FC2ブログ

チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子・娘と、プラハでのんびりライフ〜
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年06月
ARCHIVE ≫ 2017年06月
      
≪ 前月 |  2017年06月  | 翌月 ≫

ビビンバとお人形

お友達とビビンバ食べて来ました。

プラハで良いレストランないかな〜と探していたら、
かなり上位にランキングしていたお店が
友達の家の近くだったので
一緒に行ってきたのです。

その名もBibimbap

プラハ3区、オルシャンスケーナームニェスティの近くという
ちょっと中心地からは離れている場所です。

IMG_20170628_122742B_20170630043414e3a.jpg

具沢山のビビンバー!
スープ付き。

まさに食べたいと思っていた味で満足。
お客さんもひっきりなしに来店していて
人気のお店のよう。さすがです。

子供用のイスも一台だけあり、ちょうど料理が運ばれて来る直前に
空いたので使えました。

IMG_20170628_122747B_2017063004341446d.jpg

ゆうきくん、(そこそこ)いい子に座っててくれて良かった。

友達いわく、
プルコギも美味しいんだそう。
再訪せずにはいられない。
今度はマルを連れてきてあげたいな。

そのあとは、友達のお家にお邪魔して色々お話。
夕方にゆうきが眠くなった頃お家を出ました。

IKEAに行くという友達も一緒に、バスに乗ってうちの近くまで来たところ、
話しの流れで、人形劇の展示を見に行くことに。

Broučci(ブロウチュチ=虫ちゃんたち)という
古い人形劇アニメがあるのですが
そのときに使われた人形や、その作者の他の作品が展示されていました。
作者はZDENĚK PODHŮRSKÝさん。

BROUCCI.png

公式ページから。

気さくなおばちゃんが話しかけてくれて、
すごく歓迎されました。
展示とかについて、色々教えてくれました。
そして「日本人?」と当てられた。
なぜわかったんだろう〜…
チェコの人は、アジア人見ると
だいたいベトナム人、中国人と思いはるんだけど。

IMG_20170628_162433B_20170630043417968.jpg

IMG_20170628_162813B_2017063004341980f.jpg

IMG_20170628_163653B.jpg

IMG_20170628_163513B.jpg



人形はもちろん可愛いかったのですが、
わたしのツボに入ったのは原画のほう。

IMG_20170628_162628B.jpg

IMG_20170628_163233B.jpg

IMG_20170628_162628B_201706300434171b5.jpg

IMG_20170628_164244B.jpg

色も形も、かわいい〜。ポストカードにしてほしい。

友達と「これが一番かわいい!」と意見が一致した人形。

IMG_20170628_163905B.jpg

デフォルメ感、フェルトの質感がなんともいい雰囲気。

たまたま立ち寄っただけだったけど、すごく満足しました。
帰り際に、ノートにコメントを書いて帰って来ました。
日本人でここにコメント書いた人は初めて、とおばちゃんが言ってました。
スポンサーサイト

チベット料理レストラン

お友達とチベット料理レストランでランチ会をしました。
AMA TIBETAN RESTAURANT
集まったのは、
語学学校時代からの友達2人とその家族、
そしてA子さん。(ブログ→http://odakyugirl.seesaa.net

チベット料理ってなんぞや?
という知識ゼロ状態でしたが、なんとなく興味をそそられ。
リーダー(?)に提案すると即採用。
さて、いざ!

場所はイージャークから歩いて5分ほどのところ。
お店の前にチベットのカラフルな旗が懸けられているので
近づけばすぐ見つかりました。

入り口は階段で地下へ降ります。
おっと…ベビーカーできちゃったぜ。
ここはマルさんの出番です。
車ごと担いで降りてくれます。(トラムでも乗り降り担いでるので慣れたもんです。)
入り口を入って客席のお部屋を二つ抜けると…
中庭!!!
これが結構広くて、なかなか気持ちがよい場所でした。
この日はちょっと暑過ぎたけども…
みんなが日陰に入れるように、パラソルと机の配置を勝手に替えました。笑

皆さんもうご到着。
すみません、わたしたちいつも遅刻してますね…。
今回はトラムの接続が悪かったのです。(言い訳)
小さい子がいるとなかなか出掛ける準備も思うようにいかない…
最近身にしみてます。。

さて気を取り直して注文!!

