チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2013年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年08月
ARCHIVE ≫ 2013年08月
      
≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

台湾旅行!台中〜帰国

30日 帰国

今日は12:45のフライトで帰ります〜

最初のプランでは、
台中→台北(新幹線)→空港(リムジンバス)
だったのですが、ふと友達にその話をしたところ、
「遠回りだよ〜!チケット替えた方が良いよ!」
と教えてくれました。。

実は、地理的には
●台北

●桃園(空港のある場所)

●台中
となっているそうで
上記のプランは行って、戻ってと、無駄な移動をしていることが
わかりました。。
実は、台北onlyのガイドブックを買っていたので
全体の地理を把握してませんでした。なんというニアミス。
台中→桃園(新幹線)→空港(リムジンバス)に変更です。
昨日、帰る途中に、新幹線の駅に寄ってもらって、
友達に通訳をしてもらいチケットを変更しました。
ありがとう友達・・・お金も時間もカットできたよ!!!

左上:台中の新幹線駅で友達にもらった台湾バナナを食す。でかい美味しい!
右上:桃園空港にて。機内食が無いので、空港で食事。
   サンドイッチと、鳥の照り焼き定食。台湾色ゼロ。
左下:機内から空のようす。綺麗な青空。
右下:台湾でかったまるのおやつの、乾燥牛肉。中華独特の甘い味付け。
   最初はおいし〜!と言っていたが、食べ過ぎで気持ち悪くなってた。笑
   日本に肉は持ち込めないので機内で食べきる処分中。

予定時刻通りのフライトで帰国できました。
お疲れさまでございました。


+++++++++++

感想

初めての台湾、感想としては
日本人にとって、とっても行きやすい国だと思いました!
台北の良いところを上げますと、
・街中に、日本語の看板がある。
・台北の普通レベルのレストラン、食堂には日本語メニューがある。
・店員さんも日本語が大体わかる。
・親日でとてもウェルカムされる。
・グルメな冒険が楽しめる。しかも安い!
・電車の乗り方もわかりやすい。タクシーも安い。
・今回は行きませんでしたが、マッサージやエステ、写真館など
 女子の心をくすぐる体験が沢山できる。

日本人観光客が多いのも納得です。
ただし、ものすごく日本語にあふれていますので、
外国に来た〜という感じや、
異国の生活にとけ込む旅をしたいというバックパッカー的楽しみ方は
ここでは求めちゃいかんのかもしれません。
ま、ただし台北以外の場所は、この限りでは無いと思います!

楽しい3泊4日でした。
また機会があればぜひ行きたいですね。。。


+++++++++++++++++++++++

後日談

タクシーの運転手さんのfacebookを検索したら、出て来ました。笑
ちゃんと、iPadで見せてもらった写真も載ってるし間違いない!
肝心の運転手さんの顔は正面から見てないので、確信は持てないんですがね。。
友達申請しときました。笑
まるがやたら、彼の英語の話し方を気に入って、
しばらくの間真似をして笑かしてきます。。。
まる「マーティンマーティン、
   ワイドンチューゴートゥーTintin?プリーズコールミー・・・」

毎回爆笑。完全に内輪ネタなので、周りの皆は不可思議な顔をしてきますが。
楽しい人に出会えて良かったです。


あと、運転手さんがすすめてくれた、Tintinという場所ですが、
色々調べているうちに、特定出来ました。
集集(Jiji)という台中に近い場所で、台湾の観光地紹介サイトにも載っていました。
結構有名な場所みたいです。
サイクリングなんかも楽しめる素晴らしい景勝のようです。
そう、別に発語を憚るような名前ではなかったのです。笑
しかし私たちには、もうTintiinとインプットされてしまってます。。

スポンサーサイト

台湾旅行!台中

29日 台中!

朝から、在来線で台北→台中へ向かいました。
専門学校時代の友達に会う為です。

行き方は色々有るんですが、
在来線 安いが 時間がかかる。2時間半近く。NT$325
新幹線 高いが 早い。1時間ほど。NT$700

行きは急いではないので、29日は在来線で行き、
30日は新幹線で帰ることにしました。

友達は仕事があったので、夜ゴハンを一緒に食べることにしました。
それまでは、台中観光・・・と行きたかったのですが、
台風が台湾を直撃!の日で、暴風雨でした。。。
さらに、明日、帰る為の新幹線のチケットを取るのに手間取ってしまい、
観光/散策時間ナシになりました。次回があれば・・・リベンジしたいです。

