チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2015年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年03月
ARCHIVE ≫ 2015年03月
      
≪ 前月 |  2015年03月  | 翌月 ≫

ブルノ将棋大会&お友達のカフェ

旦那と、日本人の友達二人とブルノへ行って来ました。
語学学校で知り合った彼らが、ブルノで開かれる将棋大会を見てみたいという話を聞き、
せっかくなので一緒に行って案内することにしました。
特にK君は、将棋の高校生全国大会でもベスト8に入ったこともあるスゴ腕の持ち主。
将来は将棋を広める活動をしたい・・・ということで、
チェコにおける将棋大会にとても興味を持っていたのです。
再来週には日本に帰ってしまうので、この機会にぜひ、ということで。

わたしもチェコで日本文化が楽しまれていることにはとても関心があったのと、
慣れない長旅や大会での言葉の壁など、
ブルノのガイド係がいれば、彼らも気持ちよく過ごせるんじゃないか・・・と思ったので
旦那と一緒について行くことにしました^^
(おせっかい焼きの性分が多分に発揮されたということ・・笑)
もう一人の友達のT君は、
将棋よりもブルノ観光をしてみたい、ということで一緒に行きました。

金曜の夜に着いて、彼らをホテルに送り届けました。
泊まったのは、VVホテルというところ。
口コミの評判も良く、駅・会場どちらにも近かったのでこちらを選んだそう。
部屋も綺麗ですごくいい感じ、と言っていました。
でも、ホテルのすぐ近くにナイトクラブがありました^^;
まあ、夜に帰る時にその看板を目印に帰った、と言ってたので、結果オーライ。笑

翌日土曜日、会場に向かいました。
大会は土・日と開催されていました。
K君はもともとは、出る、と言っていましたが
日曜日には早めにプラハに帰らなければ行けないので
最後までいることが出来ず、見学だけにすることにしました。

VANKOVKAショッピングセンターの横のギャラリーやカフェなどが入った建物の一室が
会場でした。
大会の主催者の方に、さっそく見学をお願いしたところ(もちろんマルが通訳係)
快く受け入れてくれました。
試合開始まで時間があったので、ここで使われている将棋盤なんかを見たり
係の方に話を聞いたりしてました。

P3076337B.jpg
これがチェコ式将棋盤。
駒に、動き方がついていて分かりやすいです。(私にも優しい!笑)
ルールはチェスに似ているといっても、駒が漢字だらけでは、
外国の方には分かりにくいですからね。

なんでも、ブルノで将棋大会をするのは今回が初めてだとか。
この主催者の方が、チェコ仕様の将棋盤を作成・販売し
同時に将棋の普及活動と大会の主催を行っているそうです。

そうしていると、ポツポツと参加者がやって来ました。
彼らは始まるまでお話をしたり、遊びで将棋を始めてみたり、
囲碁をやってみたりしていました。囲碁もやるんだ・・と感心。^^
それでも開始まで時間がまだあり、手持ち無沙汰にしていたら
主催者の方が「これやりますか?」と何やらを貸してくれました。
それは、、どうぶつしょうぎ!!

P3076357b.jpg

K君だけがこのゲームを知っていたので
教えながら4人でわいわいやっていました。
シンプルながら、意外と奥が深い、どうぶつしょうぎ。
真剣に考えていてもこの絵柄のユルさになんか癒されます。笑
マルもチャレンジ。チェスのやり方さえあまり覚えてない彼。。。でも真剣。

P3076340b.jpg
T君と対戦。

K君はさすが、めちゃめちゃ知り尽くした感じで
みんなに色々教えてくれました。
なんでも、15手先まで読んでいるそうで・・・!!
さすが、プロを目指していただけの実力者です^^;
あと3手で勝てる!とアドバイスをくれたりしますが、私にはさっぱりでした。笑
でも意外とマルもハマって来て、面白い〜^^と楽しんでいました。

