チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年09月
ARCHIVE ≫ 2017年09月
      
≪ 前月 |  2017年09月  | 翌月 ≫

リミニの海へ

もうすっかり秋になりましたが、
9月中旬に海に行ってきたときの
日記を書きます。

P9140446b.jpg


〜:〜:〜:〜:〜:〜:〜:〜:〜:〜:〜:〜:〜


海へ行きたい!!!

6月頃に思い立って計画していた旅行。
遂に行ってきました。

梅雨の無い6月。もう夏も始まろうとしている頃です。
すでに7・8月の海近くのホテルはどこもいっぱい…
またはシーズンなので、高いです。
というわけで、すこしずらして9月にすることにしました。
クロアチア、ギリシャ、マルタ、スペイン、などなど
あれこれ候補を考えては航空券・ホテル・ロケーション・口コミ等等
調べていましたが
結局最初の候補に戻って、イタリアに行くことにしました。
(他の場所は、いつかの将来にとっておこう…)

イタリアはアドリア海に面するリゾート地、リミニ

screenhot2017-09-29.png


日本人的にはあまり馴染みのない場所ですが、
ヨーロッパ内では有名な一大リゾート地だそうです。
アドリア海沿いに全長30km以上の砂浜ビーチの広がっています!
対岸はクロアチアですね。
サンマリノ共和国への玄関口としても知られているそうです。
プラハからボローニャに飛び(2時間)、
そこから電車(1時間)で行くルートにしました。
ボローニャからリミニに飛行機でも行けるんですが、
ゆうきを連れて飛行機はなるべく乗りたくない…。
少しでも動けるスペースがある方が気も楽なので。

さて前置きはこの辺で。
毎日メモっていた日記をベースにブログ書きます。
細かすぎる感満載。
そしてところどころ変な箇所があってもご愛嬌で。
(ま、いつものことか。)

この旅行、最初はトラブル続きでした。

前日にマル母がブルノからやって来ました。
そう、うちら家族3人と、マル母との旅行なのです!
というのも、マルは小さい頃家族で
クロアチアやイタリアの海に行ってた〜という話をしてたから。
わたしが

「みんなで行きたいね〜(でもお母さんは飛行機乗れないので難しいか…)」
というと

マル
「いや、いけるよ!」

という、意外に前向きな答え。
短時間なら乗れるそう。
誘ってみると、すごく喜んでくれました。
彼女にとっては、実に30年振り(!)のフライトになりました。

しかし早速トラブル発生。
まず、前日の晩にマルがギックリ腰。激痛の激痛。
わたしも、そしてわたし以上にマル母が大・大・大慌て!
行くかどうか、迷いました。
超心配性なお母さんは、もう行かないと言い出していましたが
マルの性格のことを考えると行かないなんて選択肢ないよなあと、葛藤。
マルも行くよ、と言うし、寝てしばらくしたら腰は大分落ち着いたようなので

「スーツケースは絶対持ち上げないこと!!無理しないこと!!!絶対!!」

と固く約束して結局、行くことにしました。
結局その夜、わたしもお母さんもほとんど眠れませんでした。。。
マルとゆうきだけぐっすり…。

そんなこともあったので空港までタクシーで行くことにしました。
しかし!!!タクシーが渋滞に巻き込まれてしまいました。
幸いなことに道を良く知っているベテランドライバーさんだったので、
街中を通って、なんとか空港には到着しましたが、
結構な遠回り。
30分でいけるはずが、1時間以上かかりました。
渋滞で動けない車内で、
マルは早々に、「もうすべてが嫌になった」と漏らします。
早すぎるよー大変なのはこれからだよー。。。

空港についたら、もうチェックインが始まっていました。
チェックイン後、まずは薬局へ。(なんでもある空港で便利)
マルの湿布買い、さっそく貼って、ゲートを目指しました。

