
参加証に書いてあるブース番号を係の人に見せて、
案内してもらいました。
すると、すでに出店している人になにやら話しかけました。
「あなたのブースは何番?」というのを聞いている様子。
そうすると係の人は、そこから
一歩、二歩、、と足幅で距離を測り
「君たちの場所は、このへんからこのへんですね」と。

そんな適当に…!?!!!

驚きと笑いを隠せないわたしたち二人。
さっそくチェコらしさ満開で、妙な安心感。

さっさと机とイスを設置。

1028-1.jpg


1028-3.jpg

Nさんの作品!日本語のひと単語の入ったグリーティングカード。

1028-2.jpg

わたしの。
sankakůというユニット名でやっています。
3人グループだから、さんかく。

なかなかの重い荷物(イス、テーブル等含め)を、
担いでトラム二駅乗ってきました。

9時過ぎから早くもお客さんがチラホラ来ていました。
わたしたちの作品を見てくれる人もいましたが
値段とかをみて「んー…」と去っていく人たち。
やっぱりここは、古いもの・不要品などを
激安価格を求めて来る人が多いのです。
まわりを見ても、20コルナ、30コルナで普通の服が売っています。
作家の作品を求めに来ている人たちではないんですよね。
(ま・わたしはアマチュアですが)
予想通りではありますが、ちょっと寂しい。


徐々に人が増えてきたころ、
足を止めてくださったファミリーが。
あれ?なんだか日本語しゃべってる?と思ったら
日本人と外国人のご夫婦とその娘様(もう大人ですが)でした!
日本語で会話出来るのでこちらもとても助かり、そして嬉しかったです。
着物の生地を使ったピアスを気に入ってもらえたようで
3つ4つ試着してみて
お気に入りのひとつをご購入いただきました!!!!涙
ウィーンに住んでおられるとのことで、
観光の機会に偶然、こうして出会えたことに感謝です。


その後も、ちらっと見に立ち止まってくださる方は
いるものの、なかなか購入まで至らず…。


Nさんは素晴らしく素敵なポストカードを、ここ5、6日連続
深夜まで、時には朝まで作業をがんばって完成させてました。
日本語も勉強出来るポストカードですので、
場所が場所ならば即完売というような作品です。
今回は、やはり客層と合わなかったようで
なかなか売れませんでした…。
今度は販売路線の開拓が必要になるな、というところでした。


わたしもNさんも、作ってみて
紙の切り出しから全部一人作業というのは
本当に疲れたなぁ…としみじみ。
今度は皆でひとつの作品を共同作業してもいいよね、とか
今後作りたいものの話とかをしてました。
あと、Nさんが連れて来た息子くんをあやしたり。
ベビーシッターに預けられず、仕方なく連れて来たのですが
本当におとなしくしていてくれる!!!!!
うちの子では考えられないくらい、良い子でびっくりです。
そして途中で寝ちゃうし…君は空気読むのが上手い。上手すぎる。


そんな感じで3時間ほど粘っていたのですが
小雨がちょっと強めになってきてしまい、
そしてついに寒さにも耐えられなくなり、
正午頃にお店を畳みました。


わたしたちもさっとマーケットを見て、
一旦Nさんのお家へ荷物を置きに。
近くの台湾レストランのBENTOをお持ち帰りして
Nさん宅で一緒にお昼にしました。
このお店、最近オープンしたそうなのですがとてもいい感じだったので
マルとまた一緒に行きたいと思いました!


