チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      
≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

ペトシーンでお花見ピクニック

イースター休暇最後の休日はプラハでゆっくり。
しかし良い天気だったので、お花見ピクニックに行くことにしました♪
朝からまたマザネツを焼きました。(何度目・・)

IMG_20160328_124543b.jpg

焼き具合よし!形よし!ふくらみ具合よし!
・・・なのに肝心の、クロスマークを入れ忘れました・・・。
このマークがイエスキリストを表しているということで、
マザネツはイースターのパンたる所以なのに、それがないと、、、
まぁただの大きなパンです。。^^;

プラハでお花見と言えば、ここ!
ペトシーン!

プラハ5区、アンデェルからトラムですぐの、
小高い丘です。
桜(というか、さくらんぼの木)をはじめ、
いろんな木が植わってて、山頂までの道は散歩コースにもなってて
私がプラハで好きな場所の一つです♪
地元民はもとより、観光客でも賑わっています。

まだ春に片足つっこんだばっかりの時期なので、
登っていく人はそこまで多くなかったですが
ふもとにある児童公園は大変な賑わいでした。
あと、今山頂へワープできるケーブルカーが
点検のため止まっているので、それで観光客が少なかったのかも。
なんにせよ、人が少なめなのは
ゆっくりのんびりしたい私たちには嬉しいことでした♪

IMG_20160328_142547b.jpg

去年も花見した場所はまだまだ枯れ木状態だったのですが、
端っこの方には綺麗に咲いている白とピンクの木が・・・。

桜だと思ってたんですが、
どうなんでしょう。。。

IMG_20160328_143000b.jpg

少し登ったところ一体は、綺麗に咲いています。
うすーいピンクのお花。でも背は高くない木。
通りがかりの親子連れから聞こえた話では
りんごの木だということです・・・。
そうなのかな!?まあ花見に変わりありませんのでいいのです^^

IMG_20160328_144235b.jpg

持って来たマザネツと、朝から作った三色?団子と、
お抹茶で和風お花見です!!

日本にいるときにお茶の体験をしたことがあるマルと私ですが
お茶を点てるのはマルが上手いです。
手首のスナップの聞かせ具合がさすがで
しっかり泡が立って美味しいく作ってくれます。

IMG_20160328_150837b.jpg


IMG_20160328_143731b.jpg

ただしもはや自己流ですが・・笑

私たちの他にも、地元のチェコ人と思われる人たちがちらほら
あちこちで座って、
カップルは語り合ったり、お一人様は本を読んだり・・
家族連れは同じように座ってピクニック気分だったり・・・
思い思いにのんびりしていました。
1時間程ゆっくり座っていましたが
だんだん曇って来て、寒くなったので早々に退散。

せっかくなので、ペトシーンを登りました。
頂上には塔があります。前に行ったことがあるのでそこはスルー。

IMG_20160328_153350b.jpg

途中からの眺め。やっぱり曇りが残念・・・

そこからプラハ城の方へ降り、マロストランスカー広場を通って
帰ろうと思ったところ・・・。

な・なんと!
日本のテレビが取材しているところに偶然遭遇!!
イモトさんがいました!!
ちまたで今人気の、ソフトクリーム入りトゥルデルニークを
食べているところでした。
初めて見たのでびっくりで嬉しくなって、
しばらく遠巻きながら眺めていました・・・。30分ほど。
そして取材が終わったっぽい頃を見計らって、
握手をしてもらっちゃいました。笑
本当は写真を撮ってもらおうと意気込んで近づいたんだけど、
いやぁ〜なんかそんな雰囲気ではなかった・・・
ビジネス中な感じで・・・
ミーハー?結構結構!笑

実は先日ブルノにいた時に、
街中でチェコの俳優ドヌティロさんとすれ違ったらしいんです。
マルだけ気づいて、私はお店を見てたので後ろ姿になってから
教えられて・・・後悔。。。
ドヌティロさんは「Doktor Martin」というドラマでも見てたし
映画なんかにも沢山出てていい味だしてるおじさんで、いいなあと思ってた方で。
もし気づいてれば・・・あのとき声かけて握手して写真撮ってもらってたのに!
と後から激しく悔やんでいたので
その流れもあってか、今回の私は大胆に頑張りました。笑

こんな思わぬラッキーな遭遇もありつつ、
春のお散歩・花見・ピクニックを楽しんだ
連休最終日でした。
スポンサーサイト

イースター休暇inブルノ

ブルノ!

イースター休暇4連休だったので
ブルノに行って来ました。
のんびりまったり、実家でゆっくりさせてもらいました^^
本当にお母さんはいつも全部すばらしく準備してくれてて
何もすることが無いのです・・申し訳ないくらい!
なんてありがたいT_T
でも彼女にとって、それがごく普通という感じで。

チェコでは子どもに呼びかける時、「Dítě」(=子ども)ということが
ありますが、
たまに私もマルと一緒にそう呼ばれてます。
いつのまにか、私もお母さんの「子ども」になってました。^^
もはや嫁ではない・・・笑
なんか嬉しいです♪

ブルノについて、お家へ行く道すがら、
中心地の広場に寄り道しました。
イースターマーケットやってました。

P1019776b.jpg

IMG_20160325_121943b.jpg

ステージは15時からということで、まだ何もやってなかったのですが・・
屋台や、子どもの遊び場などを見るだけでも楽しかったです。

IMG_20160325_122146b.jpg

なんだか独特な形してるけど、チェスみたいです。

IMG_20160325_122157b.jpg

これは・・・オセロかな?

IMG_20160325_122325b.jpg

ピンク、ブルー、白のソーセージ。
その名も「イースターソーセージ」
ピンクとブルーは初めて見ましたよ・・・
間違っても美味しそうと思って買わないこの色。。^^;

IMG_20160325_123205b.jpg

おいしそうなパン屋さん。
うさぎのパンなどなど買っちゃいました。

IMG_20160327_075427b.jpg

日本の動物パンによくある、チョコペンとかで絵を描くんじゃなく
フォルムでうさぎ感を出してるとこに、パン屋のこだわりが感じられて
なんか気に入りました。
味は、ちょっと甘めのプレーンなパン。

もうひとつ気になって買ってみたのが、
シュトランベルスケー ウシ(Štramberské uši)というお菓子。

IMG_20160327_075337b.jpg

(うん、画像が悪い・・。wikiでどうぞ。→https://cs.wikipedia.org/wiki/Štramberské_uši
マルの同僚が美味しいといっていたものを偶然発見したので。
ペルニークの生地を丸めて焼いたもので、
味もペルニークと同じ感じで、シナモンやショウガ?などのスパイシーな味がします。
モラヴィア地方のシュトランベルクという街で伝統的に作られているこのお菓子。
EUから、地理的表示の保護を受けているんだそうです。
(この名前をつけた商品はここでしか作れない、という感じの。)

で、このお菓子の発祥には伝説があります。
昔、タタール族がこの地に攻めて来ていた時。
ある大雨の夜にこの地元の住民はダムを造って、それを壊し
タタール族のキャンプ場を水攻めにしました。
干上がった時に発見されたのが、
タタール族がキリスト教徒を征服した証に耳を切り取って集めていた袋でした。