こっちのレストランでは、いつも飲み物を先に聞いてきます。
飲み物を待ってる間に料理を決めろというスタンス。
だから料理を見たい気持ちを抑えつつ、飲み物チェックします。

わたしが選んだのは、AMAレモナード。
店名がついてるメニューは、
新しいお店に行った時はとりあえずチェックですよね。

IMG_20170624_122727b.jpg

ラズベリー、ショウガ、レモンなどが入ったフレッシュジュース。
ラズベリーのツブツブもしっかり入ってて、美味しかったです。
これはアタリ♪

さて料理。
モモ

IMG_20170624_125322b.jpg

蒸し餃子!名前が可愛い。
これは中身が豚肉なのですが、他にも野菜だけのもの、牛肉なども
ありました。
チベット料理は肉OKなんですね。(鶏、魚は禁止など独特の規則があるようです。)
ピリ辛ソースに付けて食べました。

マルさんは、炒め物。Langsha…ラングシャ?というのかな。

IMG_20170624_125328b.jpg

なかなか塩味が効いてました。米がついてて嬉しい。

食事も一通り終わりましたが、
まだまだ気になるチベット料理。

デザートも注文してみました。

IMG_20170624_134627b.jpg

団子。
ナッツの粉末が沢山入ってるみたい。
なんだかきな粉ボールを食べている感じがしました。

そしてまたドリンクに戻る。
友達が注文していた、チベット茶…。
その見た目…彼女らの感想…
非常に気になり、わたしたちも注文。

チベット茶

IMG_20170624_142639b.jpg

カフェオレ?
それともチャイ??

…いやいや!!!!
塩辛い!!!!

マルさんは、一口飲んで「はい、あげる^^;」とわたしに。

「なんか、クラムチャウダーみたいな…」
と友達が言っていた、まさにその通りでした。
貝の味のない、クラムチャウダー。
飲み物というより、スープかな?と、満場一致。

あとで調べると、チベット茶=バター茶
お茶にバターと塩が加えられているのです。
チベットでは一日10回ほどは飲まれていて、
お客さんをもてなすには欠かせないものだそう…。
わたしは普通に飲めましたが。
とりあえず茶<塩バター湯という感じ。茶っぽさ皆無。

異文化体験、楽しかったです。
お友達はさらにスープとかも注文していました。
きな粉味のする薄味のスープ…。

お友達とのお話も楽しく♪
ゆうきも皆にかわいがってもらってましたが
いかんせん彼が照れ屋なものですから、なかなか打ち解けて遊べません。
ちょっとチラ見して、キャっと顔を隠す…。
抱っこしてもらっても即泣き出して身をよじる…。
あんなに皆が相手してくれてるのに〜。
今だけだぞ、こんな人気者なのは。笑

また集まりましょう〜♪
今度は何料理にしようかな…^^

IDカードとパスポートの申請

ゆうきのIDカードとパスポートを申請してきました。
市役所で行います。
彼の住所登録は旦那の実家(ブルノ)になっているのですが
最近はネットワークが整備されて、住所登録以外のところでも
手続きが出来るようになったそうで。
便利になっていて良かったです。

整理券を取って、待っていると
ほどなくわたしたちの番に。
個室が3つ並んでいて、中に入ると窓口があります。
カメラも設置されていて、すぐに写真が撮れるようになっています。

出生証明書と、親の身分証明書(IDカード)、
費用(IDカード50コルナ、パスポート100コルナ)が必要でした。
思ったよりも費用が安くてラッキー。
写真はそこで撮影です。
マルがカメラに対して横向きに座り、足を組んでその上にゆうきを乗せます。
こうすることで、背景には何も写らないし、座高の高さも調節出来る。なるほど。
係の人がカメラの上にくまのぬいぐるみを置いて
ゆうきがそこに注目している間にパシャリといきます。
撮影の間は、わたしはベビーカーと一緒に個室の外に出て待ちました。
2、3分もかかららない程でした。

呼ばれてまた入ると、画面にゆうきの顔が!!



IMG_20170620_215501bb.jpg


キリッ。



なかなかよく撮れてる!

その写真は、申請書に印刷される写真だそうで、
実際にパスポートなどにつかう写真はもう一度撮るとのこと。
マルが書類にサインし、再度撮影のため、わたしは外へ。

さっきよりも早く呼ばれ、中に入ると…。







IMG_20170620_215509b.jpg



どんより。



え!?
これ!?!?!