さて次の目標は〜…なんだろうな。
クリスマスに向けて、出店とか出来ればいいなと思ってはいますが…。
ウェブページ作成、Flerに出品、デザインストアに置いてもらうなど
やろうとしていることはまだ山積み。
そして作ってみたいもののアイデアも。


ひとまず今日はおつかれさまでした!!
何はともあれ、楽しかった!!!^^
スポンサーサイト

レシートで宝くじ、またはEET制度のこと

チェコでは、レシートで宝くじ制度が始まりました。
最初の抽選は11月15日!!
100万コルナ当たったらいいなあ〜…

というのも、少し前からEETという制度がスタートしました。
EET(elektronická evidence tržeb=電子販売記録)は
お金の流れの情報を全て集めるというシステムで、
脱税など、不正行為が出来ないようにするための制度だそうです。

わたしもざっくりとしか理解していませんが、
だいたいこんなところです。

お店が売り上げや給料をごまかして脱税…というのを
防ぐため、この制度が始まりました。
お店は色々その法律に従って、ちゃんと情報を送信出来るような
設備を準備しているんだそうな。
(それが出来ない小さなお店は潰れちゃったりも…)
インターネットで購入するにしても、直接お店で買うにしても
必ずレシートを発行しなければなりません。
お客さんも受け取らなきゃいけない。
ただし銀行振込は、情報の送信が要らないそうです。(銀行がするのかな。。

このように市民、特にお店側は手間が増えました。
イチイチレシート発行もめんどくさいし、
今まで脱税してたお店はそれ出来なくなるから不満ですよね。
そのムチに対して、用意されたアメが宝くじ。
レシートに書いてある情報を登録すれば
毎月抽選で賞金が当たるというシステム。
宝くじに登録したかったら、お客さん側も「レシートくれ」と
言うようになるので、一石二鳥ですね。

ということでわたしもやってみようと思い、
アプリをダウンロードしました。(ウェブ上でも登録できます)
Účtenkovka

Google Playの評価、1.9笑笑
圧倒的に1が多い…

その理由は使ってみてすぐわかりました。
情報入力の手間がすごい!!!
BKP(納税コード)(16桁)、お店の番号(7〜9桁)、金額、日付、時間を
1レシートごとに入力しなければなりません。
カメラで文字を読み取る機能がついてはいるのですが
その反応も悪いし、読み取っても間違うことがある!
結局自分で確認しなきゃ…。
こういうときにこそQRコードでしょ!と思うのですが
それが実装される日はくるのか…。

まあ毎日数枚のことですから、レシート溜めなければいけるかな。

飽きるまではやってみようと思います。
ちなみに最低の賞は100コルナ。
それでも、ゼロよりは良いな…^^

てづくりの会

友達2人とわたしの合計3人で、
手作りの会を結成しました。
夏の終わりにその話が持ち上がり、
隔週で集まって作ったものを見せ合ったり
今後のグループの活動について話し合ったり
順調に進めております。

早速ですが、今週末28日(土)には
I.P.パブロバの近くのTylovo náměstíで
初めての出店をします。
のみの市なので、手作り品を出品するのは
ちょっと場違いではあるのですが…
お手頃な場所とプライスということで、まずは第一歩!
朝9時頃から3時頃まで?いる予定です。
真ん中あたりの角っこ。
お近くにお立ち寄りの際はのぞきにいらしてください。^^


発起人のカナコさんは、チェコのアニメーションスタジオで
制作をしていたほどのプロ!
ものづくりが本当に好きで、作りたいものはなんでも
作れてしまうというような方。
早速、ぐるぐる帽子とキノコのぬいぐるみを
ミノル劇場に卸すなど、精力的に活動されています。
とっても可愛いので、ミノル劇場の売店を覗いてみて下さい。
ただいま風邪引きが長引いてしまっているそうで
今回の蚤の市は出品も出来ないのが残念です…。


niniさんもイラストレーションを勉強するために
チェコに来たというアーティスト。
彼女の描くイラストは、『シンプルだけどひとくせある』、
『かわいくてシュール』という感じの素敵な作品ばかりです。
今回は、グループのロゴやパッケージ、タグなども
考えて頂きました。
今回出される作品は、ポストカードです。
おうちに飾っておきたくなるほど、素敵なイラストです!