という、忌まわしい征服者に反撃を食らわせたこの出来事を記念して、
このお菓子が作られるようになったそうです。
・・・なかなかのエピソードです。笑
でもこのお菓子は美味しかったですよ。

さて広場を歩いていると、
やっぱりここでも国の警察がパトロールしていました。。
警戒レベル1になったチェコ。ブルノもしっかり見張られています。

ブルノのお家に着いてから、お母さんとお昼を食べて
色々話をしてました♪
家中、イースターの飾り付けをしてくれてたり、
色付きのゆでたまごを用意していてくれたり
マザネツにナーディフかというイースターの料理も準備してくれてたり
イースター気分も存分に満喫できました♪

IMG_20160325_134946b.jpg

IMG_20160325_141243b.jpg

デザートまで。ティラミスなんですが
ポマザーンコヴェー マースロ(pomazánkové máslo)というのを使ったそうです。
これ↑はチェコ&スロバキアの伝統的な商品とのこと。
サワークリームと脱脂粉乳、バターミルクパウダーから作られていますので
マースロ(=バター)とついていますが、バターではないんですって。
味はしっかりちゃんとティラミス♪♪おいし♪ただ、重い重いデザートです。。笑

さて翌日はわたしとマル二人で
レドニツェに日帰り旅行をしました。
それはまた別記事で書くとして・・・。

その翌日は、もう帰る日。
なんと早い・・・あっという間。
もっとゆっくりしたい〜笑
この日は日曜日だったのですが、
チェコのイースター定番のあれをしました。

ポムラースカで男が女の尻を叩く!!!

ここにはマルしか男性がいないので、
みんなのお尻をぺんぺんしました。^^
歌もありますよ〜
Hody Hody Doprovody…
去年の記事にも書きましたね^^

今年は閏年だから、女性も男性を叩くことが出来るそうです。
マルはこれを知らなくて、だいぶ長いこと疑っていましたが(笑
調べてみると、この習慣?は20世紀に入ってからの新しいものだそうです。。
女性の地位が強くなったひとつの表れ?笑
というわけで、私もマルをぺんぺんしました。^^
もちろん、メンディちゃんも女の子なので、叩いてもらいました〜

IMG_20160327_074213b.jpg

遊び道具と思ってるメンディちゃん。笑

そんなブルノでのまったり休暇でした。

レドニツェ日帰りの旅〜後半

さてお昼ご飯でお腹も満足したところで、再び庭園を散策〜

お城の窓からも見えた、ミナレットという、なんかトルコ式?の塔が、庭の端にあります。
そこまでぶらぶら歩いて30分。
庭園の大きな湖をぐるっと回る感じの道をのんびり歩きます。

IMG_20160326_151006b.jpg

庭の真ん中あたりからお城の方。

IMG_20160326_151017b.jpg

そしてミナレットの方。(まんなかの白っぽい塔、見えるかな・・・)

P3269793b.jpg

違う場所からの景色。逆さミナレット。
「日本人の好きなやつだ〜」と
マルはテレビで仕入れた情報を思い出して喜んでました。

庭園は今は寂しい枯木ばかりですが、
夏に来たらさぞかし緑が綺麗なんでしょう。
鴨や白鳥がいて癒されました。

IMG_20160326_150207b.jpg

橋もかかってて、この木の格子の感じが、ちょっと和を感じました。
「円」=マルに見えたので、記念撮影。

途中、船着き場の当たりで
イースターのイベントとマーケットがあるというので、
それも楽しみにして来たのですが、
来てみると意外とこじんまりしてました。。
会場の中心は出し物ステージになってて、
演劇のようなもの、戦いの様子を見せるものなど、
子供向けのプログラムでしたが、なかなか楽しめました。

IMG_20160326_110359b.jpg

IMG_20160326_111656b.jpg

これは手動の小さなメリーゴーランド。
ミニチュア感がかわいかったです。

ひとつだけ演目を座ってみました。
戦いのパフォーマンスと書いてあったので、
大人同士が昔の戦いのデモンストレーションでもと思ってました。
が、それもしましたがほんの少しで

IMG_20160326_113551b.jpg

IMG_20160326_114042b.jpg

そのあとは、子どもたちが参加してゲームをして
キングを決めるというものでした。
パフォーマー兼司会の方がさすがに上手くて、
子どもも観客ものせて盛り上げていました。

司会「王様への賛辞は!?」
→SLÁVA!!(スラーヴァ!)と言って帽子を投げる。
これを観客でやってましたが、みんなの帽子があっちこっちに飛んで
面白かったです。

IMG_20160326_140433b.jpg

ミナレット到着〜
ここもプレオープン中。入場料は50コルナです。

階段は302段(くらい)あるそうで、、、
やめようかなと一瞬おもったけど、せっかくなので登りました。
・・・だんだん登り始めたことを後悔し始めた頃、、
途中の展望所に到着。続いてまたもうひとつの展望所を越えて
最後のひとふんばりで頂上へ。

IMG_20160326_141927b.jpg

おぉ・・・いい眺め。
さっき見ていたお城があんな遠くに見えます。
一番上の展望所だけ、石の囲いじゃなくて、柵になってたのが
なんとも恐怖を煽ります、、
しかも大人がすれ違うのはもう精一杯の狭さな上、
ちょっとでも下を見ちゃうとクラッときます。

IMG_20160326_141938b.jpg

人が点々にしか見えない・・。

さて、また同じ階段を降りまして(こっちの方がずいぶん楽だった)
またまたぶらぶらお城の方へ戻ります。

結構な距離はありますので、馬車や船も出ています。

IMG_20160326_144207b.jpg

IMG_20160326_105820b.jpg

さて〜帰りのバスまであと1時間半というところです。
もう少し時間があれば、もう一カ所行きたいお城があったのですが
バスで一駅くらいの距離にあるので、ちょっと厳しいかな、と思い。
そのへんで時間をつぶすことにしました。

カフェでお茶タイム〜。

そういえばここは、マルが社員旅行で泊まったホテルのカフェ。

店内もテラスも賑わっています。(このへんカフェが少ないからね。)
ケーキ10種類以上あります。
ナッツが乗ったチョコケーキと、コーヒーなどを注文しました。セルフ式です。
ちょっと晴れて来ていたので、外で座ることに♪
外のテラスは、隣のレストランと兼用になっているようです。
しかしちゃんと使い分けている感出してました。
私たちが座ったのはレストラン側だったので、大丈夫かな~?と思いながら、
結局ふつうに座ってゆっくりしました。

IMG_20160326_153558b.jpg

ケーキはチョコクリームとバタークリーム?が半々、
優しい味のスポンジで、全体的に甘すぎなくておいしかった。

このときだけちょっと晴れてちょっと暖かくなっていたので
のんびりしました。
そしてゆっくりバス停へ・・すぐ近くだけど。

バスを待っている時に見かけたびっくりさん。
曇り、気温6度くらいの中で、アイスを食べる大人に子ども・・・。
寒いのに、ほんとうになぜ?チェコの七不思議のうちのひとつだと思ってます。

ところでバスは定刻よりも5分以上遅れて到着しました。
帰りの電車も、来る時と同じように乗り換え2分しかありません。
私たちの前後に並んでいる人も、時間を気にしてやきもきしている雰囲気。
早く・・早く・・・!それだけをただひたすら祈ってました。
そしてマルは時間通りに運行しないバスにイライラし、不満を漏らしはじめました・・