もう一回撮るよね???



下向いてるし、体傾いてるし…
何より可愛くない。笑



下向いてても、問題ないからこれでいい、と
言われたそう。

うーーーん。。。
この顔で5年間かぁ…。

どうにも納得いかないけど、もうこれで決定のようです。

IDカード、パスポートともに出来上がりは3週間後。
マルが取りに来る場合は、自分の身分証明書、
わたしが取りにくる場合は、身分証明書と出生証明書が
必要とのことで。

待ち時間も10分ほどだったので、
全部で30分程度で済みました。
かなりスムーズでラッキーでした。


しかし…あの写真だけ納得いかん…。


帰り道、変だ変だとさんざんマルに文句を言っていたら
いや逆に、下向いてるとかちょっと面白いかも…
と思い始めました。

3週間後の出来上がりが楽しみです。

1歳のお誕生日

息子ゆうき、遂に1歳のお誕生日を迎えました。
なんとも大きな節目です。
もちろん、わたしたちパパ・ママにとっても。

ブルノの旦那の実家に行って、お祝いをしました。

午後2時に、義母の妹夫婦が来てくれることになっていたので
朝からなんとなく落ち着かなく、準備。
(本当は旦那の祖父母も来てほしかったのですが
祖父の体があまりよくないということで、来れませんでした。)
特に義母がそわそわ。
ダンドリを決めてテキパキこなしてくれます。
お買い物に行って、注文していたフレビチュキとケーキを
お店にピックアップに行って…。
わたしたちは、お部屋の飾り付けを行いました。

P6170576b.jpg


日本の母が作ってくれたガーランドと風船だけですが、
それでも十分雰囲気は出ました。
風船にはアンパンマンの絵が書いてあったので
それを吊るすのはどうかと思いましたが…。
吊るすと、逆さになるんで…。笑
ま、気にしない。

そして毎17日に撮っている記念撮影。
いつものごとく、なかなか良い顔してくれませんが
必殺技ならぬ必笑技、クシャミを駆使して激写。
クシャミがなぜかブームのようで、大ウケするんです。
最近使いすぎてそろそろ下火になっているけども。。

P6170523b.jpg


お昼をさっと済ませて、あっという間に14時。
おじさん達が来てくれたのですが、その少し前にゆうきは寝ちゃいました。
メンディちゃん(義母のワンコ)が興奮してものすごい吠えたのですが、
それでも起きず。
起きるまでしばらく歓談。
30分くらいでふわっと目が覚めたので、
そこからお誕生会開始♪

まずはお祝いの乾杯をしてから、ケーキにロウソクをつけます。

P6170583b.jpg


そしてプレゼントのお時間。
おじさん達は本とダンプカーのおもちゃをくれました。
義母も本と知育玩具、グリーティングカード、そして金のネックレス!!
1歳の誕生日の思い出に…と、素敵なプレゼントですね。
その入れ物がまた素敵で、クリムトの「母と子」の絵が描かれているのです。
わたしとマルにも、天然石のキーホルダーをくれました。
そちらはこれまたクリムトの「接吻」
お母さん、いつもながら素敵なチョイス!
沢山もらってよかったね、ゆうき。

さあみなさん、飲んで、食べて下さいね〜。のお時間です。

ん、まてよ、何か忘れているような…?

あ!

お誕生日の歌を歌っていない!!

…チェコでは、歌わないそうです。
少なくとも、おじいちゃんおばあちゃんの年代では
あまりそういう習慣がないそう。
他に特に歌う歌もない…。
やっぱりあの歌が無いと、ちょっと物足りなく感じてしまいました。

まあ、いいでしょう。
ここはチェコ式で。

ゆうきはご機嫌に、もらったおもちゃで遊んでいます。
わたしたちもおしゃべり。
ゆうきのこと、プラハ生活のこと、夏の旅行のこと、
マルの仕事やチェコの政治や移民問題まで…。

さっきのケーキも食べました。
1.5kgの大きなホールケーキで、
一人分のカットもデカかったのですが
甘さ控えめのバタークリームで美味しかったです。
しかしこの名前プレート…
もうちょっと上手に書いてほしいけど…笑