わたしはというと
お二人に比べたら完全に「趣味」の世界の住人なのですが
ものづくりが好きということで一緒に参加させてもらっています。
今はつまみ細工でアクセサリーを作っています。冒頭の写真がそれです。
ピアスとブローチを出品予定です!

red01-1-2_20171027182201534.jpg

green-1-2.jpg


みんな小さい子どものママ達で、
子どもが眠った合間、家事の合間を縫って
忙しく手を動かして作っています。
それぞれ家庭の忙しい事情もあるのにね。
それでもやりたい、つくりたい!の気持ちで
眠くても疲れてても動けるんですよね。
ものづくりが本当に好きな人たちだな、と感じます。


明日は最高気温が9度とか…
そんな寒空の下、さてどうなることやら。。
今回色々準備などやってみて、勉強になりました。
売れる売れないはさておき
これもひとつのいい経験として、のんびりやりたいなと思います。^^

最近の成長ぶり

落ち葉あそび

PA140074b.jpg

Let's go go!

近くの公園が落ち葉でいっぱいです。
ゆうきは落ち葉の絨毯を
ガサガサ歩くのが楽しいみたい。

PA140088b.jpg


PA140091b.jpg


PA140097b.jpg


PA140131b.jpg

楽し過ぎて寝転んじゃう。


PA140149b.jpg

仕事終わりの炭坑夫風。
「今日も沢山働いたぜ…。」



先週くらいから、
歩く時にゆうきと手をつないでも
屈む必要が無くなりました。
それだけゆうきの身長が伸びているということですね。
嬉しいやら、寂しいやら。。

最近は、こっちの言ってることもずいぶん理解してくれています。
わたしとマルの話すことなら、チェコ語にも日本語にも反応します。
洗濯物を干してるとき、落としてしまった靴下なんかを
拾ってわたしに渡してくれます。
ナイスアシスト!

掃除機をかけていると、余ってるコードを持って
ついてきてくれます。
その姿はまるで新米ADさん。
これもナイスアシスト!(ただ遊んでるだけか)

今日はお散歩から帰って来て、自分で靴下を脱いで
洗濯物入れのバケツに入れてくれました。
そして自分で拍手。
そんなことも分かっているのね〜と感心。
すごいね!ありがとう!と褒めた後すぐ、
土と葉っぱまみれのさっきまで履いていた靴も
どすんと入れてくれました…。

他には、おやつとパンの保管場所を覚え、
お腹がすいたらそこから自分で取ろうとします。
お菓子は輪ゴムで止めているのですが、
ついにその取り方も覚えてしまい…。
今日は、
おやつの袋見つける→ママに持って行く→断られる(もう夕飯後…
→自分で輪ゴムを取る→輪ゴムをゴミ箱のフタに置く
(自動開閉のゴミ箱ですが、反応しなかった笑)
→袋の中からおやつを取り出して食べる
という色んな作業を正しい順番で行えたのです。
わたしもビックリです。
ここまで頑張られたら、寝る前のおやつも少しくらいは
許さざるを得ませんな…。


まだまだ言葉らしい言葉は出ていませんが
屈託ない笑顔と、「うーうー」という訴えと、ジェスチャーで
思っていることは理解できます。
とっても可愛くて仕方ないですね。
このまま時が止まればいいのに〜。と勝手なこと思っちゃいます。


と、最近のゆうきの様子でした。
日本のおじいちゃんおばあちゃんや皆にも
見てほしいな〜、ゆうきの成長。

秋祭り2017

10月に入り本格的な秋の寒さが始まったか…と
っていたところでしたが
この週末からまた夏を思い出すような暖かい日が続いています。
今日はその中でも一番のお天気!
雲一つない晴天で、気温も21度まで上がり
日差しも強かったです。
チェコ語でこんな季節はずれの夏日をbabí létoというそうな。
直訳はおばあちゃんの夏。
諸説ありますが、年取った夏というところから来てるとのこと…。