しかしそんなピリピリした雰囲気の
帰りのバスの中で、ほっこりする一幕がありました。

バスは満員。通路も立っているお客さんで埋まっている中で
子どもが前方から「パパーのど乾いたー!」
パパは離れたところに座っていて、そこから、
「そっちに持ってかなきゃだめか!?」
ほほえましい親子のやりとりに笑顔になる乗客たち。^^
すると後ろのほうから全くの他人と思われるおじさんが
「おう!」と元気よく返事。
乗客から暖かい笑い声が漏れます。
パパは、ペットボトルを近くの立っている乗客に渡して、
「これ前に送ってくれますか?」
そうしてペットボトルリレーか始まりました。
親子だけじゃなく、バス全体に広がった素敵なやりとりに
ほっこりしちゃいました。
マル「チェコ人優しいでしょ^^」
さ「うん、チェコ人にはね、、」
マルはうん、そうだね、と納得した感じでした。笑

そして・・・そして・・・
そんなほっこり気分で到着した駅。
この最後の最後に、大変な目に遭ったのです。。
やっぱりただでは終わらない、電車の旅。泣

バスが到着すると、乗客は一目散に駅に駆け込みます。
見ると、電車はもう停車している!!
しかし反対のホームなので、地下道を通らなければ行けません。
走る!走る!みんな走る!!
出発まであと1分・・・!!!

・・・
しかしホームに着いた頃には、
もう電車は出発していたのでした・・・。
呆然とする30人程のバスからの乗客たち。
ホームの時計は、電車の出発時間のほんの少し手前を差しています。

・・・ん?
電車、ちょっと早く出発した??

どうしよう、と立ち往生する人々。
マルの怒りは最高潮。
バスの遅延の時点でもうかなりイライラしてたのに・・・
さらにボルテージが上がりました。

事前に調べていたことには、
この特急電車は2時間に1本です。泣
こんな何もないところで、2時間なんて・・・。
イライラする気持ちをなんとか抑えながら
再度、他のルートがないか調べましたが、
1時間後に来る鈍行列車が、
最短で帰れる方法というのがわかりました。。
それ以外の選択肢は、ありません。

かくして一時間待ちになってしまいました。
仕方なしに、小さな待合室に入り、そこで時間をつぶします。
マルを初め、乗客が次々と駅の窓口にクレームを言いまくります。
ひとしきり言い切ったら、もう観念して皆座って待つことに。
しかしあるグループは、「Tak, jdeme na pivo!」(じゃあビール飲みにいくか!)と行って
駅から出て行きました。
さすがチェコ人。

難民と化した我々です、、、
マルの気はなかなかおさまらなくて、
チェコ鉄道のホームページから電話して、文句言いました。
そこでクレームをフォームから送ってくれと言われたので
電車を待つ1時間の間、ほぼずーーーっとクレーム文章を書いていました。
気持ちは分かります。。。
こういう小さな意見のひとつひとつが、
悪名高いチェコのサービスを
改善して行くことになるんだと信じています。。

1時間後に来た電車は、特急ではなく、鈍行。
来るときは30分くらいで着いたのに、今度は約1時間かかります、、、
クレームに付け加える要件がまたひとつ増えた、、笑

しかし、駅のホームからみた夕日はなんとも綺麗でした、、

P3269803b.jpg


そんな愉快なレドニツェの旅、存分に楽しんできました。
色々あったけど、全部よかった^^♪♪♪
今度は夏に来てみたい場所です!!

レドニツェ日帰りの旅〜前半

レドニツェへ、ブルノから日帰り旅行に行って来ました。

どこか旅行に行きたい・・・
でもあまりお金は使いたくない・・・

では日帰り旅行だ!!^^♪

レドニツェはマルは2回行ったことがあって、
そのうち1回は去年の秋、社員旅行で。
世界遺産にも登録されているお城とその庭園があり、
とても綺麗良かったそうなのでわたしも行ってみたかったんです。
ちょうどよかった^^

朝から、電車とバスを乗り継いで行きます。
まずブルノの中央駅から、ポディヴィーンという町へ。
(どうでもいいけど、「変人」という意味の名の町・・・笑)
特急列車だったので、綺麗な車両でした。ラッキー♪
1時間もしないうちについたので、乗り換え。
しかしここでの乗り換え時間は2分しかありません・・・
初めての駅でこれは、なかなか恐怖です・・・!
到着前からそわそわして、着いたらやたら焦って早足で駅から出る私たち。
その横でゆーったり歩いてるおじちゃんおばちゃん。
幸いにもバス停は、駅舎のすぐそばにありました。

で結局、さっきのんびり歩いてた方々もみんな、
同じバス停に並んで待つことに。
みんなレドニツェ行きだったのね・・。
慌ててた私たちなんだか恥ずかし・・・。笑

バスも新しくてこれまたラッキー!でした。

バスに揺られて20分ほど、
2駅先の、レドニツェの中央広場駅で降りました。

IMG_20160326_093308b.jpg
広場の像。
ここまできたら、もうマルは地理感ばっちりです。
こっちだよ〜と案内してくれるに従い、
ひとつ角を曲がればもうお城の一部が見えてきます。
マルが社員旅行で止まったというホテルの横を通って
いざ世界遺産の世界へ^^♪

昔貴族が住んでいたお城があり、
その周りに広大な公園のような庭園が、
とにかく広い敷地が広がっています。
IMG_20160326_095052b.jpg
その中に湖もあり、川があり、見張り台のような塔があり・・。
散歩には最高の場所です。
今回はあいにくの曇りで、しかも木々は冬景色のままなので
ちょっと寂しい印象がありますけどね。

さてまずはお城の見学をしましょう!
レドニツェのお城はガイド付きで見学できます。
本当は4月から通常営業なのですが、
イースター期間だけプレオープンみたいな感じで、特別に開場しています。
到着して9:45くらい。
もうチケットは発売されてました。
10:00からのチェコ語のツアーに参加します。
外国語のツアーの方はより高いです。
コース1は、1階の案内で、主にお客さんを迎えるようなお部屋ばかり。
(他にも、2階の案内とか、絵画展示室とかも。それぞれ別にチケットが必要です。)
ひと部屋ごとにガイドさんが説明してくれます。
今回のツアーも総勢50人程もいたでしょうか。
このお城は三代目で、いまの建物が出来たのは1800年代。
かつてはリヒテンシュタイン家の持ち物だったそう。
(色々説明してくれていましたが、曖昧です。間違ってたらゴメンナサイ。)

IMG_20160326_094925b.jpg
鹿の頭がいっぱい、、、石像か何かと思っていたら、何と角は本物。
その下にはその鹿をしとめた人の名や日付、その鹿の重さなども書いてありました。