しばらくしていいタイミングで、
日本のイベントタイム♪^^
まずは「選び取り」!
本、はさみ、ペン、おもちゃのラッパ、おもちゃのバナナ、
歯ブラシ、スプーン、お金と置いて
彼が選んだのは…
もらったダンプカーのおもちゃ!!
あれ?笑
…なかなか、そのおもちゃを離れなかったんです。
でもなんとか気を引いて、ハイハイしてきて最初に手にしたのは
ペンでした^^

そのあとに、一升餅を背負わせました。
プラハからはるばる持って来ました…お餅。
足震えてましたが、立ちました^^
が、ハイハイとなると、風呂敷で背負わせているので左右のバランスが悪く
餅にもってかれる形で転びまくっていました。
一生、食べ物にこまらず元気に育ってね。


あっと言う間に時間が経って、17時。
おじさん達は帰って行きました。

お誕生日会中におやつをたくさん食べていたゆうきは
夕ご飯を半分しか食べられず。。
おやつはほどほどに…と改めて思いました。

本当に素敵なお誕生日になりました!
お祝いしてくれた皆に感謝です。

もう赤ちゃん卒業だね。
これからも元気で、すくすくと成長してね。

P6170598b.jpg

1歳のお誕生日(プレ)

ゆうきの1歳お誕生日会をお家でしました。

誕生日は17日なので、来週の土曜日なのですが
その日はブルノに行って
おばあちゃんや親戚と一緒にお祝いすることになっているのです。
今うちにあるプレゼントを渡すため、
また、わたしがゆうきにケーキを作りたいというのもあり
お家でプレ誕生会をすることにしました。

P6110279b.jpg

お祝いといえばまずこれでしょう。
わたしたちはお赤飯を食べました。

P6110282b.jpg

マルさんはビール。ノンアルコール。
まさかのジャケ買い(?)したらしい…
このおじさん…何者…。

P6110283b.jpg

ゆうきのケーキは、今食べられるもので。
生地は砂糖バター不使用のバナナケーキ。
デコレーションは水切りヨーグルトと、フルーツで。
シロップで褐変止めしたフルーツはわたしたちが食べました。

P6110290b.jpg

後ろのガーランドは日本のばあば手作りです。
わざわざ、チェコ語で作ってくれたのです。
これだけで一気に誕生日会らしくなりました。
王冠、風船も送ってくれて、本当に至れり尽くせり。

マルはゆうき抱っこ。
わたしはカメラにビデオに持ち替えで大忙し。
お誕生日のうたのCDもかけ、
マルと一緒に歌いました。
この世でなによりも歌うことが嫌いなマルさんでしたが
ワンフレーズだけ歌ってくれました…

わたしも息子のためにお誕生日の歌を歌う日が来たんだな〜と
感慨深い思いでした。
どんな人をお祝いするより、
心の底から嬉しい思いがこみ上げてきました。
だって、まさに今お祝いしているその子の誕生が
実際の自分の体験としてハッキリ記憶しているんですもんね。
誕生日というあの日・その出来事をお祝いしている、という
なんとも不思議な感覚です。

もちろんゆうきはローソクの火なんて消せないので
パパのサポートで一緒に吹き消しました。

本当に素敵な一瞬でした…。
が、慌て過ぎてて、
ビデオを構えたまま録画ボタンを押し忘れていたようで

記録なし…。

涙…。

うん、でもちゃんと心には刻まれた!
(と言い聞かせるしかない)

おばあちゃんと一緒にお祝いする時に
今度こそしっかり記録に収めます。

この前、日本から届いた
お祝いカードとプレゼントをまず渡しました。
可愛くて質の良い服。ありがとう。
水着も可愛い。
上下の繋がった赤ちゃん用の水着に、
マルは「おんなのこみたい〜!」と言うけど
赤ちゃんはこんなもんだ!