PA150154B.jpg



そんな中、本日は日本人会が主催する秋祭りがありました。
野球場の綺麗な芝生の会場で、
合気道や薙刀のデモンストレーションがあったり、
ラーメン、寿司、カレー、焼き鳥、焼きそば、お餅などの
屋台や、子供向けのゲーム(ヨーヨー釣りやわなげなど)の屋台が
出たりしていました。
日本企業の方々が出店して下さっているようで
屋台にもその社名が書かれていました。
4年目のプラハ生活にして初めての参加です。

PA150162b.jpg


本当に沢山の人が来場していて、屋台も大盛況のようでした。
昨年、一昨年は雨で人も少なかったそうですが…
色んな知人友人も来ていて、
会えてお話が出来てとても嬉しかったです。

PA150161b.jpg

餅つきは日本人学校が主催。
もちろん振る舞われていました。


わたしたちは、焼き鳥、カレー、お寿司を食べました。
一番人気はたこ焼きかな?長い行列が出来ていました。
プラハでこんな行列はめったに見ないので、そんなところにも
日本を感じたり。

PA150172b.jpg


PA150166b.jpg

友達と話していたのは、
「事務局です。ただいま○○会社のビールが売り切れとなっています
 販売再開の際にまたご連絡いたします」
というような放送が流れるのですが、
それがいちいち細かく丁寧だというのが
また日本らしいよね、と。
食券制にしたり、お箸やスプーンもきちんと付けてくれたり、
試食を配ってくれたり…
チェコにないとは言いませんが、やっぱり
気配りの出来る人々だなというのは実感。


PA150193b.jpg

ゆうきはまだ見るだけ。


お客さんは、日本人とチェコ人半分半分という感じ。
着物を着たチェコ人もいました。
ハーフの子達も沢山。こんなにいるんだな〜。
合気道などのデモンストレーションにはチェコ人が集まり、
日本食の屋台の方には日本人が集まっていました。
それぞれの興味、わかりやすい。。


14時からチェコ人の狂言の舞台もあり
見たいと思っていたのですが、
いつもの慣れない環境でなかなかお昼寝できないゆうきが
ぐずってしまい、なかなか収まりません。
しかもそんな調子なのでお水もあまり飲まず、
ただただ消耗していくばかり…。
この暑さだし、熱中症になりそう。
なのでちょうどその舞台が始まったころに帰ることにしました。。


PA150196b.jpg

遠目で、狂言の最初の一部だけ見れました…。



目にも胃にも日本を感じた一日でした。
来年も行きたいです。
ゆうきとヨーヨー釣りしたいなぁ。


帰ってからのマルのひと言、
「秋祭りに行ったら、アニメを見たくなった」
なぜですか…。

リミニの海へ 5日目

5日目。
いよいよ帰る日です。


P9170052b.jpg

電車まで時間があったのでまた少し街へフラ〜っと。
ホテルからは遠い市街地でしたが、
駅からはすごく近いです。
にしても良い天気だな。昨日と交換してほしい。


電車。
来たときと同じ会社の良い席を予約したのに、
まさかのコンパートメントの席。
他の3人のお客さんと相席です。
ゆうきがうるさくすることを考えると、
わたしもちょっと…この席は嫌でしたね。
来たときと全く一緒を予約したのに、おかしいですねえ。

ボローニャ到着。
あんまり時間もないので、
昼食後(もちろんボロネーゼ食べましたよ。)市街地を散策。

IMG_20170917_144341b.jpg

IMG_20170917_143910b.jpg

よい街ですね。

タバコの吸い殻がほとんど落ちてなく、綺麗です。
ここがチェコとの一番の近いだったか…。


そしてまたシティバスで空港へ。

IMG_20170917_161038b.jpg

元気がありあまっているゆうき。
帰りのフライトもそれはもう動きたくて仕方が無く、
保護者どもは大変でございました。


さて長々と書いてきたリミニ旅行記は以上です。
尻すぼみになりましたが。。。
色々あって、楽しかったんだということは
初日の日記の長さをみるだけでも
十分わかるかと。。。

