チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2014年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年12月
ARCHIVE ≫ 2014年12月
      
≪ 前月 |  2014年12月  | 翌月 ≫

Silvestr・大晦日

チェコの大晦日と新年は、町中がにぎやかで派手に色々やってます。

PC315928bb.jpg

旧市街広場はとても綺麗!まだクリスマスツリーも点灯、マーケットもやってます。

とくに花火はスゴイです。
31日と1日には、あちこちで花火をしています。
手でもつ可愛いものではなく、本当にビルの8階くらいまで上がる
派手な打ち上げ花火です。
それをアパートの間にある公園や広場から打ち上げるもんですから
家にいても絶えずあちこちから音が、かなりの爆音で聞こえてきます。。

もちろん、中心地はそれもヒートアップしてます。。
危険そうだな、と思いつつも、
初めてのプラハの年越し(去年はブルノのお家にいた)
どんな様子になっているのか見てみたい!

という私のワガママに旦那さんを付き合わせることに。笑

夕ご飯は、タイ・アジア料理屋さん『Modrý zub』で。
ここのお店のカレーが好きで何度か行ったことがあり
今回もそれを食べに行ったのですが、、注文したのは「Udon」。
大晦日と言えば、年越しそば、、、
やっぱりなんとなく麺を食べたくなったのです。笑

PC315913b.jpg

2014年最後のお食事。
めちゃくちゃホットで、ノンアルコールビールを水代わりに
ひーひー言いながら食べました。。
食後にはマルと、来年の目標やら、やりたいことやらを話しながら
ゆっくりしました。

その後ヴァーツラヴァーグとスタロマークへ。
夜9時ですが人も多いです。
でもマル曰く、
「ここに居る人はほとんど外国人」
確かに、聞こえてくる中にチェコ語は少ない・・^^
ビール瓶やらホットドッグやら、トゥルデルニークやらを片手にした
ノリノリでハッピーなほろ酔いの人々が夜を楽しんでいます。
そしてあちこちでバンバン花火の音が。。

道中、すぐそばで爆竹が炸裂して心臓から飛び上がりました。
なんともスリリングです。。
花火は許されるとはいえ、人の中でこんな危険な花火はダメです。。
街に警察が沢山パトロールしてるんですが、
そういうのはあまり取り締まる気配はなく・・・。
毎年、花火の事故も多いらしく、
指が吹っ飛ぶというようなこともあるらしく
それを聞くとやっぱり危険、怖いなあと感じます。
特にヴァーツラヴァーグはあちこちで爆竹が火花を放っていて、
ここはちょっと逃げるように通り抜けてきました。

スタロマークでは、にぎやかで、きらびやかです。

PC315949bb.jpg

さすがチェコの、プラハの中心地です。
ステージでは、ロックバンドが12時までパフォーマンスしてます。

PC315954b.jpg

PC315955b.jpg


MMXV = 2015。

一通り歩いて、帰りました。
さすがに日付が変わる頃になると、もっともっと危険な感じになりそうなので
早めに引き上げ。
まあこれで大晦日の様子が分かったので、満足です^^

お家に帰ってからも、あちこちで花火の音。
そしてカウントダウン。

1月1日になった瞬間、一段と派手な花火の音が響きまくりました。
モラヴィアのワインで乾杯し、
お母さんと、おじいちゃんに電話して新年の挨拶をしました。



昨年は、結婚という大イベントに始まり、
チェコでの生活はすべて初めてのことづくし!
楽しいことも、大変なことも、
笑うことも、泣くことも沢山ありました。
そして今年も沢山の新しいことが待っていると思うと
ワクワクします^^
新年も感謝と向上心を忘れずに
健康に幸せに過ごしたいと思います。
スポンサーサイト

クリスマスはブルノで。その2

26日。
おじいちゃんの家で、家族のクリスマス会をしました。
ブルノ中心地から電車で20分。のどかな村に向かいます。

電車で見る風景は、、、
中心地のすぐ近くには、パネラークと呼ばれる集合住宅群。
ピンク、イエロー、ブルーにグリーン・・・
日本にはない、カラフルな景観です。
しばらくしてから見えてくるのは、
これがチェコの田舎なんだなあ〜とほんわかする風景。
広がる平地の中に小さなお家がちらほら、中心に教会、
それぞれのお家には野菜や花などを作っている庭・・・とても好きです。
こういうところに住むのもいいなあなんて言ってたら、
マルが、「車が無いと生活できないよ」、と大変現実的な返答。
そうですね。。。夢と現実の折り合いは難しいものです。