わたしたちからは、三輪車をプレゼントしました。
バイク型で、車ではないですけどね。
おもちゃ屋さんで試乗して選んだんですが、
後から気づいたらこれ、チェコで結構よく見かけるヤツでした。
シールがいまいち…です…。
時間が出来たら、私がペイントしてみようと思います。

毎月撮ってる記念写真も撮りました。

P6110377b.jpg

クルテクをしばいてるところ。

P6110422b.jpg

ばあばが作ってくれたベビードレスも
今回で卒業ですね。
とっても可愛いドレス。
これもマルが毎回「女の子〜!」「ダースベイダー!」と
騒いでいたけど…
もう見納めですよ。

一息ついて、もう夕方でしたが
さっそく公園へ。

P6110451b.jpg

まだちゃんと漕げないですが、
座ってハンドル動かしてるだけでも楽しそうなのでよかった。
これから長く使ってくれたと思います。

ちなみに、この笑顔はマルに似ていて、
やっぱり親子だなあと感じた写真です。


素敵な1日をありがとう、ゆうき。
未熟な父・母だけど、これからもよろしくね。

お楽しみボックス

日本の家族から荷物が届きました。
もうすぐ1歳になるゆうきへの、プレゼントなど送ってくれました。
いつもいつもありがとう!
本当に何度も何度も…。

IMG_20170601_170638b.jpg

プレゼントはプレゼントで誕生日まで置いとくとして
他にもおもちゃや食べ物が沢山…!

その中でもわたしが気に入ってるのがこれ。
水で絵が描けるマット!!

IMG_20170601_174914b.jpg

専用ペンに水を入れるだけで、マットに絵が描けるんです。

なにより
まわりにはみ出しても汚れない!(最重要)
口に入れても安心。
画面が大きくてのびのび描ける。
日本すごいよ、パイロットインキすごい。

難点は書き終わったら、乾くまで待たなければならないけど…
(乾いたら消えるのです)

ゆうきはまだ描く・書くことがわからないのですが、
ペンをブンブン振ってたら水が飛んで、
上のようなアーティスティックな絵が出来上がりました。

あと一升餅も送ってくれました。
たまひよの、小分け袋になってるやつ。
約2キロ…
それをEMSで…送料…
本当にじいじとばあばの愛ゆえの贈り物です。
感謝。
当日に背負わせるんですが、その前に練習してみました。

IMG_20170601_181649b.jpg

つかまり立ちはいけてますが、
自立は、出来るかなあ…

他にも色々入ってて開けるのが楽しかった♪
ゆうきが産まれる前までは、
マルへの抹茶お菓子づくしで、
内容物がほぼ緑色(パッケージ)だったけど
ずいぶん様変わりしました。
わたしは、渇望していた梅干しの個包装パックが
最高に嬉しく…
1日1粒大切に味わって食べております。
あと、フリーズドライのとろろいもも美味しい。
米に掛けるまでもなく、そのまま食べて即無くなった。
マル的にはお菓子が少なくてちょっとさみしい感じだけど、
最近ドハマリしているインスタントラーメンに喜んでいました。

海外に住んでみて、やっぱり嬉しいのは
日本の食べ物ですね。
ゆうきに日本のベビーフードも送ってくれたので、
ちょっとずつ食べているのですが、
その香りが、なんとも懐かしい…絶妙なおだしの香り
ご飯をあげている時に
ゆうき、残せ、そしてわたしが食べてあげる…
心ひそかに思っていましたが
やっぱり赤ちゃんも美味しいものがわかるのか、
ペロリンと完食しちゃいました。

日本からチェコに帰って来てから(まだ1ヶ月半くらいしか経ってないのに)
早くも2便目だった、今回のお楽しみボックス。
いつも潤いをありがとう!!
次回も梅干しをリクエスト予定なのは言うまでもない…

日本食レストランHanabi

Hanabiという日本食レストランに行って来ました。
ボーナスが出たので、めったにないちょっと贅沢なランチです…!

お店はメトロの駅Naměstí RepublikyとFlorencの間。
モダンな感じの内装で綺麗でした。
メニュー的にはほぼ日本食のみ。
フュージョン寿司(カルフォルニアロール等)が充実しております。
サムライロールとか東京サンライズロールとかゴジラロール、ネーミングが愉快。
面白そうだからひとつ頼んでみようかと思ったけど、
例外なくカニカマが入っているのでやめときました。。(悲しき甲殻アレルギー)
あと、スキヤキやらしゃぶしゃぶもあり
各テーブルにコンロの設備がついています。

注文時、値段と内容を見比べていちいち熟考している私に
「値段見なくていいよ」と旦那。
こういうところは太っ腹…。
でも見ちゃう…主婦だもん。

で、食べたもの。

IMG_20170603_132003_1B.jpg

手巻き寿司 ホタテとピリ辛ソース

ピリどころがものすごい辛かった。
小さいけどこれで130コルナ。
スタンドに乗っててちょっとアイスっぽくてかわいい。


IMG_20170603_133000B.jpg

マルさんはメインにカツ丼!