マル「奈良県人として許せないでしょ!」

うん、まぁ・・・、、、

しかしここにある角は、奈良の鹿さんたちを連想するには
あまりにも立派すぎて、なんか別の動物のような感じがしました。
トナカイっぽいすごい角です。

IMG_20160326_100604b.jpg
巨大なシャンデリア。
天井まで50m、重さ、、忘れましたが、相当のもの。
ゴージャス〜。

IMG_20160326_102336b.jpg
やっぱり優雅な天井。

IMG_20160326_102944b.jpg
応接間かな?
青い色が綺麗です。

IMG_20160326_102951b.jpg
その天井。
どこもかしこも、この木の彫刻がものすごい綺麗です。

IMG_20160326_102859b.jpg
こちらもサロン的なお部屋。ザ・貴族。

IMG_20160326_101524b.jpg
チェコで一番綺麗と言われていた人の肖像画。かわいい感じですね。

IMG_20160326_102013b.jpg
チャイナルームもありました。
中国の調度品などが使われています。

IMG_20160326_103656b.jpg
日本の壺というのもありましたが
描かれている人の顔とか姿は、なんだか中国っぽい絵柄でした。

IMG_20160326_103358bb.jpg
一番圧巻だったこの螺旋階段。
ひとつの木でできていて、釘も使ってないのだとか。

IMG_20160326_103438b.jpg
この細かな細工、全体のダイナミックな造形、凄すぎです。
美し過ぎて、いつまででも見ていたい感じです。

IMG_20160326_103832b.jpg
他の部屋の天井。紋章が飾ってあります。
それより天井の木の彫刻がただただすごい。。

IMG_20160326_104503b.jpg
サロンの大きな鏡。


他にも逸話がいろいろありました。
食堂の大きな鏡は、女性が見ると1年後に綺麗になる。
しかし男性がみると、禿げたり、歯抜けになったりするらしい。笑
もちろん見学客も、女性は見て、男性は見ないようにして通っていきました。
でも結構上についてて、私は見えませんでした、、、

ツアーは50分ほどで終了。

IMG_20160326_104653b.jpg
お城の裏側も綺麗。

そろそろいい時間になったのでお昼ご飯へ!
一旦敷地から出て、街中のハンバーガーを食べに行きました。
(先週頃からこだわりのハンバーガーにハマっている私たち)

Berger klubへ。
20席くらいの小さなバーガーショップ。
マルは一番大きい、肉が300gも入ったスペシャルなバーガーを注文。
わたしは今月のバーガーを。
注文して座ってると、隣の人のが運ばれてきてました。

・・・普通のハンバーガーでも、思ったよりだいぶでかい!

食べれるかな、、?
と待っていると、ほどなく私たちにも運ばれて来ました。

IMG_20160326_122642b.jpg
どーん!!!
こちらマルの注文した、
その名もThe Beast!(獣)。

IMG_20160326_122708b.jpg
こちらの写真で、サイズ感が分かるでしょうか。。
刺された二本のオニオンリングがまるで、目。
獣というよりカエルみたいなハンバーガーでした。
食べにくいので結局、
パテ2枚、フライドポテト、オニオンリングを抜いて先に食べ、
普通のサイズに落としてから手でかぶりついて食べました。

IMG_20160326_122659b.jpg
わたしのは、キノコのソテーやルッコラが入ってて、適度ないい感じ。
でもボリュームはたっぷり!
そしてセットにしたのでコールスローとドリンク付き。
パンがふわふわで、表面はカリッとしててとってもおしいかった~


後半へ続く・・・

緑の木曜日

今日は緑の木曜日。

イースターはキリスト教で一番大きな祝日で
信仰心のさほど深くないチェコ人にとっても
半分お祭りのような感じで、盛大にお祝いされています。

イースター前の木曜日からはそれぞれ特別な日になってて、
今日は緑の木曜日と言います。チェコでは。
で、緑のもの「だけ」を食べる日です。ほうれん草、キャベツ・・・atd.
一年が健康で過ごせるように。
なんだか節分の豆とか、おせちとか
そういうのに通じる感じがしますね。

昨年、一昨年は、
この日だけ特別に飲める緑のビールを飲みに
居酒屋に行っていたものですが
今年はお酒無しで、手作りでやってみました。

ランチ〜

IMG_20160324_130539.jpg

ほうれん草のパラチンキ(クレープ)
南ボヘミアのほうれん草のロール
キュウリのレモネード

どれも簡単。
基本は、小麦粉・卵・塩こしょうをした生地に
ミキサーでペースト状にしたほうれん草をいれるだけ。
ロールの方は別立てしてふわふわ卵白をいれました。
ほうれん草の味はあんまりしないのに(笑)色だけはしっかりしてる。

多分肉系はだめなんだけど(?)
レシピに載ってたしおいしそうだったから
チーズ入りです。

レモネードはキュウイも入れてみたんだけど
けっこう薄味でした。
お店で出されるレモネードは
相当甘くしてあるんだな〜と実感・・・。

そして、ついでに今まで作った
イースターっぽい料理。

IMG_20160320_134022b.jpg

ベラーネクという名前のヒツジのケーキ。
生地が型に対して足りなくて、
なんだかスリムなヒツジちゃんになっちゃいました。笑
これはしばらく飾っておいたりするので
水分の少ない、固めの生地です。
でも美味しかった・・・^^(←もう食べたヤツ)


IMG_20160319_130653.jpg

ナーディフカ。
詰め物、という意味なので本当は
鶏肉等に詰めてる用の生地、みたい。
でも今はこうやって食べるのも一般的。
ほうれん草のオムレツみたいな感じ。

IMG_20160319_131921.jpg

本来は、イラクサ(触ると痒くなるひどい草)を使うんですが
庭とかで採るような雑草なのでスーパーになく、
ほうれん草で代用です。
これも別立てでふわふわの卵白を使いました。
特徴は、ロフリークというパンをいれてるところ。
チェコ料理、このパン結構、料理に使います。謎。
最近のレシピを見て作ったので、肉入りバージョン。
パン、肉、卵、野菜と全部インした完全食ですね!(なんかちがう。)

季節のお祝いを楽しむ一番手っ取り早い方法、料理♪
楽しんでます。^^

スープ祭り&トラム120周年フェスティバル

午後からイベント二つをはしごしてました。

まずは、トラム120周年フェスティバル。
(120 let elektrické dráhy Praha-Karlín-Vysočany)
プラハ〜カルリン〜ヴィソチャニを走る
トラムが120周年記念だそうで、そのお祝いフェスティバルが
プラハ9区でやってましたので行きました。

ステージではちょうどコンサート。

IMG_20160319_153937b.jpg

「TŘEHUSK」というバンドが歌ってました。
海や川に関する歌ばかりということでこの衣装。
ヴルタヴァの歌なんかもあったりして、
居酒屋で演奏するような、明るい楽しい音楽が、
チェコらしくってとても素敵でした。

屋台も沢山出てて、いつものように
ビールにワイン、パラチンキ、トゥルデルニーク、ランゴーシュをはじめ
ハンバーガーやペルニークなども・・(食べ物ばっかり)
あとは子供向けのワークショプとか。
興味をそそられたのは
むかし(おそらく120年前頃?)に実際に使われていた
品物の展示。

IMG_20160319_155044b.jpg

鉄道員の制服や、バッジや、道具から
軍隊の制服や、銃剣、大砲まで置いてあって
見応えがありました。本物かな・・・。
・・が狭いスペースに人が集まってたので
あまりよく見れませんでした。。
遠目で、人の隙間から覗き込むだけ・・笑
実際にその当時の服装をしている人もいて
雰囲気ありました。