ひと言で言うと、最高の旅行でした。
ここで過ごした思い出、そして食べたシーフードの思い出で
しばらくは生きていけます。。

リミニの海へ 4日目

4日目。
今日の天気は…曇り。
さらに雨予報。

今日は海は無理ですね。
サンマリノ行きたいなぁとも思いましたが、
バスで1時間くらいかかるそうなので、
ゆうきを連れては大変…。
リミニの市街の方を散策することにしました。

P9160003b.jpg

P9160015b.jpg

P9160016b.jpg

P9160022b.jpg

P9160030b.jpg

一通り、歴史的に貴重な遺産などは見て回りました。
紀元前の建造物もあって、歴史の深さを感じました。

ちょっとまって、晴れて来たよ。

ご飯を食べてから、またビーチに戻りましょうということになりました。

P9160037b.jpg

散策中に見つけたレストラン。

P9160040b.jpg

わたしはアサリたっぷりの自家製タリアテッレ。
ナイフとフォークでアサリの貝をはずしながら、
こんな全部綺麗に取って食べるなんて、
よっぽど飢えてたんだなあ…と思いました。笑

ここは昨日の夜ほど高くないので、良かったです。
有名店みたいで、開店から30分もしないうちに満席になっていました。

P9160041b.jpg

海に戻りました。
また雲が迫って来そうな天気で、これはどうしよう…。
とりあえず遊べるだけ遊ぶ!
そのために来たんだから。

IMG_20170916_152353b.jpg

お散歩してたら、クラゲちゃんが一匹、波内際に。
透明で綺麗。
動いてなかったけど…。

IMG_20170916_160429_1b.jpg

だんだん寒くなって来たので、みんなで砂遊び。
ゆうきは楽しそう。

また散歩してると、
遊泳禁止の看板が立っていました。
朝から雨だったからかな?
まあチラホラ海に入ってる人もいましたが。
自己責任ということかな。
(普段はライフガードらしき人がビーチにいました)


曇ってきて寒くなったので、早めに切り上げました。

今日の夜は…スーパーで買います。
大きいスーパーまでまたぶらぶらお散歩。
この道もう何度往復したことか。

IMG_20170916_184948b.jpg

アリヴェデルチが日常にある…
某マンガが大好きな弟に、思わず写真を撮って送りました。
「アリアリアリアリ アリーヴェデルチ!!!!」

サラダやサンドイッチを買ってホテルで食べました。
ゆうきも食べるかなと思って普通のトーストパンも買ったのですが、
これがまたおかしいくらい美味しい。
ついつい大人も食べちゃいます。
イタリアに行かれた際にはスーパーのトーストパン、ぜひ食べてみて下さい。
日本でも食べたこと無い味です。
チェコのトーストパンと比べると(以下略

さて明日はいよいよチェコに戻りますよ。

リミニの海へ 3日目

リミニ3日目。
あんまりダラダラ書いてても仕方ないので、
写真メインで駆け足で書きます。。

今日は曇り。
昨日程気温も上がらないようですが、今日も海!

P9150626b.jpg


P9150613b.jpg

道行く人(主にお年寄り)からよく話しかけられるゆうき。
アジアっぽい子どもが珍しいのでしょうね。

P9150627b.jpg

泳ぐ人より、お散歩してる人の方が断然多かったです。

ゆうきは砂遊び!
今日はお気に入りのムール貝を見つけたようで、
それをしばらくの間研究して、遊んでいました。


P9150650b.jpg


P9150653b.jpg

まだ見てる。


P9150690b.jpg

今日もスープ作り開始。

P9150676b.jpg

なかなか良い手つきです。

P9150716b.jpg

ひとりでも波に向かって歩けるようになりました。



P9150731b.jpg

そしてお昼ご飯。今日もビーチのレストラン。(昨日とは違う店)
ゆうきも食べるかと思って注文したチキンサラダ。
が、レストラン着いたら即寝てしまった…。
オリーブとキノコも入っててすんごく美味しかった。
いつも食べてるオリーブとなんか違っていた。