予想以上にボリュームがあり、満足感があります。
カツは鶏が豚から選べて鶏にしました。
ちゃんと日本の味で、美味しかった。
でもやっぱりお米は固い…そこだけが。

他にも
焼き餃子

IMG_20170603_132426B.jpg


マグロサラダ

IMG_20170603_131950B.jpg

マグロもまあ冷凍だけど、普通に美味しかったです


天ぷら盛り合わせ

IMG_20170603_132946B.jpg

見た目綺麗で嬉しい。
衣がなぜかカリッカリで固かったけど
これはこれで私は嫌いじゃない。
シイタケの天ぷらもあって嬉しかった。美味しかったです。

どさくさにまぎれて色々頼んじゃいましたな。

それと飲み物(水、ビール)で
合計1000コルナ越えました…。
ぉぉぉ…

ゆうきはベビーカーで待っててもらったのですが、
やはり30分も持ちません。
おもちゃやおやつで機嫌取りつつ…
それでも無理なったら抱っこしたり…
店員さんが優しくて、ゆうきに話しかけてくれました。
ちなみにお手洗いに赤ちゃんのオムツ替え台もあったので
赤ちゃん連れにも優しいです。テーブルの間隔も広いし。
(子どもが産まれて、お店をみる視点も変わってきたな…)


チェコにおいてレストランにある日本食は、
日本人経営のお店でないとガッカリすることが多いのですが、
ここは満足しました。
たまにはこんなご褒美があってもいいですよね。
マルもお疲れ〜ボーナスありがと!
…次もよろしく

ブルノに帰省その2

さらに翌日、日曜日。
午前中から、森のお散歩へ出掛けました。
お母さんが妹さんに聞いてくれた場所だったのですが、
わたしが思った以上に、でした!
一応、目的地は泉のあるところです。
最寄りのバス停からバスで20分くらい?
Útěchovより一つ手前の駅で降りました。
細い自動車道と、建物もまばらなこんなとこ。

IMG_20170521_103629b.jpg

昨日とはうってかわって、晴天のまさにお散歩日和。

さて、妹さんの指示では、バス停から青い印に沿ってまっすぐ。
しかし…早速迷います。まず、どっち?

こちらでは、トレッキングロードが設定されていて
木にペイントされた目印で示されています。
青(主要道路)、赤(長距離または尾根)、緑(側道)、黄(短距離またはショートカット)など
分類があって、それに沿って散歩するというのが山歩き・町歩きの定番です。

バス停の側に、確かに看板があるのですが、
そこはルートの途中。
どっち向きに進めばいいのか、分かりません。
3人でひと討論したあとには、
同じくバスを降りた人たちが皆こっち行ったから、という方へ進むことに…。
さっそく未舗装の道へ踏み出します。

IMG_20170521_104210b.jpg

ずんずん進むと、また分かれ道。
青はこのまままっすぐだから、まっすぐ行こうと言ってみると
「青の方向へ、というのは最初だけよ」と義母。
その後の指示は書いてないとのこと…!!

おぉぉぉ…大丈夫か。

結局、まっすぐ進んだのですが5分も歩かないうちに、
向こうから老夫婦が歩いて来たので聞きました。

「この先には何がありますか?」
「××(マルも知らない名前)という町だよ」
「○○(自宅のある地域)に行きたいのですが、行けますか」
「めちゃ遠いよ。その町にいってからバスに乗らなきゃ」

義母の妹さんによると、歩いて自宅付近まで戻れるらしいので
この道は多分間違い…ということが判明。
引き返し、さっきの分かれ道を曲がって先に進むことにしました。

どんどん森へ入って行きます…。

IMG_20170521_110247b.jpg

IMG_20170521_111226b.jpg

道がわからない多少不安もありますが…
ま、ちゃんと定期的にルート指示があるし、
同じくお散歩している人たちにもたびたび会うし、
気楽に森林浴を楽しみながら歩きました。

分岐路では毎回のように立ち止まって、話し合い。
『どっちに進もうか?』

ルート指示といっても、木にペイントしてあるだけのことがほとんどなので、
この指示がどの道を指しているのか判別しにくいこともあり、いちいち悩まなければなりません。
そりゃ、ケータイで地図を見れば一発でわかるのですが、
3人であーだこーだ言いながら歩いて行くのが、楽しいんです。
ま楽しんでいたのは私と義母で、
マルは暑さでぐったり気味でした。(ゆうきも抱っこしていたし)