ところでここで一大ハプニングがありました!
電車が到着して、降りたところ・・・

「カバンは!?」
私とマル「!?」

その瞬間ドアが閉まります・・・
慌てて、かなり前方に乗ってる車掌さんにしらせるべく、駆け出すマル。

間に合わず、非情にも動き出す電車・・・!
どうしようどうしようと私とお母さん。
プレゼントが沢山入ったカバン、あれがないと大変困ります。

しかしそこで車掌さんがマルに気づいてくれて、
電車は数メートル進んだところで、なんと止まってくれました!
お母さんが反射的にドアの開閉ボタンを押し、
ドアが開いたので、中へ飛び込みました。
前方ではマルが車掌さんに説明、そして戻ってくる・・・

と、マルが歩きながら私の方を指差して何か言ってます。

「カバン、持ってる!」
「え・・・、これ!?」

・・・なんと、私が肩にかけていたカバンを「無い!」と
探していたのです。
今度は私があわてて電車に飛び乗り、お母さんを呼び戻しました。

私とお母さんが出たところで、電車はまた動き出しました。。。
残ったのは安堵感と、ただただ尽きない爆笑。
まぁ結果オーライです。笑

動き出した電車を止めて、待ってくれるなんて
チェコの車掌さんは(意外と)優しいなあ!と思いました。笑
いつか、待っている電車が遅れるようなことがあっても私は怒らない、と
心に誓いました。こんなに助けてもらったのだから。笑

とまあそんな一幕でした。

この後おじいちゃんの家に行く間、私とお母さんの笑いは止まらなかったのですが、
マルはお母さんに対して、せっかちだ!とちょこっと怒っておりました。。
そしてわたしたちの間で、電車やトラムを降りた時に、
「カバンは!?」
「!? ない!」
というくだりが流行りました。笑

おじいちゃんの家に着くとまずわんちゃんが大歓迎。
吠える吠える・・・(でも1年前に比べたらだいぶ慣れてくれたんです。)
PC265721b.jpg
そしておじいちゃんもおばあちゃんも大歓迎してくれて、嬉しかったです。
「サヤコ、サヤコ」とおじいちゃんが呼んでくれました。
(サヤカという名前は、チェコ語の文法変化で呼びかける時にサヤコとなります。)
昨日わたしの名前を練習してくれていたそうです。
学校のことや、仕事のこと、プラハの生活のことなど、話しました。

そしてお母さんの妹さん家族も到着。
果実酒で乾杯♪
お部屋に移動して、まずはご飯タイム〜♪
おばあちゃんが全部作ってくれました。

PC265718b.jpg

PC265719b.jpg

もちろんクリスマスクッキーも!

PC265723b.jpg

さすがおばあちゃん、沢山作ってます。
どれも美味しくて、ついつい手が伸びる・・・
こうしてクリスマスに体重を増し加えていくことになるのですね。。笑

その後はみんなで話して、話して、話して・・・・

夕方頃には、恒例のプレゼントタイム!
ここでもツリーの周りにおびただしい量の包みが。

PC265726b.jpg

おじいちゃんが配ってくれました。
受け取った人は、開けて中身を見て、
また周りの人もそれをよく見てあれこれ感想を言ってみて、
「ありがとうイェジーシェック♪」と感謝して、
また次のプレゼントに移ります。

PC265748b.jpg

またこれも一個一個に対して、みんな色んな反応をするので
時間がかかります。笑
おじいちゃんは、どんどん配っていきたい感じで
「サヤカがプレゼントを受け取ったぞ!」
と、前のプレゼントに夢中になってるみんなの注意を
次へ次へと向けるのに頑張ってくれましたが、ほとんど無力でした。
それくらいみんな、ひとつひとつに感心をもって
一緒に喜んで楽しんでくれるんですね。あったかくて、素敵です。