悠樹はタクシーの中で寝てたので、元気満タンです。
ちょっと体を動かしてあげないと、と思って靴を履かせてゲート前の待合所で歩かせました。

IMG_20170913_111710b.jpg

おばあちゃんの赤いキャリーケースが良いおもちゃ。

何度も搭乗口(しかも自分らが通るとこではない)の方へスタスタ歩いていったので、
連れ戻しては、嫌だと叫んで注目を浴びてました。
思い通りにならないと、かんしゃくを起こすお年頃。ママはつらいよ。

飛行機は小型だったので、マルは嫌そうでした。
ま、プラハ=ボローニャはそんなに客もいないでしょう。
悠樹は飛行機、ほぼ寝てました。やった。
ほかの皆も少しは寝れました。
雲が多かったけど、たまに見えたのは岩肌の山地だった。
オーストリアかイタリアの山ですね。雪も被ってました。
そしてだんだん、街になってきました。
全体的に赤茶色い。そして畑が多い。
はじめましてイタリー!

空港から駅までは、シティバスで30分くらい。
券売機でチケット購入しました。
前に並んでた10代女子が、大きなお札を使えないと手間取っていました。
すると係員が、10ユーロしか使えないよと教えました。
両替しなきゃいけないよ、と。
そのやり取りを見ていた後ろにいた男性が、
「俺がやるよ」とその係員に言って、係員が通訳。
見た目は恐そうなのになんて優しいんだと感動。。
そして自分らもチケット購入しました。(1m 以下の子は無料)
すぐ側の出口を出ると、もうバス停。
しかもバスはちょうど停車していたのでさっそく乗り込みます。
チケットは機械で刻印します。このへんはチェコといっしょ。

出発を待ってると、さっきの超親切なおじさんが入ってきました。
そして運転席へ。
運転手やったんかい!

ほどなく出発。
その運転手は、お客なのか友達なのかわからないけど、
すぐ横にいた男性とおしゃべりしながら運転していました。

ボローニャは、レンガづくりの街。
法律があるのかと思うほど、どれも同じ赤茶色しています。
プラハの屋根の赤茶色とはちがう、
もっと土の色、古い昔ながらのレンガの色です。
街の雰囲気は、すごく賢そうな印象。しゅっとしてる感じ。
それもそのはず、ヨーロッパ最古の総合大学、ボローニャ大学がある街です。
ボローニャ観光は最終日に置いといて、
わたしたちはひたすらリミニを目指します。

自動販売機でリミニ行きのチケットを買いました。
画面上では、うまく買えたんですが、
チケットはイタリア語でよくわかりません。
マルといろいろああかな、こうかな、と言いながら解読しました。
まだ時間もあり電車ですこし食べたかったので、
駅を出てスーパー探したらすぐ近くにありました。
SPARという店。懐かしい〜。
チェコのこの系列は、albertに吸収されちゃったから。
店内は思ったよりも色々あって、特にサンドイッチや惣菜が豊富!
あんまり迷いすぎたので適当に買いました。
説明読んでもわからないしね。
レジはオールセルフ!
でもイタリア語で分からなかったので、2度ほぼ店員さんに聞きました。
店員さんは観光役に慣れていて、英語でわかりやすく教えてくれました。
ここまでイタリア人の印象、バツグンに良いです。
みんな親切。

駅に戻ってホーム7へ。
こういう新しい場所で、たくさんの情報の中から必要なものを見つけるのは、
マルは苦手なのでわたしが先導しました。
エレベーターで降りて、線路の下をくぐって、また上がるみたいです。
思ったより大きな駅で、地下を結構な距離歩きました。
ギリギリに来なくでよかった…。
途中、どっちかわからないところがあったので、
迷う暇もないし、係の人に英語で聞きました。
看板に書いてあることを聞いてるけど、嫌な顔せず教えてくれました。
ホームにつくと、ほどなく電車がきました。
21ユーロ…結構いい値段のするチケットだったので
いい電車かとおもいきやわりとボロい。。
ここでもこのチケットが本当にあってるか、確認。
駅員さんを呼び止めて聞くと、合っているそう。
入ってみました。