人に会わない時間の方が圧倒的に長くて、
この道大丈夫かな?と思うこともしばしばありましたが
途中、向こうからおばあさんが歩いて来たら
「ほらほら、おばあさんが歩いてる道だからそんな大変な道じゃないよ」
なんて判断したり。
ジョギングしている人がいればまたそれも人気のある場所なんだと
ちょっと安心したり。

森の中は涼しくて、風も気持ち良くてとても心地よかったです。

ちなみにゆうきは道中の半分くらいは
パパに抱っこされたまま寝ていました…。

途中から普通の自動車の道に出てしまいました。
でもこれもルートのうちのようなので、
しばらく町の歩道を歩きました。
そこは小さな町なんですが、お家はどれも新しい感じで
でもチェコの定番の形やカラフルな色合いだったりして
とても雰囲気がいいなあと。わたしは気に入りました。

IMG_20170521_120501b.jpg

写真では伝わらないですね…。

IMG_20170521_120700b.jpg

ひとん家を撮るのもどうかと思ったのですが
あまりにかわいいお家だったので…
逆光ですが、実際はもっとパステルカラーでした。
こういう、一つの家を半分ずつ2家族が使っているという形式は
郊外は多いですね。

「こういうとこに住みたい」
と私が言うと
「車がないと不便だよ」
とマルはバッサリ。
…えぇ、そう答えるだろうと思ってたよ。
後から調べたらSoběšiceという町でした。

そろそろ正午です。
お腹もすいてきたことだし、結局、
その町の外れからバスに乗りました。
そこからお家の最寄り駅まで10分もかからなかったのですが、
歩いてたらあと2時間はかかりそうな道でした。

あー楽しかった…とバスで一息ついてたら…
ん、ちょっと待てよ…。

「泉あったっけ??」

「行きのバスの窓から見えたよ」


???

どうやらルートを間違えて、泉の場所に寄らずに歩いて来たようです。
最初の目的地に着けなかったのね…。
でも自然の中で、とても気持ちのよいお散歩を楽しめました。
今度ブルノに行った時は再チャレンジします。泉目指して。

その日の夕方に、また来た時と同じ電車に乗って帰りました。
いつになく、忙しくあれこれ楽しんだ3日間でした。

ブルノに帰省その1

先日ブルノに行ってきました。
日本旅行のお土産などを渡すため、おばあちゃんにゆうきを会わせるため。
それと、マルの友人家族に会うため。^^

金曜日に旦那が有給を取ってくれて、朝から出発です。
朝7時の電車でした。。早い!
というのも、今回はREGIO JETという会社の電車に乗りたくて
1週間前に予約したのですが、その時点でほぼ売り切れ状態、
残っていたのがこの時間だったのです。。
こちらの電車、人気なんです。
なんといってもサービスが良い。そして新しい。
テレビモニターが各席についてて映画やテレビや色々見れるし、
アテンダントが無料でコーヒーやお茶を配ってくれるし、
雑誌やら新聞やらもくれるし…。
ブルノまでの約3時間、快適に過ごせました。
…と言いたいところですが、快適なのは隣でずっと映画を見ていた旦那さんだけで
わたしはゆうきのお世話にお守りを、ほぼほぼずっとやっていたので
ただただ消耗しました…。
(彼もご飯のときには映画を止めて手伝ってくれましたが)
テレビモニターがゆうきのテンションをあげてしまい、
やたらとはしゃぎ、飛行機で日本行った時よりも疲れたように感じました。

あとこの日ブルノ行きがやたら込んでいた理由のひとつは、
アニメフェスがやってたからのようです。
プラハの駅では、刀やらデカイ剣やら持った人たちがぞろぞろ…。
コスプレイヤーです。
みんななんだかウキウキしていました。

久しぶりにブルノのお家に来たわけですが
ゆうきは最初、泣きはしませんでしたが、なんとなく不安そう…。
そしておばあちゃんが近づいて抱っこしようとすると、案の定泣き出しました。
そこからしばらくは、おばあちゃんに人見知り状態、
何をしてもずっと泣いてました。
何度会っても、慣れませんねえ。。おばあちゃん、かわいそうに。。