最後にはみんなで写真を撮って、お開きに。
おばあちゃんが作ってくれたクッキーも分けてもらいました♪
帰りは、いとこの車に乗せてもらって帰ることが出来ました。
こういうときはやっぱり車があるといいなあと思いますね。。
来る時にマルに言われた言葉が身にしみました。笑

今年も、楽しい家族でのクリスマスを過ごすことが出来て
とても嬉しかったです。

27日。
お昼は散歩。
昨日の夜に雪が降ったようで、朝から一面雪景色!
この季節初めて見る雪の世界に、私のテンションは上がり、
「寒いよ・・・」と言いつつ
しぶしぶ付き合ってくれるマルと、わんちゃんをつれて
森に散歩へ出かけました。

PC275842b.jpg

そして夜にはオペラ『ナブッコ』を見てきました。
一ヶ月前ほどにお母さんの提案で、何か演劇見よう!ということになり
チケットを買ってありました♪
会場はヤナーチェク劇場。前回、初オペラを見たとこと同じです。

PC275881b.jpg

チケット買ったのがぎりぎりだったので、
後ろの方の、端っこの、良い席ではなかったのですが
素晴らしい歌声とオーケストラを堪能できました。
前回と同じ人が一人だけ出ていたのですが、
渋いバリトンの歌声・・・素敵でした。
人間てあんな声が出るんだな〜と感心しました。

帰りのトラムでも、お決まりの「カバンは!?」のくだりで
爆笑する私たち・・・。笑

翌日28日にはプラハに帰ってきました。
わりと家でのんびりしている時間が長かったので
短いようで、長い5日間でした。
家族のあったかいひとときを過ごせて、とても嬉しかったです。
クリスマスはそんな特別な日で、
私にとっては一年の区切りはこの日だなあと実感しました。

クリスマスはブルノで。その1

ブルノでクリスマスを過ごしてきました。
24日にバスで向かいました。
到着したのは午後1時近く・・。
うちの家では、クリスマスの夕食は午後4時という習慣らしく、
お昼を食べるか迷いましたが、かなりおなかが減ってたので
やっぱり食べました。笑

お母さんは今年もクリスマスクッキーを作っていてくれました。
私もお母さんのレシピで作りましたが、
お母さんのはまたちょっと味が違う^^
もっと甘くて、豪華で美味しかったです♪

お昼を食べた後は、団欒のひとときです。
チェコ語学校に通った成果を今見せる時・・・!
・・・ではあるのですが、いやはや、やはりナチュラルスピードは
早い早い。。。
未だ分からないこと多しです。
それでも、1年前と比べると進歩したなーというのは感じました。
マルとお母さんが会話している時、全部が分からなくても、
単語をちょいちょい拾えるようになったので、
何について話してるかは分かるようになりました。
自分から自分の思ってることを、マルを介さず発言することも
出来るようになりましたし!(少しは・・・という程度ですが)
学校行って良かったー!
更にレベルアップできるよう・・・これからも頑張らなきゃ。

お昼はゆっくりして、そして早い時間のクリスマスディナーです。

P1015658b.jpg

伝統の鯉のフライとポテトサラダ。
美味しい〜^^
伝統とか、習慣って大切にしたいですよね。
「泥くさい」とか、「骨が多い」とかであまり好きじゃないチェコ人も
少なくないと聞きましたが、これは全然臭くありませんでした。
お母さんは、泥臭さを抜くために、
調理前に牛乳に浸けるそうです。
なるほど、、、そういう生活の知恵も
受け継いでいくんですね。素敵。

そしてイェジーシェックからのプレゼントタイム♪

P1015656b.jpg

チェコの子供たちは、
イェジーシェックという、小さなイエス・キリストが
プレゼントを持って来てくれる、と信じています。
だから大人たちも、「誰誰からプレゼントをもらった」という風ではなく、
「ツリーの下のプレゼントはすべてイェジーシェックからの贈り物」という風に言います。