一等車。(二等車は客質も落ちて、怖いかもとネットで読んだので。)
中は外観とは違い、モダンで綺麗でした。
よかった〜。
適当に座ってすぐに、
座席決まってると気づきました。
すこし移動してる間に電車は出発。
さっき買った食料を食べました。
今日一日は、毎回こんな感じの適当な食事です。
悠樹はアンパンマン見ながら。これがないと大人しく座っててくれないので…。
適当に買った惣菜はシーフード入りでした。
わたしは甲殻類アレルギー…。
えびだけはマルにあげました。
しかし、スーパーの惣菜でシーフードが普通に使われているのは、
チェコでは無いものだから、嬉しい!
もちろんおいしかった。

駅の案内板では、4つめの駅と表示されていました。
お母さんは止まる駅を地図で確認して、正しい方に行ってるーと。
イタリア全景地図を買ってウキウキしていたマル母を
マルは役に立たんだろと言ってましたが、
それがこんな場面で使えるとは。
(ちなみにここでしか広げませんでした。)

1時間ちょっとで到着しました。
Riminiの看板をみたとき、ついに、やっときた~!と
嬉しさがこみ上げて来ました。
駅に降りて、やっぱりあたたかい!やった!

さて、ホテルまではバス。
チケット売り場にはおじさんがいました。
初めてボンジョルノ~と言ってみました。
その後はもちろん英語。
ホテルの地図を見せると、あのバス停で11番のバスに乗れと教えてくれました。
チケットも購入しました。ここも1m以下の子は無料です。
バス停にきましたが、路線図のようなものには、
わたしが調べてきたバス停が載ってない。(主要なとこだけ書いているのかな?)
11番バスがきましたが、怖いので念のため
運転手にホテルの地図を見せて聞きました。
運転手さんは英語は得意ではなさそうだったけど、
ガラスに1、8と指で書きながら、
「ワン、エイト」と教えてくれた。
18という停留所で降りるってことだな!
それはわたしが調べてた停留所。あってると確信!よかった!

ここまでイタリアの人はみんないい人でした。ホント素晴らしい。
英語が流暢じゃなくても、嫌な顔せず伝えようとしてくれる。
ここまでのホスピタリティがチェコにもあるのか?
わたしはもはや観光客になれないからわからないけど…。

ホテルの受け付けも感じのいい女性だった。

というわけで、やっとこさ、到着!!!!
計画通りに順調に到着できてよかったー。 
色んなサイトや旅行記を見て、予習してたのがよかったと思います。
それがなければもっと手間取って、不安だらけだったことでしょう…。
先人たちに感謝感謝

ホテルの部屋に入れたのが18時前でした。実に10時間の旅となりましたね。
しかし、部屋は思ったより狭い!
エレベーターも狭かった…。
ちょっと、うーんという感じ。四つ星なのに。
ま、あとから思ったのは、このへんのホテルはどこも狭そうです。
(外から見る限り。)
見た目がアパートみたいなホテルも、三ツ星だったりするし。
そしてまぁ、住めば都じゃないが、泊まれば都。
と、二日目には思えるようになりました。(いや、都はいいすぎだけどな、、)

もう夕方のこんな時間だけど、やっぱり海で泳ぎたい!
着替えて海へ出ました。

P9130224b.jpg


ホテルから道路一本挟んですぐがビーチ!

P9130265b.jpg


足つけるだけで冷たい~。
が、マルとお母さんは入っていきました!
マルは大はしゃぎ~!ざぶーん!

P9130252b.jpg


寒くないのかと聞くと、浸かってたらあたたかいらしい。母いわく。
ゆうきは初め、広大な景色にキャッキャと喜んでいました。
人生初めての、砂浜!海水浴!
最初は砂でわちゃわちゃ遊んでました。
マルたちが海のほうへ入っていったら、怖がらずに入っていきました。

P9130230b.jpg

P9130235b.jpg


でも入ってみて、やっぱり怖かったみたいで、
ふぇふぇ言い出しました。
確かに、ゆうき目線になってみると、波も目の前に迫って来る感じになるので
怖いと感じるのも無理はありませんね。