IMG_20160319_154905b.jpg

オルゴールおじさん。
手でレバーをまわすだけでかわいい音楽が流れます。

人ごみに疲れちゃったので、
移動です〜

こちらはスープ祭り。
定期的に、色んなフードイベントをやっている
ナープラフカで。(川の西側、アンデェル側です)
入場料が要りますが、入り口で手にスタンプを押してくれるので
これで出入り何回でもOK。
さらに雑誌2冊と、試供品のクノールのちょっといいブイヨンを貰いました。^^
沢山のスープメインの屋台が出てて、目移りしちゃいました。
私たちがいったのは、もう4時頃で、
ちらほら売り切れ・・というのも見られました。^^;

目当ては、ラーメンでした。
これもチェコでは、スープに分類されるのです。
ベトナムのフォーとかも全部
「(メイン料理の)スープ」というジャンルにされてますので
ラーメンもうどんもそばも、みんなスープになるようです。
ネットの告知上には、ラーメン写真がでかでかと載せられてたので
楽しみにして行ったのですが・・・
一度全会場を通り抜けてみても見当たりません。泣
売り切れてもう早々に店じまいをしてしまったのか・・・
単に宣伝写真だったのか・・・
わかりませんが・・・。

肌寒い気温5度ほどの時でしたので
暖かいスープで暖まりました。^^

小さなサイズを150円〜250円くらいの価格で
販売してます。
さらに、サイドメニューとして?ちょっとしたおやつやパンなども
売ってました。

IMG_20160319_170225b.jpg

こちらは魚介類のスープ。
ほんとはココにパンがついたらしいのですが
もう無くなっちゃってたので
10コルナ割引してもらいました。^^
なんか懐かしい味・・・貝の味かな?すごく濃く出てて美味しかったです。

次にはこちら。

IMG_20160319_170948b.jpg

カボチャスープなんですが、
マンゴーとショウガ入りというオリジナルレシピ。
そこにバジルオイルがトッピングされています。
マンゴーの果肉も入ってて、
フルーツの爽やかな感じがあり、とっても美味しかったです。
これをいつかうちで再現してみたいと思いました。

マルは歩き疲れてお腹がすいたので、
ハンバーガー。スープちゃうやん・・笑

IMG_20160319_172709b.jpg

さっきのトラムのお祝い祭りでも
ハンバーガーにものすごくそそられていた彼。
しかしこちのブラジル料理屋台では、
普通のパテのハンバーガーは売り切れていて、
細切れ肉炒めのバーガーでした。
ちょっと残念。
でも美味しかったです。

この時間だからか、
一番行列が出来ていたのが、
ベルギー料理屋台。
そんなにベルギーはいいのかと思いきや、
みんなが買っているのは、フライドポテト。笑
汁物ばかりでは飽きちゃうのでしょう・・・
サイドメニューって大事ね。

グラーシュ、じゃがいもなど定番のスープもあれば、
フランス、イタリア、ロシア、グルジア、ベトナム、タイ、ペルーなど
いろんな国を押したのもあり。
ベジタリアンとか、ビオ食品とか、こだわりのお店も。
意外と(チェコ人が苦手な筈の)スパイシーなものもちらほら売ってて、
トムヤム(クンは書いてなかった)は何店舗かで見られました。

座るところもちゃんと用意されてます。

IMG_20160319_173330b.jpg

後ろにヴィシェフラドが見えて、なかなかのいい景色。
曇りなのがちょっと残念ですが・・。

IMG_20160319_173525b.jpg

夕方でもこの賑わい。
お昼にはもうごった返してたことでしょう。

食べてお腹いっぱい、ほっこりしてると
川の上で鳥が沢山飛んでます・・・。

IMG_20160319_174708b.jpg

川の中の魚かなにかをとろうと、急行下するような行動や
飛んだり泳いだり自由にしている様子を観察しながら
まったりしてました。

IMG_20160319_173847b.jpg


川を流れる何か・・・

あ、ランゴーシュ!?

だんだん近づいて来ましたが本当にランゴーシュでした。
空飛ぶ円盤ならぬ、川ゆく円盤・・・
しかも、等間隔で5・6枚流れて来たんですよ。笑
誰かが故意に流したとしか思えない・・・!

これを見て、鳥は最初はおそるおそるつついてましたが
食べ物だとわかると皆我先にと取り合っていました。笑

7時までのこのイベント。
6時になるころには、各店舗値下げセールを始めました。
ほとんどが100円で。
最初に大きな声で値下げを売り出したのはベトナム屋台のおにいちゃん。
さっすが、商売がうまいね。笑

すてきな土曜日でした。^^

スペイン・ホールでクラシック鑑賞

プラハ城のスペイン・ホールでクラシック鑑賞してきました♪

久々の音楽鑑賞^^
今年のプラハの春は行けなさそうなので、
その代わりといっちゃ何ですが、
何かコンサートに行きたいなあと思ってたのです。
パルドゥビツェ・チェコ室内フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、
バッハやメンデルスゾーンなどの室内楽でした。
日本人のバイオリニストさんも所属されていました。

会場は、プラハ城内の、スペイン・ホールというところです。
ここがまたもう豪華絢爛で!
上品な気持ちでクラシック音楽を聞くにはぴったりの場所ですね。

バゲットサンドイッチ屋さんで軽く夕食を食べて腹ごしらえ・・・。
わたしたちは「フランスのお店」と読んでます。笑
バゲットも美味しくて、大好きです・・久々に行きました。

トラム22番で「プラハ城」駅へ。
歩いてすぐです。
こんなに楽に行けたんですね・・・
今まで、いつもプラハ城に行くときは、マロストランスカー駅(メトロ)か
マロストランスケーナームニェスティ(トラム)あたりから
歩いてました。。。
コンサート向けの服装してるので、乗物で近くまで行けてよかったです。

入ってすぐは、玄関ホール。
こちらはシンプルな感じ。どことなく共産主義の会場っぽい。
巨大なマサリクさん(チェコの元大統領)の銅像が民を見下ろしています。笑
高そうなソファがあり、ドリンクカウンターもあります。

しかし、、、ご老人が多いことにきづく。笑
「こんなにグレーを見たのははじめてだね」
と、マル。笑

10分くらい前に、ボワワーーンと銅鑼が鳴って、
メインホールへの扉が開かれました。

中は・・・・

IMG_20160318_192650b.jpg


きらきらしてる・・!!

一気にムード高まります!!

全体的にあったかい光に包まれてて、
多きなシャンデリアがキラキラ光ってて、
壁などの装飾がそれに照らされてゴールドに輝いてます。
大きな窓と、その間のだまし絵。
天井にも一面、装飾!