P9150733b.jpg

マルはシーフードパスタ。
お肉じゃないじゃん!と言うと、
イタリアに来たらイタリアの胃になるんだよ。
と謎の生態を暴露してくれました。

P9150735b.jpg

これがこのへんの名物料理、ピアディーナ。
結構なボリュームですが、生地も薄いのでぺろっと食べれちゃいます。


午後も海遊び。

P9150727b.jpg

交代で海で泳いだり、休憩したり。
ゆうきと一緒に海に入ってみたり。
砂遊びをしてみたり。

夕方にはホテルに帰って、身支度をして夕食のため街の方へ。

昨日の夜のお散歩でマルが気になっていた
とっても内装の凝ったお店に行きました。

P9150746b.jpg

何テイストというんだろう…
いろいろ混ざってます。
入り口にはクリスマスツリーもありました。なぜ今…派手ではあるけど。
ここはレストランには珍しくベビーチェアが準備されていました。

今までママのお膝で窮屈だったゆうきも、
自分もいっちょまえに席を与えられて嬉しく、この表情。

P9150752b.jpg


わたしは念願の、シーフードパスタ。。。

P9150812b.jpg

甲殻類アレルギー?
知りませーん。
うん、食べてる途中から唇が痒くなってきたけど
それを差し引いても食べる価値ありました。
舌がよろこぶ美味しさ。
チェコ生活で長年、断"海産物"してた分さらに感動が増しました。


マルは巨大なステーキ。

P9150814b.jpg

ポテトの上にぶあつーい牛ステーキ。
イタリアの胃はどこいったんや。


この日のお会計は全員で100ユーロ近く…。
毎日レストランだし、外食はやっぱり高めだし、
その夜、マルは「この生活してたら破産するよ…。」と。
まぁ皆、イタリアなんて二度と来れない(もしくは十数年来れない)と思って
満喫しているので…。多めに見て…。

リミニの海へ 2日目

リミニのつづき。

2日目。
いい天気!!海水浴日和!綺麗な朝の空がみれました。
今日は天気予報でも、
この滞在の中で一番晴れて気温も高いとなっていたので、
これは期待です!

P9140271b.jpg

朝は7時半からホテルのバイキング。
種類多くてよかった!ベビーチェアもありました。
なにより、普通のトーストが、異常においしかったんです。
さすが、おいしい料理の国だけはある…。
朝から甘いケーキ類がとっても豊富なバイキングでした。

P9140278b.jpg


腹ごしらえしたらさっそく海へ!!!

海はエメラルドグリーン。
といっても、砂浜なのでどうしても濁っちゃいますね。
めちゃくちゃ澄んでるというわけにはいきませんが。
遠浅で、かーーなり遠くまで歩いて行けます。
わたし的に驚きだったのは、潮の香りが全くしないこと。
ものっすごく鼻をすませば(?)、ちょこっとは感じる程度。
近畿の海しか泳いだことが無いわたしにはちょっと衝撃でした。

P9140400b.jpg

P9140506b.jpg

水平線の上くらい遠くの方には、油田発掘の建物らしきものが見えます。

さっきも書きましたが、サッラサラの砂浜なので、濁っています。
でも水は綺麗!魚も泳いでいます。くらげはいない。(後日発見…)
波打際には小さな貝殻がたくさんあります。
ムール貝のも。ワカメも。そしてたまにカニの死骸も、、

