チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2015年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年10月
ARCHIVE ≫ 2015年10月
      
≪ 前月 |  2015年10月  | 翌月 ≫

ピアノのサロンコンサート

ピアノコンサートに行って来ました。
たまたまその日、当日開催のイベントを探してたら見つけたコンサート。
曲目を見てみるとピアノとソプラノの構成。
ドヴォジャークのスラブ舞曲連弾や
ショパンの革命が聴けるということで
コレは行くしか無い!

ピアニストはRichard Pohl氏、
連弾の方はJiří Hrubý氏。
お二人でslovanské klavírní duo(スラブピアノデュオ)として組んでいるそうです。
名前が良いね。
そしてソプラノ歌手のXing Xingさん。

夜7時半開始だったので、軽く夕ご飯を食べて、いざ
会場のドヴォジャーク博物館、2階のサロンへ。


IMG_20151010_190855bb.jpg


IMG_20151010_191044b.jpg

IMG_20151010_191104b.jpg
博物館入場料50コルナくらいは必要かな〜と思ってたら
なんと入場無料とのこと。
2階へ上がってみると椅子も30脚くらいしか並べられていない小さなサロン。
お客さんは私たち含めて6人でした。

ソプラノ歌手の方が中国人というのもあってか、
中国人のお客さんも2人、ドイツでピアノを勉強してる台湾の方が1人、
(少ないお客さん同士もなんとなく仲良くなり話してたので、聞こえて来た・笑)
で私に、マル。あと英語喋ってたおじさん。そしてチェコ人のおばさんたち。
そのような状況をからチェコ人の方が少ないということがわかり、
ピアニストの方は英語で説明をしてくれました。笑

でもそんな小さなコンサートでしたが
演奏はもうもったいないくらいすばらしかったです。

ピアノはペトロフのもの。

IMG_20151010_201551b.jpg

見た目も素敵ですが、
これがまた凄く響くんです。
このピアノの特徴か、このサロンの構造上か、
その両方か、分からないですけど
今までピアノコンサートで聴いて来た感じと違いました。

さらに開始一曲目からスラブ舞曲46−1の
超華やかな曲です。
音のきらびやかさに圧倒されました。

他にもスラブ舞曲 46−7、72−4、72−7も演奏されました。
今まであまり聴いてなかったですが、好きになりました。

連弾と交互で演奏されたのがオペラ曲。
ソプラノ歌手の方がメインになります。
彼女の歌も良かったです。
オペラは全然興味が無かったのですが
人間の声は楽器と同等かそれ以上の美しさがあるなと
最近やっと感じられるようになりました。
あんな音がどこから出るのかまったく不明です・・。
で、歌ってる方の表情も好きです。
中国語のオペラ曲もありました。
ヴェルディの椿姫のSempre liberaには圧倒されました。
人間の声って凄い・・・

そして合間に弾かれたショパンのエチュードop.10-12「革命」。
ピアノを引き続けたモチベーションだったショパン、
ずっと聞いてた曲です。
今までにも日本で何度か演奏を聴いたことがありましたが
何度聞いてもその時その時で新しい感動があります。
このよく響くピアノ、サロンコンサートということで
距離も近く、室内もよく響く。
間近でピアニストの弾く姿も手も見られて
いやいや、すばらしく気持ちがよかったです。
隣に座ってたおばあちゃんは、泣いてたようです。
もちろんドヴォジャークもいいけど
私にはやっぱりショパンが心のよりどころだなーと
再確認しました。

マルも一緒に聴いてくれました。
どうだった?と聴くと、
「表情がすごかった。」とのこと・・笑
曲に合わせて感情豊かに全身で演じるところを言ってるみたいです。
私は、そうやって気持ちよく自分の世界に入って弾いているところを
見るのも好きですけどね。
「あと、オペラ曲は耳が痛くなった。」という
クラシックへの興味からはまだ一歩も二歩も遠いマルさん。
よく私に付き添ってくれたよ。笑

素敵なピアノコンサートでした。
あぁ、ピアノ弾きた〜い〜^^

ちょうど、このデュオの方の演奏動画みつけたので。↓
いや生はこの100倍感動しますから!!!!
スポンサーサイト
プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコ共和国のプラハ在住、フリーのデザイナー。プラハ在住の日本人女性3人によるものづくりユニットSankakůのメンバーのひとり。2013年12月にチェコ入り→翌1月にチェコ人と結婚。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