IMG_20160318_192755b.jpg

いやークラシック。
クラシックコンサートと聞いて想像するような、雰囲気。

席は、一人掛け椅子が並べてあるだけなので、みんな同じ高さです。
この椅子もまたこの会場に合った、クラシックで高そうな(笑)感じ。
私たちは結構後ろだったので、楽団員の動きはしっかり見えなかったのですが
指揮者や、コントラバス(後に面白いパフォーマンスをしてくれる)に注目してみてました。
座席指定。
椅子に紙みたいなのが貼ってあります。
でも全部にちゃんと貼ってなくて、
自分で数えてそこまでたどり着かなければなりません。
いや簡単なことですけど・・・この不親切さはさすがチェコ。笑

始まるまで、皆自由にお喋りしたり
記念撮影したりしていました。

ほどなくコンサート開始。
ささっと団員さんが入ってこられます。
日本人のバイオリニストさんを発見!
しかし内側に座られたので、ほとんど見えなくなっちゃいました・・

音楽はやっぱりいいわ〜
演奏はさすがの一言。
私が昔中学のクラブ活動で汗水たらしていた
フルートが目立つ曲が一曲目。
とっても綺麗〜!
オケの中でやっぱり輝いている〜!
他の曲では、高校時代に汗水をたらしていた(笑
クラリネットもよく目立ってる曲もあって耳が幸せ!

そのあとピアノ協奏曲、若いお兄ちゃんがバッハを弾きました。
でもなんか、響きすぎるのか?それとも私が後ろすぎるのか?
あまりピアノが目立ってなくて、ちょっと残念・・

30分休憩を挟んで、
全部で2時間ほどの演奏会でした。

IMG_20160318_203415b.jpg

↑休憩中に、舞台の近くで。

アンコールも1曲してくれましたが、
そのときにコントラバスの
お二人のパフォーマンスが面白くて釘付けでした。笑
スネアに合わせて立ち上がったり、
一番の最後の盛り上がりのところで、
二人で固く握手したり。笑
サービス精神に拍手です。

素敵な時間に感謝♪^^

帰りにトラムの駅まで行くと、
ツアーバスが5台くらいも止まっていました。
どれもドイツの会社のもの。
そりゃ、会場でドイツ語が飛び交っているはずだわ〜

くもりの日の散歩

街中を散歩、散歩。
あいにくの曇り空で、たいして気持ちのいい日ではないけれど・・・
それなりに暖かくなってきたので、久しぶりに街の方へ散歩に出かけました。

IMG_20160316_115602b.jpg

ストジェレツキー島。ヴルタヴァに浮かぶ、島の公園。
木もまだまだ葉っぱ無し・・・
曇りだし、なんだか寂しい印象ですね。

その足で、ペトシーンへ。
今はケーブルカーが工事中で、歩いて登るしか無い。
なのでますます人が少ない・・・。
ここは春になると桜が沢山咲く、花見にもってこいの場所なのですが
やっぱりまだまだ茶色い枝ばかり。

IMG_20160316_121715b.jpg

と思ってたら、遠くの端っこの一部だけ、花が咲いている模様!

IMG_20160316_121916b.jpg

IMG_20160316_122040b.jpg


近寄ってみると・・・この一帯だけ咲いてました。
種類が違うのでしょうか??

IMG_20160316_121946b.jpg

やっぱり春はこれですね〜^^
暖かくなったら、また花見に来よう♪

IMG_20160316_123623b.jpg

しかし高台から街の方を見ても、うん、やっぱり、どよ〜〜ん・・・笑
秋からずっと、こんな天気です。
雨が降ってないだけ、まし、いい天気と言えます・・・。
そりゃ、気分も落ち込みますわね。

そしてそして、プラハ城へ・・・。
今日はよく歩く。
あいかわらず観光客ばかりです。中国人多い。。

しかし桜も見れたし、春の訪れを少し感じられるようになってきました。
早くこいこい、春よ〜♪



おまけ
駅のエスカレータ横に、今週頭ぐらいから掲示されてたこのポスター・・・

IMG_20160316_104616b.jpg

「3月17日木曜日は大変寒くなります」

・・・ポスターで天気予報??
それって・・・意味ある??笑

ただでさえ、当たらないことで有名な
天気予報なのに・・

さて、本当に木曜日はタイヘン寒くなるのでしょうか。
乞うご期待。

トルティーヤランチ

色々作ってみるのにハマってる週末。
今日はトルティーヤまきまきパーティ!

好きなのになんか食べる機会がなく・・・
それならうちでやっちゃおう♪^^ということで。

IMG_20160313_122731b.jpg

トルティーヤは小麦粉と、全粒粉を混ぜて作ったので
香ばしい香りもいい感じです。

右端のトマトサラダがなかなかのヒット!
チェコ人の方の、とあるブログのレシピの通りに作ってみましたが
作り方はとっても簡単。
トマト、赤パプリカ、紫たまねぎ、エシャロットをみじん切りにして
オリーブオイルと、シーソルト、レモン汁、胡椒であえるだけ。
なのに、すんごいツボにハマって、
マルも美味しいとぱくぱく食べてくれました。
レシピには他にコリアンダーとか、
ライムとかも書いてあったけどそこは省略。

IMG_20160314_121433b.jpg

エシャロット・・・チェコ語でšalotka(シャロトカ)で
普通にスーパーのたまねぎコーナーに売ってます。
なんか、懐かしい・・と思ったら、みょうがを彷彿とさせるシルエットですね!
サイズもそれくらいだし、
切るとちょっと紫がかってて、それもまたみょうが風。
味はやっぱりたまねぎですが・・。

IMG_20160313_120208b.jpg

これは、何かソースないかな〜と探してた時に見つけた
その名も「Tofunéza」・・・豆腐のマヨネーズ。
健康志向のコーナーにあり、変な添加物も入ってない感じだったので
ちょっと試してみました。

マヨネーズといっても、チェコでよくパンなどにつけてつかう
タルタルソースのような感じで、ちょっとネギのようなものも入ってました。
さっぱりした感じで、いい感じにトルティーヤのアクセントになりました。
が、マルさんは。。。ふーん・・・・・・という感じでした。笑


それにしても焼きたてのトルティーヤが食欲を増進させるったらもう。
こういう系にあんまり外では興味を示さないマルさんも
食べ過ぎて、食後はう〜っとうなってました。笑

ヨゼフ・ラダのイースター

先週末から、旧市街広場(スタロマーク)でも
イースターマーケットが始まってますね!
色使いが明るくて、気分も明るくなりますね。
やっぱり春はこうでなくちゃ!
たまたまいい天気の日に出かけたので、覗いて来ました。

IMG_20160314_094855b.jpg

デコレーションは毎年違っているのですが、
今年のテーマは、「ヨゼフ・ラダ」!
チェコで国民的人気を博する彼のイラストで
あちこちの屋台やら建物が飾られており、
まさにラダの絵の中の世界に入ったみたいです。
上の写真左下の、黒猫ミケシュは彼の代表作です。

IMG_20160314_095039b.jpg


IMG_20160314_094352b.jpg

昨年のクリスマスもラダのイラストをテーマとしたデコレーションをしていたのですが、
こちらも大人気で、
あるアメリカのネット記事では、世界一素敵なクリスマスマーケット、と
紹介されていたこともありました。。
それにイースターも乗っかろうという感じでしょうか。笑

IMG_20160314_094949b.jpg

沢山出てる屋台の屋根の下の部分にもそれぞれ違ったイラストが♪
可愛いですね。

IMG_20160314_094512b.jpg

イースターマーケットならでは、
イースターエッグが沢山売ってましたよ。
手作りで色んな綺麗なイラストが描かれていて、ひとつ70〜80コルナ。(350〜400円)
本当に卵に書いてあるのもあれば、木に塗っているものなど色々。
本当に沢山ありすぎて、逆に選びきれません・・・