P3076347b.jpg

時間になって、本番の勝負が始まりました。
5組の対戦です。みんな本当に真剣。

P3076358b.jpg

10分くらいしたところで、
K君はさっと全部のテーブルをのぞきに行きました。
すると、「あの人とあの人が強いですよ」と。
駒の配置でだいたいの実力が分かるんだそうな。
30分くらいで終わる組もあれば、1時間越えているところもありました。

一試合が終わったところで、将棋にさほど情熱のないT君(笑)は
そろそろブルノ観光してくる、と準備を始めました。
私たちはどうしようか相談しましたが、
通訳係のマルはK君と会場に残り、私はT君にブルノの街を案内することにしました。
何度も歩いている街中ですが、いつもマルに着いて行っていただけなので
はっきりとどの道がどこに繋がってるか覚えてなかったのですが^^;
色んな記憶を繋ぎ合わせて、またT君持参の地球の歩き方の地図を何度も見て(笑
街を巡りました。

聖ペテロ聖パウロ教会は塔にも登りました。いい天気で、眺めも良かったです。

P3076366b.jpg

P3076367b.jpg
塔からの眺め。
この風景を撮ってるときに、鐘が急に鳴って、あやうくiPhone5を落としかけたT君。
寿命が縮んだ、と。笑

T君は、大聖堂を見るのは好きということで、
こちらの教会の中も見入っていました。私も最初にブルノに来たときは、
この教会にはすごく感じるところがあったなあなんて思い出していました。
もう4年も前ですか・・・。いやまだ4年しか経っていないのか・・・。^^;

旧市庁舎もばっちり見学。
P3076373b.jpg
「どうみてもワニですやん・・・。」
ブルノの竜、というネーミングに納得のいかない様子。笑

そして自由広場でマル達と待ち合わせ。

P3076375b.jpg

広場ではこんな微笑ましい光景が・・・。

お昼ご飯を一緒に食べに行きました。
ペガスという、自家製のビールが美味しいことでブルノの有名なレストラン(居酒屋)へ!
P3076391b.jpg
↑ビールを作ってる釜はお店の真ん中にドーーン!

私はレモンビールと「モラヴィアのごちそう」というのをチョイス。
レモンビールはその名の通りレモンが入っていて、なんだかまろやかな味。苦くなくって飲みやすい!
P3076383b.jpg
この料理は、チェコならではの色々なものがワンプレートに盛られていました。
クネドリーキ、豚のグリル、ベーコン、ブランボラーク、ザワークラフトなど・・
てんこもりもり。
でもこのザワークラフトがすごく美味しくて、ぺろりと食べちゃったのです。
ウェイターさんも親切でいい感じでした。
K君、T君は、これぞチェコという感じの豚のすね肉グリルや、リブ肉などを注文し
チェコの肉料理を楽しんでいました。

その後、私たちはまたブルノを巡り、マルたちは会場へ。

私たちはマサリク大学の前を通って、シュピルベルク城へ。
本日は偶然にもマサリクさんの誕生日で、お花が供えられていてとても綺麗でした。

P3076396b.jpg

シュピルベルク城では地下の監獄も見学しました。私も初めて。

P3076405b.jpg

P3076406b.jpg

監督の部屋には、ちゃんと監督の格好をしたマネキンがいて
なんだか不気味で、ちょっとしたお化け屋敷でした。笑
食堂とか、囚人の部屋とか、拷問部屋とか、、、
いろんな過去の暗い歴史に思いを馳せて、
私もT君も、ずーんとした気持ちになりました。。
外に出て、高台からブルノの街を眺めて、ほっこり回復^^
T君は、V4の歴史などに興味があり、
ポーランドの方の戦争関連の施設も見てみたいと言ってました。
また、帰ったら大学で留学についてプレゼンする予定だそうですが
そこで話せる、いい見学が出来たとも言ってくれました。