このプレゼントの配分していくのもなかなか時間がかかります。
うちでは誰か一人がプレゼントをひとつづつ取り上げ、
タグに書かれた名前の人に配っていきます。
受け取った人は、すぐにそれを開けて、中身をみます。
そして、周りの人もみんなでそれを見て、プレゼントを喜びます。
感謝の言葉は、「○○さんありがとう」ではなくて、
「イェジーシェックありがとう」です^^

ところで、3人分のプレゼントなのに、
小さなツリーが隠れそうになっています。笑
このプレゼントの量!!
ずっとビデオで撮っていたのですが、
ほぼ1時間かかっていました。笑

さて、、、くつろぎタイム。
プレゼント開けて、喜んで、また片付けて、という1時間は結構疲れました。。
が、夕食も早かったのでまだ宵の口です。
みんなでテレビを見ました。
24日は、チェコ放送では一日中チェコの童話をやっているということを知りました♪
アニメではなく、実写の童話なので
衣装も背景もすごく可愛くて、見てるだけで幸せです。
が、悲しいことに、やはりまだチェコ語が追いついていません。。
なによりもまず、言葉、言葉、言葉・・・!


25日。
特に予定は無かったので、一日のんびり過ごしました。
私は昨日もらったチェコ語の料理本を四苦八苦しながら
翻訳してました。楽しい、けどはがゆい、この作業、勉強^^;

ご飯には、鴨を焼いてくれました。
スーパーでは普通に丸ごと鴨が売られています。
オーブンで焼くだけですがこれがまた美味しい。。

P1015676b.jpg

夕方には街の中心でやっているコンサートを見に行きました。

P1015713b.jpg

昨日まではクリスマスマーケットがやっていたのに、
今日はもうほぼすべてが閉まっています。。残念。
寒かったので、プンチュ(punč)を飲みました。

P1015683b.jpg

お酒とフルーツをミックスしたホットなアルコールです。
冬の屋台の定番だそうです。
今回買ったのはクリスマスバージョンということで、
シナモンとレーズンが効いていました。
私は美味しかったんですが、マルは吐きそうと言っていました・・・
こんなに感想が分かれたのは珍しいことです。笑

クリスマスキャロルが沢山聞けて、幸せでした。

P1015715b.jpg

そういえば私も、チェコ語のキャロル(koledyコレディ)もいくつか覚えました。
学校で教えてもらい、一緒に歌ったのです♪
一番好きなのは、Půjdem spolu do Betléma です。覚えやすいから・・・笑

その2の記事につづく・・・

2014年、私の10大イベント

12月21日、
私がちょうど1年前チェコにきた日でした。

もう1年?
ほんとうにあっという間!
長い飛行機の旅。
プラハの寒い夜の空港に降り立ち
マルが空港に迎えに来てくれ、
初めて二人のアパートに来たこと。
つい先日のことのよう。

でもまだ1年?
この間に体験してきたことは
ひとつひとつが濃く、貴重で、
楽しくて、大変で。。。
よく1年の間に詰め込めたなあ、と自分で感心するぐらい
色んなことをやってきました。

沢山の人に支えられて素晴らしい生活を送らせてもらっている
ということに何よりも感謝を覚えます。

ところで、今年にあった10大イベント考えてみました。
今年のは候補がありすぎて、困るぐらいです。
めちゃ長くなりましたが、、、
1年を駆け足で振り返ります。

クリスマスクッキー初挑戦

チェコでは伝統的に、
クリスマスに家庭でクッキーを焼きます。
今年は、私もチャレンジしました。
じゃじゃーん。

P1015627b.jpg

チェコ人のお母さんにレシピを教えてもらいました。

Cの形をしてるのが、ロフリーチェク。
ジャムをサンドしているのが、リネツキー・ツクロヴィー。

ロフリーチェクとは・・・。
クルミを砕いたパウダーがメインの、サクサクホロホロな
とても美味しいクッキー!
同じような形をしたロフリークというパンが
あるのですが、それから名前がきているようです。
一般的には、もっと粉砂糖がかかっていて、真っ白です。

リネツキー・ツクロヴィーとは・・・。
リネツキー・テストというのが、この生地の名前で、
バターたっぷりのクッキー生地のことです。
その生地からつくるクッキーはこのように呼ぶようです。
丸や、ハートの形にして焼くのが一般的です。

ちなみにチョコレート味のように見えるのは、
単に焼き過ぎた、焦げ茶色のプレーン味です。笑

しかし今更焼くとは・・・。^^;
一般的には、もう12月に入った頃から焼き上げて寝かしておくそうで。
来年はもっと早く、そしてもっと沢山の種類を作れるように
がむばります。

しかし、美味しいクッキーでした。レシピが良いんだな。。!
既にもう、ありません。笑

P1015630b.jpg

いよいよロウソクが4本灯りました。
クリスマスおめでとう!