あとは暖かくさえなってくれれば、
春気分最高なのですが・・・。

それにしてもヨゼフ・ラダの力は凄い^^

朝からマザネツ

また作った、マザネツ。
マルが前に、出来立てを食べたい〜!と言っていたので
朝3時に起きてこねこね作りました。^^
私が朝に食べたかったので。。

IMG_20160313_081818b.jpg

焼き過ぎたーーー!!!笑
焦げかけの手前ギリギリ・・・笑

でも今回も中身はちゃんとふんわりできました。
パン作り楽しい〜
焼いている間に、うち中に甘い、いい香りが漂い
マルも起きた瞬間、あ!と気づいたそう^^
なんて幸せな目覚めでしょう・・・

喜んで食べてくれたので、早起きした甲斐がありました。
たまにはこんなこともしてみても、いいです。
たまにはね・・・^^


IMG_20160314_143124b.jpg

うちのイースターコーナー。
ミニミニサイズですが、前より少し賑やかになりました。笑

ひよことニワトリは、羊毛フエルトで作りました。
売ってる物で、なかなかいいのが見つからなかったので・・。
後ろにたたずんでいる青いうさぎたちは、
チェコで有名なオリオンというメーカーのチョコです。
この季節、スーパーでこんな感じの、
うさぎ型のチョコが色々売られています。
あとお花を飾りたいけど・・これも良いのが見つかりません。。

イースターは来週末。
それまでにまだまだ充実させたい気分です^^♪

IKEAマスター

先週IKEAで買ったクローゼットが配達されて来ました。
9時から13時の間に届けます、という約束だったのですが、
9時15分くらいにはもう来ました。
多分配達の一番近くの家だったのでしょう。ラッキー♪

早速マルさんが組み立てを始めました。

IMG_20160312_110732b.jpg

ドライバー1本で今までベッドもソファも組み立てて来たIKEAマスター。笑
うちには工具セットなんて良いものありませんよ!

2mくらいある大きなクローゼットですが、
2時間もかからないうちに完成させました。さっすがプロ!笑
あっという間に楽々出来ちゃいました。

しかし!!
そうは問屋が卸さない。
出来上がったクローゼットはこちら・・・

IMG_20160312_133609b.jpg

何か違和感ありますか??



そう・・・


取手がないのです・・・。


観音開き扉なのに。笑


取手を付けるのにドリルが必要だというのです。
そんな説明書きはどこにも無かったのに。。。
なすすべ無し。

・・・

ひとまずこれで完成です!


扉の一番上に手を掛ければ、開けられます。
が、私は背伸びしなきゃ届きません。
まあ開けられないこともないので、ひとまずこのまま使ってみます。

IKEAマスター、ここに来て工具というトラップにやられちゃいましたね!笑


しかしおつかれさま^^


お昼はペペロンチーノを作りました。

IMG_20160312_123906b_2016031222214118e.jpg

ファルファッレというこのリボン型のパスタはマルのお気に入り。
なぜならフォークで刺しやすいから。笑
一人暮らしをしていたときはこれを大量に作り、ちょっとずつ食べていたそう。
置いてたらくっつくでしょ〜と思うのですが、
しかしそうなったとしても、なるべく手間をかけたくないのが一人暮らしというもの。
ええ私も知っていますよ。笑

私「もっと唐辛子入れたらおいしいね〜」
マル「もっとにんにく入れたらおいしいね〜」
いつもながら、好みはそれぞれ・・・^^

昼ご飯のあとは、完全にお疲れモードのマルさん。
ソファで気持ちよい昼寝タイムを心ゆくまで堪能するのでした。

そばの実とレンズ豆でリゾット

なんでもないお昼ごはん。

この前のそばの実の残りを使って、
レンズ豆も投入した色々リゾットを作りました〜

IMG_20160311_115044b.jpg

野菜たっぷり。
あれこれ、なんでもあるものを入れちゃえっ!と
いわゆる冷蔵庫お掃除メニューとなりました。

作り方は簡単、
野菜を軽く炒め、水を入れて煮込み、野菜ブイヨンを投入。
さらにそばの実とレンズ豆を投入して15分も煮込めば完成です。
そばの実は炊いてるときの香りが、独特で好きです♪

IMG_20160311_115055b.jpg



チェコって基本、ワンプレート料理で十分って感じで
これ一皿で立派なお昼ご飯です。らくちん。笑


おいしーのですが、豆類はおならがホントによく出るようになる。。笑
そばの実も、結構。。。
特にマルさんは腸が弱いのか強いのかなんなのか、
ちょっとの量でも反応すごいので
あまり一度に大量にはたべられません。笑

イースターはすぐそこ!

Velikonoce jsou za dveřmi!
イースターはすぐそこ!

あちこちでイースターマーケットも始まっていて、
いよいよ春の訪れを感じる今日この頃です。

天気はいまいちですけどね・・
連日曇りで、いやな天気で、
マルさんなんかは、ずいぶん長い間体調不良です。
このどんより天気がよくないらしい・・

それでもマーケットやスーパーの催事の
イースターの雰囲気を見ていると心が明るくなるものです。
黄色、緑が基調で、そこにオレンジなども加わって
この色合いがとっても綺麗なんですね。
なので、うちの中でもイースターの準備をして
春気分で少しでも気持ちを明るく持とう〜と思い、、
こまごま飾りなどを集めています♪

そして今日はイースターによく食べるというパンを焼きました♪
その名も・・・Mazanec(マザネツ)。
日本語のWikipediaには「ホットクロスバン」と載っていますね。

甘いおやつパンで、レーズンとアーモンドが入っていて、
朝食に食べたい感じのふかふかパンです。
チェコでよく見るのは、直径20cmくらいある大きな丸い形ですが、
初めて作るので上手く出来るかどうか分からず、小さめにつくりました。笑

パンをこねるときの・・
そしてパンを焼くときのなんともいえない、良い香り・・・
手作りの醍醐味ですねえ
あとはうまくパンになっていればいいなと願うばかりでした。笑
(前に何度かひとりで作った時には、、、失敗としか言えないレベルでした。。)

IMG_20160309_171851b.jpg


できたー
なかなかいい感じです。

あつあつですが、割ってみました。

IMG_20160309_172544b.jpg

おぉ。。。
ふっくらしてる!!
はじめてパンづくり成功したかも!!笑

ちょっと味見をしてみたら、柔らかくっておいしい。
自分でもびっくりです。笑

マルが仕事から帰ってから、夕食に一緒に食べました。
しかし、もうすでにちょっと固くなりかけていて・・・
やっぱり出来立てが一番だな〜と実感。
それを話すと、僕のいる時に焼いて!と、もっともなリクエストを受けたので
今度は日曜日に何か焼こうと思います

またイースターが近くなったら
本来のマザネツの、でっかいサイズで作ってみたいと思います♪

ム・ドゥ・ジュ

3月8日は何の日・・・?