ブルノについて、一休みして、街へ繰り出しました。
トラムに乗って中心地へ向かうときにも、
コスプレイヤーが街を歩いているのを、見かけました。
この日は金曜日、平日ということで街には今まで見たことがない位人がいて
なんか不思議な感じがしました。
(人気のない中心広場に慣れていた私)
あと、ビアホールトラムも走ってました。→Šalina pub
トラムの中がビアホールになってますよという、チェコならではの代物。

そんな街を横目に、
わたしたちは、気になっていたカフェに行くことにしました。


MARINADA STORE

カフェ+食料品販売といった感じのかわいいお店。

お花が咲いたチーズケーキと
タンポポのレモネードを飲みました。

IMG_20170519_163734b.jpg

こんなカワイイ感じの…いつぶりだろう。。。

マルはサーモンのサンドイッチ。
これがあまりにも美味しかったようで、もう一回注文しました。

IMG_20170519_164804b.jpg


1回目の提供にも15分くらい待たされたけど、
さらにまた15分くらい待ちました…。
ま確かに、待ってでも食べたいくらい美味しかったです。

中庭もあり、奥に結構広いお店だと、帰る間際トイレに行く時に気づきました。
ゆっくりくつろぐなら奥のお席の方が良さそうでした。


翌土曜日は
お友達のレンカ一家と久々に会いました。
レンカはマルの幼なじみで、結婚式の時の証人にもなってくれた人です。
旦那さんと5歳のアニチュカみんなで公園散歩しましょ〜と誘ってくれました。

わたしたちが最初、レンカから貰った行き方どおりに行った場所は、
見渡してもそれらしい場所がなく、どうも様子がおかしい。
ただただ古い家と、森。トラムの終着点。なんか寂れてる。
???
道行く人に、この当たりに公園ありますか?と聞いても「うーん?」という感じ。
あそこかな、と教えてくれた場所は
あまりに小さくて、ボロくて、寂れていて。。。
ここじゃないよな感しかありません。
違うよなあ〜とトボトボ引き返したところ、
レンカから正しい道案内が送られて来て。

一つ前の停留所でした。。。

歩いてそこに着くと、旦那さんとアニチュカちゃんが待っててくれて、
公園まで案内してくれました。
新しく整備されたばかりの公園らしく、
どうりでGoogleで調べても出てこないわけだ、と納得。
川沿いに道があって、ところどころに公園があって、
散歩にちょうどいい感じの場所でした。

IMG_20170520_155255b.jpg

遊具も新しくて、全体的に木で作られててなんか面白いです。

IMG_20170520_164128b.jpg

アニチュカ、さすが5歳児。
こういうものを見ると飛び出して行きます。

IMG_20170520_162644b.jpg

こんな楽しそうな遊具も。ターザンみたいに滑るやつです。
わたしもやりたい…!とつぶやくと、
僕も…!とマルさん。大人用のも作ってくれたら良いのに!

川沿いの道に入るところに、小さな屋台が出ているのですが
そこのコラーチュ(ケーキ)は絶品!!!!
今まで食べたチェコのケーキのなかで一番だったかと思います。
あのケーキを食べにまた公園に行きたいくらい。

一日中、今にも雨が降りそうな天気が続いていましたが
なんとかもちこたえてくれて良かったです。
めちゃ寒かったけど…。
レンカも旦那さんも、わたしが話しについて来れてるか気にしてくれたり
話しを振ってくれたりして
やっぱりとてもいい人たちだな〜と改めて感じました。
マルも、気の置けない仲の友人達に久々に会って
とても楽しそうにしゃべっていました。
そんな様子を見れて良かったです。
普段プラハに居ては、昔からの友達とかとは会えないですからね。
ちょっと寂しそうです。

素敵な友人たちと楽しいひと時を過ごせた一日でした。

ちなみに
レンカには日本のお土産として、ぽたぽた焼きをあげました。
お口に合えばいいな〜
プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコ共和国のプラハ在住。2013年12月にチェコ入り→翌1月にチェコ人と結婚。2016年6月長男、2018年10月長女誕生。
*グラフィックデザイナー。
*プラハ在住の日本人女性3人によるものづくりユニットSankakůのメンバー。主につまみ細工アクサセリー作ってます。(現在育児のため活動休止中。。)
*プラハのよさこいチーム運営サポート。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