P9130239b.jpg


そのあと砂浜でまた遊んでました。転んで顔が砂だらけになってました。。

P9130263b.jpg


マルたちが、意外と水があったかく感じるというので
わたしも入ってみたくなって、マルといってみましたが、やっぱり冷たいものは冷たい1
ゆうきは寒そうにしていて震えはじめたので、すぐ帰りました。

軽くシャワーし、夕飯どうしようとなって、
今からゆうき連れて出掛けるのも大変なので
マルとお母さんがスーパーに買いに行ってくれました。
でもサンドイッチくらいしかなく、ゆうき食べれるものもなかったので
4軒スーパーまわってくれました。
4軒目は大きな教会の近く、、相当街の方まで歩いてきたらしく、
軽く観光して帰ってきた。
屋台のようなところで売っていたピザも持ち帰りしてくれて
初イタリアピザー!パン生地もふかふかでおいしかった!

そして10時過ぎにはみんなベッドの中。。
今日はぐっすり寝よう…
とおもったら、予約サイトからメールがきて、
予約がキャンセルされたと書いてある!え!?
マルはパジャマまた着替えてレセプションへ。。
結果、「NO PROBLEM!」とあっさり。
…よくあることなのか?

まそんなこんなで移動日は終わりました。
あと4日分の日記あります。(長っ)
スポンサーサイト

アルゼンチンステーキGran Fierro

マルの同僚の方が転職されるとのことで、
ミニミニ送別会でお食事に行きました。
送別会といってもその同僚のUさんと、わたしたち3人だけです。

マルとUさんはほぼ同時期に入社し、
なかなかウマも合うようです。
わたしは2度ほどお会いしただけだったのですが
相変わらず気さくで楽しい方でした。

仕事ができる人で、この転職もキャリアアップ。
彼ならではの視点で色々とお仕事や業界のことを語って下さり、
なんだか久々に興味深い、意義あるお話を聞かせてもらったように思います。
お仕事のお話もスケールが大きく、ワクワクするようなお話でした。
そしてマルの仕事に対するビジョンも少し知れたような…。
おうちでいたらそんな話は真面目にしないですしね。
わたし自身にとっても普段の主婦業では接点のない世界のお話で、楽しかったです。
他にもゆうきの話や、U氏のカノジョのお話、旅行のお話など…。

場所はGran Fierro、アルゼンチンのステーキハウス。
イメージしていた感じよりもオシャレな内装のお店でした。
なかなかのお値段でしたが、その分やっぱり美味しい!

IMG_20170909_165658b.jpg


料理を注文する頃は店内も暗くなっていたので
写真は撮れず…。

前菜にお肉のカルパッチョ(Carpaccio de lomo)と、
サラダ(Grilled Salad)をみんなでシェア。日本人らしく。
メインにわたしはお肉とソーセージの盛り合わせ(Parrillada)、
マルは250gのステーキを食べました。もちろん、焼き加減も選べます。

アルゼンチン人の店員さんたち(多分)がバツグンに気さくで
特にちょっとオネエっぽいお兄さんが良いキャラでした。
食後にもう一度メニューを貰おうと合図を出すと、
両手をパン!と合わせて「デザートね!」(脳内で勝手にオネエ語変換)
メニューを持って来てくれてさらに、
「これがアルゼンチンの伝統的なデザートよ、クレープにクリームが入ってるの」と説明。
その後しばらくして、こちらから呼ぶ前にまたパン!
「さて!デザートは決まった?」と聞きに来てくれました。

料理も雰囲気も店員さんも
また行きたいなと思わせてくれる素敵なお店でした。
なかなか、気軽に行けないですけどね…。

シークレットパーティー

に、参加してきました。

といっても怪しいものではありません。

本人に秘密で企画された、誕生日パーティーです。

マルの同僚のOさんが主催し、その奥さんのNさんの誕生日を祝う会だったのですが
そんな計画があるということはNさんに秘密!
友人の協力を得て秘密裏に準備をすすめてきたようです。