それは「MDŽ(ム・ドゥ・ジュ)!!!」

国際女性の日です。もともとは女性の権利向上のための運動を記念した日だそうです。
今では、全く政治的な意味あいはなく、
ただ単に女性の美しさや母性やありがたさ!?をたたえる日として、お祝いされています。
日本ではあまり馴染みのない記念日ですよね。
(近くに雛祭りがあるからと推測。
 それともやっぱりまだまだ女性の社会的地位の低さからかも・・・)

上記の不思議な呪文のような言葉は、チェコ語での略称です。
Mezinárodní Den Žen・・・
子音を入れずに発音するとよりチェコ語っぽく聞こえて良いです。

チェコでもこの祝日は人気です。
共産時代から盛んにお祝いされていたそうです。
元々はアメリカの社会運動からだったのに・・皮肉ですが、
やっぱりチェコ人女性強し、という雰囲気を感じます。笑
あちこちでお花が飛ぶように売れていました。
やっぱりチェコでは、こういうお祝い事には花束です。
ガーベラ、チューリップ、薔薇なんかが沢山売っていました。
まだまだ寒いチェコですが、こういう綺麗なお花を見ると、
心だけ春にお出かけしちゃいますね〜

マルからも、朝に「おめでとう^^」と言ってもらい、
仕事帰りにプレゼントを一つ貰いました。
それは綺麗な花束・・・ではなくて、
お菓子でした。笑

IMG_20160308_191714b.jpg

この渋い缶は、Marks&Spencerのスコットランドのショートブレッド!
こういうときのプレゼントにちょうどいいものが売ってるので
よく利用します。
というか、マルがちょっとしたプレゼントを買って来てくれるのは大体ここ。
缶が可愛くて、あとからも使えるというのがまた良い・・。
今回のは、なんかすごい渋いけど。

IMG_20160308_191905b.jpg

開けてビックリ、予想より大きなショートブレッド。ひとつ5cm×5cmくらい。
一つ食べるだけでも、あぁなんという量のバターと砂糖を食べているんだ・・と
恐ろしくなりますが。。。
もちろん文句無く美味しいので、ちょっとずつ食べましょう。
・・・できるかな。笑

花より団子のわが家でした。笑

ケシの実プリン、キノコとそばの実クバ

週末作ったお料理のおはなし

★ケシの実プリン★
ひな祭りのデザートで使ったプリンの素がまだ余ってるので
アレンジしてケシの実を入れてみました。

チェコではケシの実(mák マーク)はとってもポピュラーな食材。
パンの中身とか、ケーキとかにもよく使われています。
カルシウムも多く含んでいるそうで。

IMG_20160306_155127b.jpg

普通にプリンを作る家庭で、混ぜてる時に粒を投入。
出来上がりはごまプリンみたい・・
プチプチした食感で、やっぱりごまプリンぽくて、美味しかったです。

★キノコとそばの実クバ
そばの実(pohanka ポハンカ)をメインになにか作りたい〜というところから。
マルの会社で、こればっかり毎日食べてる人がいるというので
そんなにいい物なのか・・と私もマルも興味津々。
そばの実も、チェコで昔から食べられていた定番の穀物。
最近は、グルテンフリーの健康食として再注目されているみたいです。
レシピは、伝統的なクバにしました。
キノコを炒めて、そばの実を一緒に少し煮込み、オーブンで焼いて仕上げるという料理。
肉料理の食べてはいけないクリスマスイブの食事としてもよく食べられているそうです。。

IMG_20160307_114457b.jpg

すぐに火が通るので、長時間煮込む必要がないのが楽。
煮込んでるときは、かき混ぜないように・・ルチンが流れてしまうから。
キノコは、フジブ(hřib)という香りが良い乾燥キノコを使いました。

IMG_20160307_114519b.jpg

ゴーダチーズとルッコラで仕上げ〜
オーブンでちょっと焼き過ぎたけど、美味しかった。
味付けは塩こしょうだけだけど、キノコからいい感じに味出てました。
そしてレモン汁を絞るとまた美味しい。
そばの実はプチプチした食感。
なるほどひき肉の代用として、ベジタリアン料理に使われるのもうなずけます。
GIもそんなに高くないみたい。

どちらも美味しく頂きました^^

ひなまつり ちらし寿司と3色プリン

お雛様は無いけれど、ちょっとでも気分を楽しみたい!
ということで、ひなまつりな夕食を。

IMG_20160303_190241b.jpg

ちらし寿司と3色プリン♪


さてお昼からお買い物です。

いつも行く定番の韓国食材屋さんと、Bioショップ(country life)をハシゴして
必要なものを買います。

Bioショップでは、なんと日本製の甘酒の素も売ってました。
これはドンピシャ!と思いながらも、気軽なお値段ではなかったし
デザートももう考えたし、ということでやめました・・・。
あと、ヨーロッパで作られてるAMAZAKEなるものも。
これは以前、興味本位で買ったことがあって、なかなか美味しかったのですが
ジャムのような感じで食べるものになってたので、これもパス〜

IMG_20160303_133930b.jpg

たまたま見つけたこのプリンの素。
グルテンフリーです。
そして抹茶味がある!!!
これは買ってみましょう♪

韓国食材屋さんは、いつもはNáměstí míru近くのところに行っていましたが
わりとうちからはアクセス不便。時間もかかるし。
ところが、ウェブを見てると、他の場所にもあるではないですか!!!
今まで気づかなかった・・・。
それも、上記のBIOショップにほど近いトコロ。
ラッキー♪
そちらでは海苔買いました。
(50枚入り、約950円・・これでもスーパーより安いです。)

帰りに普通のスーパーにも寄ってみて、
元々買うつもりだったプリンの素を探します。

IMG_20160303_133857b.jpg

Dr.Oetkerという老舗・定番のメーカーのこちら。
白いからちょうどいい♪ココナッツ風味らしいけど・・・。

お家に帰ってさあ料理開始!
色々していたら3時間程かかりました・・・

ちらし寿司は日本のちらし寿司の素を使います〜
日本から送ってもらっていた、そして特別なときの為に置いてあった
貴重食をいよいよ使い切る時が来ました・・・
ケーキ型に、肉そぼろをサンドして薄い台の形にしました。
(型がちょっと大きくて、あまり高さを出せなかった。。)
お雛様とお内裏様のところは、ネットでアイデアを集めました。
そのほかの飾りは適当です。
海鮮は高いので、野菜で彩りです^^;

プリンは少量ずつ作って、冷蔵庫で固めて待って、次のをまた作って・・
なのでめんどくさいというか、時間かかかりました。
しかも、白部分を一回失敗してしまって。。。
いくら待っても固まらない!!(翌日でもまだ固まってなかった。。完全に失敗・・)
その部分をのけて、もう一度プリン液から作り直しました。。
余計に時間と精神力を消耗しつつ。。
ピンクのところは、イチゴのプリンの素を使わずに、
余った白にラズベリージャムを混ぜて作りました。
これが以外と成功。ココナッツ+ラズベリーはなかなかいい組み合わせでした。

ちょっと帰りが遅かったマルを待って、一緒に食べました。
昨晩にひな祭りの話をしてた時、女の子のお祝いの日だね〜と言ってたので
うちでは何もしないと思ってたらしい。
どれも美味しいと言ってくれましたが一番は、このピンクのブリンだったそう。
抹茶の部分は、ちょっと薄味だったかも・・・。
あとお内裏様の、帽子部分がえらく気に入って写真に撮ってくれてました。^^

今度は、もっと余裕を持って準備しよう〜・・・
一日で買物回って、料理して、さすがに疲れます・・
ま、楽しいからいいのです。
プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