海だからしょっぱいのは一緒。
でもお母さんいわく、そこまでしょっぱくない、らしい。
クロアチアの方がしょっぱかったと。
ほんとかな。。。真偽不明。

多くの人が、波打際を水着で散歩していました。
本当に長いビーチなので、どこまでも散歩できるんですね。
朝はまだ気温も上がりきってないので、
膝以上浸かってる人はほんのすこし。
マルは、即飛び込んでいったけどね。

P9140296b.jpg

ビーチのパラソルとベンチはホテル宿泊者だけ借りることができる、らしい。
このあたりはホテルのプライベートビーチになっているのですね。
ベンチ2脚、パラソル1本で、一日10ユーロ。
マルいわく、一日なにもしないで10ユーロ稼げるなんていい商売だと。
ま、夏だけだけどね…
シーズンも過ぎているし、早めに来たのでまだ人も少なく、
場所も選び放題でした。
もちろん海に一番近いところにしました。

さっそく物売りが近寄って来て、何かしら言ってくる。
わたしはガン無視。
マルは丁寧に断っていた。。

日焼け止め塗って、ゆうきの浮輪(結局一度も使わなかったけど…)を
膨らましていろいろ準備して、
いざ海へ!!!
しかーし、まずゆうきの心をつかんだのはやっぱり砂。
砂遊び大好きぼうずです。

P9140302b.jpg


砂浜もとっても気持ちいいです。
わたしも手でたくさん掘って楽しみました。
なによりゆうきはとっても嬉しそうでした。
これ全部遊んでいい砂場なんだからね!
今日はどんなに泥んこにしてもいいんだよね!

P9140318b.jpg

さっそくパパに埋められる。

そんなゆうきは波が怖い様子。
抱っこしてちょっと入っていっても、
まゆげをハの字にして、ふえふえ言ってる。
それでもしばらくして環境に慣れた頃には、
パパが海に向かっていくと追いかけていって、
波打際までは近寄れるようになりました。
でそこでまた砂遊び。
水を入れて渡すと、半分捨てて、そこに砂をちょっとずつ入れたり、
貝を入れてみたりしていて、なんか料理してるみたいでした。

あとマルはシュノーケリングの装備で沖まで泳いでいきました。
かなり遠くまで行ったので、結構楽しんでるのかと思ったけど、
帰ってきて聞いてみると、20cmくらいしか見えない。と。
やっぱりかー。
船の音がすごく響いてて、引かれるかと思ったらしい。
実際はずっと遠かったけど。

12時半くらい、ビーチのレストランで昼食。
行く途中に、子どもの遊び場があったのでちょこっと道草。

P9140365b.jpg

P9140367b.jpg

長いビーチのあちこちにこのような遊具が設置されていました。
海遊びに飽きたらこっちでも遊べる、
まさにファミリーに嬉しいビーチですね。
(その割に、ベビーチェアを用意してくれているレストランは
 少ない印象を受けましたが…。)


ゆうきもチキンとかパンとか食べました。
やや高いけど場所も場所だし、満足です。

P9140385b.jpg

その後ベンチにもどって、ゆうきはお昼寝タイム。
わたしとマルは交代で泳ぎました。

IMG_20170914_114722b.jpg


わたしは海で必須?の、顔をあげたまま平泳ぎが下手なんです。。
練習のつもりで、泳いだり歩いたりしながら、
胸くらいの深さのところを延々とビーチに平行して移動しました。
泳いでみると、やっぱり気持ちいいです。
1kmくらい移動しました。
帰りは歩いて、綺麗な貝殻を探しながら戻りました。
すると途中でお母さんに会いました。
マルが、わたしは泳ぎが得意ではないといったので、
心配になって探しにきてくれたらしい。。。
わたし、子どもみたいだな・・・^^;

15時にゆうきは起きました。結構寝た…疲れてたのね。
パワーチャージできたようで、
パパママがボールで遊ぶとスタスタ寄ってきて参加したり、
自分から進んで海の方に歩いていきました。
いままでは海と波が怖くて仕方なかったのに、
足首が浸かるくらいまでは自分から入れるようになりました。