その後、大会も終わる頃になったので、再び会場へ。

私たちが観光している時に、K君は主催者の方たちと勝負させてもらったそうなのですが
なんと30分ほどで勝っちゃったそうです。
また他の「この人は強い」と見ていた人とも勝負したのですが
それも勝ったと。。。
やはりK君、レベルが違いすぎる。笑
本当なら勝負が終わった後には、解説とかをしてあげて
色々教えてあげたいということだったのですが、
そこはまだ言葉の壁が邪魔をして、もどかしい思いだったそうです。

でも、私たちが戻ってからも一戦交えていましたが
勝負の後には、なんとかジェスチャーや、かたことのチェコ語と英語で
頑張ってレクチャーしていました。
もちろん相手の方もちゃんと理解してくれていました!

P3076417b.jpg

将棋を通じて、国際交流・・・すごいですね!
相手の方は、スロバキアの方で、日本語を勉強しているとのこと。
お互いにちょっとずつ相手の言葉も分かるので、
どっちも一生懸命歩み寄ろうとしているのです。
こういうのを見ていると嬉しくなりますね。

6時頃に、皆さんそろそろ会場を出る雰囲気になりましたので
一日見学させてくれた主催者さんにも感謝を言って、私たちも帰り仕度。
K君は夏のヨーロッパ大会に出場する予定なので、
「また会えることを楽しみにしています!」とチェコ語でちゃんと伝え
その場を後にしました。
K君も一日会場で将棋を楽しんでくれたみたいで、良かったです。

ショッピングセンターで二人と別れ、私たちはまた別のところへ。
マルのお友達L君がやっているカフェ&ワインバーへ行きました。
聖ペトロ聖パウロ教会のすぐ近くにある、
Dvorek pod petrovemというお店です。

久々のL君との再会にマルもテンションが上がって、嬉しそう。^^
もう夜でお客さんも少なかったので、
友達も席に来て一緒におしゃべりをしていました。
なんでもこのお店は彼女さんと一緒に運営されているとのこと。
彼らは私たちの結婚式にも来てくれていましたが、ゆっくり話が出来たのは
私にとっても初めてのことでした。
マルとL君は小学校に行く前からの長い友達で、
「セカンドハウスにも一緒に行ってスキーをしたりしたね〜」と話していました。
ホントに優しい方で、私にも沢山話しかけてくれました。
しかも、単語単語を切ってゆっくり話してくれるので
とってもよくわかりました。感動・・・!!T__T
途中で彼女さんもお店に来られ、飼っているワンちゃんたちも連れて来ました。

P3076423b.jpg

真っ白でかわいい〜〜!やっぱり動物がいる生活はいいですね。癒しです。

「実は婚約したんだ^^」と嬉しい報告をくれたL君。
私もマルも喜びましたが、「まだ親に言ってない」と。笑
親よりも友達に先に言うのかよ〜、とマルも笑っていました。
でも逆に、それだけマルを親友として何でも話してくれてるということがまた
嬉しくもありました。^^

もっと話していたかったのですが、
お家ではお母さんが夕ご飯を作っていてくれているので
仕方なく2時間で切り上げて帰りました。(それでももう8時過ぎ。。)

お家に帰って、お母さんが作っておいてくれたウサギのグリル焼きを頂きました。
(ウサギはチェコでは、スーパーでも売っているくらい、普通に食べる食材なのです。)
今回は、お母さんと過ごす時間が短くて申し訳ない感じでした。。。

翌日日曜日は、午前中にバスに乗りプラハへ向かいました。
K君もT君もすごく楽しい週末を過ごせたと言ってくれました。^^
いえいえ、楽しい体験をさせてくれて、こちらこそ感謝です♪
チェコでも、将棋や日本文化が楽しまれている様子が見れて良かったです。
あと友達のカフェ、すごく良かったのでめっちゃオススメです♪
特に春・夏になると、テラス席が最高だとか・・・
イケメンでフレンドリーなL君のカフェバー、また絶対行きます^^
スポンサーサイト
プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