しかも小芝居付き。
もう終わったからどんなだったかを書いてもいいですね。

パーティー会場は、とあるレストラン。
キッズスペースがとっても充実した、ファミリーに嬉しいお店です。
そこのひと部屋を貸し切りました。
当日、午前中にOさんは、あらかじめ注文していた誕生日ケーキを
ピックアップしてレストランに運びます。
そして家族でお昼を外食します。(そのレストランの近くで。)
一方会場のレストランでは続々とOさんNさんの友人家族が集まります。
全部で20人程いたかな?
で、Oさんがそろそろ食事のお店から出るという頃、
会場にいるAさんにこっそり連絡。
Aさんは電話をしているフリをしながらレストランを出て、
「偶然」Oさん家族と出会います。
Aさん家族にご挨拶をするということで、Oさん家族はレストランに入ります。
するとそこには…

花火の着いた、ギター型の特大誕生日ケーキ!!!

友人達の盛大な「ハッピーバースデー!!!」

Nさんの驚いた顔。
そしてNさんの子ども達も、それ以上に驚いていました。
そりゃ、なんの期待もせず入っていった部屋で
いきなり花火が火を噴いていればびっくりするよね。

その後はしばし歓談タイム。

あまり知り合いのいないわたしたちでしたが、
ちょこちょこお話をさせて頂きました。

ゆうきはというと、最初は寝起きで、そこそこ機嫌がよかったのですが
だんだん雲行きが怪しくなってきたので、
一緒にキッズスペースに行きました。

IMG_20170902_162504b.jpg

一部屋全部が遊び場になっていて
なんと土日はベビーシッターもいてくれるそうです。
子どもはここで遊ばせておけば、
親達はゆっくり食事とおしゃべりが出来るという訳ですね。
素晴らしすぎる。
ただ、大きな子どもたちがハイテンションで遊び回っているので
ゆうきくらいの、よちよち歩きでまだ何もわかってない子はちょっと怖い。
なのでわたしも着いていきました。

ゆうきくん、初めはこわごわ…でしたが、次第にすんごく楽しそうに遊んでいる
お兄ちゃんお姉ちゃんたちの様子を見て
自分からボールプールの方に入って行きました…。
おぉぉ…どうしよう。
しかし好奇心を止める訳にはいかない…
ということでわたしもボールプールの中へ…。
パーティ用に少しオシャレしてきたのになぁぁ…!

IMG_20170902_153701b.jpg

初めてのボールプール。

子どもたちがはしゃぎまくっている中で
一番安全そうなところに陣取り、ゆうきを遊ばせました。
入ってみると、いや、なかなか楽しいじゃないかこれ。笑
自分もなんかウキウキしてきちゃいました。
ゆうきはボールを投げたり、ただ周りの子どもたちの様子をみたりしてる中、
こんなところに大人がいるのが珍しいからか、
やたら子どもたちが私に寄って来てくれます。

「ねぇ見てて!!」
「こっちでこうするよ!!」
「いいこと考えたーわたしを埋めて!!」←ボールに埋まりたい。
「宝くじしようよ!!!ボール入れて!!」

右から左から、もうモテモテです。笑
わたしには目が二つしかないのよー
そして本気で投げて来られるボールや
全力の体当たりからゆうきを守りつつ、
あっちへ愛想、こっちへ愛想。

初めはほとんど、その誕生日会に来た人の子ども達だったのですが
しだいに、チェコ人、英語をしゃべる何人?の子どもも寄って来てもうカオス。
しまいには出たいのに、NO!!!と言われる始末。
楽しい悲鳴。

そんなこんなで子ども達と楽しく遊ばせて頂きました。
どんな遊び場かマルも見たそうだったので、途中で交代。

その間私は何人かとお話ししていましたが、そろそろ帰る時間かなーと思い
マルとゆうきを呼びに行ったら…

IMG_20170902_175756b.jpg


わたしと同じ状況に遭っていました。笑

パーティーもすごく楽しかったし、子どもって可愛いなあとしみじみ思った一日でした。
普段子どもと接しないマルは…今までに無いくらい疲れきっていて
夜もゆうきより早く寝落ちしておりました。

シークレットパーティー…
よくある、というわけじゃないけど
チェコ人は驚かされるのが好きかもね…
クリスマスのプレゼントも秘密だしね…
とは、マル談。
プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