チェコで初めての誕生日

チェコで初めての誕生日を迎えました。
毎年両親と過ごしていた誕生日が、今年は初めて旦那さんと二人です。

ささやかで楽しいひと時を過ごしました。
夕食はちょっとがんばって
巻き寿司を作りました。
そして肉が無いと食事にならない旦那さん向けに、グラーシュも。
日本とチェコのミックス仕様。笑

P1015586b.jpg

この二つは合うか、合わないかで言えば、合いません。
グラーシュには白ご飯は合うんですがね〜
でも美味しかった・・・久々の海苔の香りが幸せでした。笑

プレゼントは、ずっとずっとずっとずっと私が欲しいと言っていた
DVDプレイヤーと、フランスのチョコレートセット。^^
私も、旦那も、パソコンを持っているのですが
どちらもDVDもCDも挿入することが出来ないという
不便な代物なのです。
DVDプレイヤーがあれば、教材CDも聞けるのになー
学校の図書館のDVDも見れるのになー
映画も見たいなー
なんてずっと言っていたので、否が応でも覚えてくれていたのでしょう。笑
一番欲しいものをちゃんとプレゼントしてくれる、
なんて効率がいいんでしょう。すごく嬉しいです。^^
そしてチョコはやっぱりおいしいチョコ・・・
当たり前ですが、スーパーのチョコとは格が違いました。


旦那さんがサプライズで買って来てくれたケーキも頂きました。
わたしのケーキは、コミニークという名前でした。

P1015611b_20141222185036e3c.jpg

これは多分、このお店だけのケーキの名前なのですが、
「kominík(コミニーク)」とは、チェコ語で煙突掃除屋さんのことです。
チェコでは幸運のお守りともされるコミニークなんですが
このケーキ・・・その名前を知った上で見てみると・・・
チョコクリームの部分は、真っ黒の煙突?
バナナは、掃除屋さん!?
ススにまみれるどころか、ススの海に溺れてる状態のコミニークさん・・・
なんだか、愉快な童話の一場面に見えてきました。
最後までチョコを食べて、バナナを取り出して、
「コミニークさんを救った!コミニークさんお疲れ!」
なんて言って楽しんで食べちゃいました。
見た目から想像するよりも甘さ控えめで、美味しかったです^^


ところで、他にも面白かったことがあります。
日本の両親からメールが送られて来たのですが、
「誕生日ケーキを買ってくれて、二人で食べたよー」
と言うことでした。
添付写真には、ちゃんとホールのイチゴのケーキとロウソク、
そして名前の入ったチョコのプレートまで・・・!
(ちなみに、うちの家族では、名前プレートは
いくつの誕生日になっても付ける習慣です。笑)

unnamedb_20141222185038741.jpg

離れてても私たちは親子なんだなあと、嬉しく思いました。

クリスマスはもうすぐ♪

クリスマスはもうすぐそこ♪

アドベントリースのロウソクも、いよいよ3本灯りました。

ところで先日、チェコ人の友達に、
ヨゼフ・ラダの「ベツレム」を貰いました。

PC115542b.jpg

PC115538b.jpg


チェコ語で「ベツレム」(英語では「ベツレヘム」ですね)といいますと、
イエス・キリストが誕生したその場面のことをさします。
広い意味では、その場面を描いた絵や、オブジェのことをこう呼びます。
→いろんな「ベツレム」の参考。
町中でも、大がかりなものから、ちんまりしたものまで、
いろんな趣向のベツレムが展示されてます。
ツリーと同じ位、クリスマスには欠かせないものなんです。

うちにお迎えしたのは、上の通り。
パズルによく使われてる厚紙に
印刷されている人や建物をくりぬいて、建てて作りました。

IMG_0742b.jpg

最初はこんな感じで。
お子様でも簡単♪らくらく♪
でもこれがとてもかわいい・・・!!