浜辺をお散歩している人たちがゆうきをみて
ニコニコしてくれました。
日本の水泳用ズボンが可愛いみたい。
ピエロっぽい。たまに話しかけてくれたりもしました。

16時ごろ引き上げです。
浜辺で簡易シャワーで砂を落とし、ホテルで着替えました。
そしてちょっと早いけど、夕飯へ出ました。

事前に調べていたレストランはまだ開店前だったので
とりあえずジェラートやさんに寄りました。
超簡単なイタリア語で挑戦。
本場のジェラートはやっぱり一口でわかるほどおいしかったですね。
ちいさめのカップで2.2ユーロだったけど、けっこう甘いしちょっと多いくらいでした。

IMG_20170914_175506b.jpg
ジェラートとわたし。

ホテルすぐ近くのレストランに入りました。Joe's。
店員さんはみんな男性。イタリアの男性てオシャレだね、髪型も。
とわたしがいうと、マルはひげも!と。ひげの形まで見えてなかったわ。
英語で丁寧に接客してくれてとてもよかったです。

P9140589b.jpg

ゆうきも食べれる、と思って
ミネストローネ頼んだけどあんまり食べなかったです。。
それよりパン、パン、パン。
ピザがなによりもおいしかった。生地もソースも、具も全部レベルが違う!!
そして魚介類。あああ幸せ!
ゆうきはほぼパンしか食べなかったので、一度ホテルに戻ってすこし食べることに。
ま結局あまり食べなかったですけどね。パンでお腹いっぱいになっちゃった。

さて19時、お散歩へ!
ホテルの前の道をずーっと歩いていきました。
お店がいっぱい。
ミニスーパーや、靴、服、水着、ジェラート、レストラン、
お土産、昭和の香りがするゲーセンも。
人通りも多いです。
屋台や、手品をしてるとこも。

ゆうきは静かーにいろんなものを見ていました。
(ベビービョルンでわたしが抱っこして歩いていました。
 顔は進行方向に向けて。)
ずっと静かにしてるのに、たまにゆうきに話しかけると、
う!う!と返事してくれるんです。
ゆうきに話してるというのがわかっているらしいですね。

大きな教会を越えてさらに噴水のところにきて、
写真とって引き返しました。

P9140602b.jpg


遠くから見えた噴水が思ったよりでかかった。。
ゆうきも怖がっていたけど、
わたしも大きな馬の像がちょっとこわかったなあ。。
戻る途中大きいスーパーに寄りました。
これが、昨日の4件目のスーパーです。
なぜかテンションあがるゆうき。(明るいから?)
レジのおばちゃんがゆうきにニコニコしてくれました。
イタリアの人は赤ちゃんに優しいなぁ
チェコも優しいけど、こちらの人たちは表現が分かりやすい。
帰ってきたらもう9時半でした。
ゆうきはすぐ寝ました。
たのしーーーーーい一日でした!

子供と海に行くのが、妊娠中から妄想していた夢のひとつでした。
叶えてくれたマル、一緒に楽しんでくれてるお母さんに感謝です。


おまけ。
レストランでマルとお母さんが話してたんですが。
昨日、買い物にスーパーに出たとき、チェコ人にあったらしいです。
その大きいスーパーで。
そこは売り場に入る前に
ロッカーにリュックを預けなければいけないシステムなんです。
マルたちが入っていくとき同じときに、
先に入った男性がリュックを持っていたので
スタッフに止められました。
多分リュックがダメだという点がよくわからなかったのでしょう、
「なんでだよ!くっそ!」
とチェコ語で文句を怒鳴りちらして出て行ったそうです。。
旅先で出会う同郷のひとって嬉しいはずなのに、これは嫌ですねぇ。。
プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