イラストは、ヨゼフ・ラダ
チェコの国民的人気を誇るイラストレーター、作家。
老若男女に愛される心あったまる絵を沢山描かれました。
牧歌的という言葉がぴったりで、私も大好きです。
チェコのおとぎ話、むかし話、子供向けの絵本、
そういったもののもつ優しい、見守るような空気感と、
ラダの絵のもつ素朴さや穏やかさ、時間がゆっくり流れているような感じが
ぴったりなんです。
このベツレムも、ホントにベストマッチな感じになってます♪
クリスマスって、あったかくて、うれしくて、
素敵な時なんだなーーと思わせてくれます。

ちなみに、ヴァーツラヴァーグのベツレムは
こんな大作でした。。
木彫り!

PC075533b.jpg

手がイカみたいで、なんかシュール。

もういっちょは、これまた大掛かり。ムゼウム近くのマーケットの中に、
馬小屋風のセットを作って、展示されています。

PB295469b.jpg

手前の私が邪魔。笑

でもところで、一番重要な(?)ものをまだ準備していないのです。。。
そう、それはクリスマスクッキー!
チェコでは各家庭、おばあちゃん、おかあさん、または娘ちゃんが、
クリスマスクッキーを焼くのが伝統です。
多いお家では10種類も20種類も作るそうで!
(そりゃ一ヶ月前から準備しなきゃだわ・・・)
私はそんなには無理ですが、
チェコのお母さんに教えてもらったレシピの2種類は
今週中になんとしても焼こうと思ってます・・・!

プラハのクリスマスマーケット旧市街広場

プラハのクリスマスマーケットに行ってきました。
こちらは旧市街広場。

PC075526b.jpg
リボンがモチーフのガーリーなツリー!

PC075530b.jpg
ペルニーク(ジンジャーブレッド)のモチーフがかわいい♪上ったら広場が見渡せます。

PC075525b.jpg
上の展望台?に上ってみたところ。


屋台の半分以上は食べ物。
トゥルデルニーク、ソーセージ、ジャガイモの串、ホットワインにもちろんビール・・・
あとは物販屋。観光客向けのお土産、クリスマスのオーナメント、あったかグッズ、などなど。

PC075517b.jpg
トゥルデルニーク屋さん。
ところでこれはプラハの定番おやつみたいになってるけど
元々チェコのお菓子でもないらしい。
でも美味しいんです・・・^^


PC075513b.jpg

カシュタン=栗。
焼き栗屋さんなのですが、これがなかなか剥きにくい。。

PC075514b.jpg


無惨にもぼっろぼろになりました。
日本の屋台の甘栗天津ってすごく優秀だなと懐かしく思いました

冬の楽しみ

12月。
もうあっという間にクリスマス。

飾りを準備しました。

PC055472b.jpg


クリスマスマーケットで購入♪
手作り用の素材も沢山売っていたのですが、
今から作るのはちょっと遅いなあ・・と思って
今年はとりあえずこちらを我が家にお迎えしました♪

アドベントの期間、毎日曜日ごとに火をつけるろうそくを増やしていきます。

マーケットでアーモンドのお菓子を一緒に買いました。
これも美味しい。。シナモンと砂糖をまぶしてローストしている感じです。

ついでに。

先日の「ミクラーシュの日」。
ささやかにイベントしてみました。

PC055489b.jpg


窓辺にお菓子をおいて、旦那さんにプレゼント。
本来の趣旨とは全くかけ離れていますが。。。笑

スーパーで悪魔ちゃんのお菓子(中身はチョコレート)が
沢山売っていたのですが、
私がどれにしようか迷っている時、
仕事帰りの男性がたくさんまとめ買いしていきました。
子供さんに買って帰るんですね。お父さん優しい。
チェコの家族のほのぼのした一幕をかいま見れた感じがして
なんか嬉しくなりました♪

寒いプラハの冬、小さなイベント、小さな楽しみが
心をあっためてくれます♪
プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