台中にゆくひとへのご注意・・・
在来線の台中駅と、新幹線の台中駅は、別の場所になります。。
在来線の台中駅から、3駅ほど先の新烏日駅が、新幹線の駅です。。
当日これを発見するとパニックですね。前日に気付いてよかった。。笑

お土産を携えて、友達ん家の住所が示す場所にタクシーに連れて行ってもらいました。

タクシーの運ちゃんは、英語で軽妙に語りかけてくれました。
まるが英語で愛想してくれましたのですが、
ふたりのやり取りが非常に面白く、横で聞いていて笑まくっていました。

タクシー「ここがオススメだよ!いったことある?」
(iPadを見せてくれる)

まる「いや、無いですね。きれいな場所ですね。」

タクシー「TinTinという場所でね!ここからタクシーで2時間程だよ!綺麗な景色だよ!」
行きたくなったら、名詞の番号に電話して!」


(名詞をくれる)

タクシー「僕は、ダニエルだよ!(ニックネーム)よろしく!」
まる「OK。僕はマルティンといいます。ありがとう。」


  私(営業されてる・・・!場所は確かに綺麗だけど、その地名がちょっと日本語的には・・・)


タクシー「マーティン!マーティン!(←英語風の読み方)君はどこの人?
まる「チェコ共和国です。」
タクシー「チェコはとどこにあるの?」
まる「ドイツの東です。」



  私(お決まりの会話・・・対・日本人だけじゃないんだ。笑)



まる「ヨーロッパに来たことはありますか?」
タクシー「ないよ!そんなお金はないからね。HAHAHA!」
まる「チェコに来たときは、名詞の番号に電話してください。まあ僕名詞持ってないですけど・・haha」
タクシー「OK!マーティン!HAHAHA!
   私のfacebookとスカイプアドレスは名詞に書いてあるから、いつでも連絡して!」



  私(その愛想要る・・・!?)


そんな感じなんですが、
元気で明るく子供のようなタクシーの運ちゃんと
素直にお返事をするまるのやりとりがまあなんと微笑ましいことか。
爆笑してました。
台風で落ち込んでいた気分が癒されました。

タクシー「住所この辺だよ!後は探す?OK!じゃあねチャオ〜!」

ということで、住宅街でおろされました。
しばらく彷徨ってみたもののらちがあかない感じだったので
国際電話になりますが、友達に電話して、やっと会えました。
友達の家のちょっと周り込んだ場所に下ろしてくれてまして、気付かんかった。。
タクシーさん、最後惜しい!笑

友達の家で、お母さんの手作り家庭台湾料理をごちそうして頂きました!
昨日から準備してくれていたというとっても豪華な夕ご飯でした。
煮物が中心ですね。
お父さん、お母さんが家庭菜園をされているということで
自分で作った野菜を料理したり、漬け物にしたり、
梅酒をつくったりと、とっても心とカラダに優しい感じの食卓です。
味は、日本人の口にもチェコ人の口にも合う、とっても美味しいものでした。


左上:料理全景
右上:鳥の足入りスープ
左下:龍の目外観
右下:龍の目中身

全部美味しかったですが、
お父さん手作りの葡萄酒、お母さん手作りのさつまあげ、瓜の煮物などが
好きでした。
また、妹さんも昨日からスープを作ってくれていました。
鳥でダシをとった、あっさり、でもコクのある美味しいスープです。
ところで、お母さんが
鳥の足食べる?とチャレンジャー募集を掛けられました。
友達曰く、日本人の友達知り合い沢山遊びに来て、皆にすすめるけど
鳥の足を食べれた子はいなかったな〜とのこと。
私も無理だったので、まるに食べてもらいました。
お椀に入れられた、足。。。まんま。
その形その質感みるだけでアウトです。。

ひとくちかじる・・・
まる「ぷるぷるしていて美味しいよ」


その後は、フルーツまで頂きました。
マンゴー、龍の目(初めて食べました)、台湾バナナ(明日の朝食としてくれました。)
どれも日本の3分の1くらいの値段で、買えるということで
なんともうらやましい限りです。
マンゴーのジューシーさが忘れられません。。。


左上:みんなで★(お母さん撮影)
右上:友達がくれたお土産・・・こんな沢山!!
左下:龍の目の食べ方のレクチャーを受けるまる
右下:友達と友達のわんちゃんと★

友達はたっくさんのお土産をくれました!
妹さんも外出していたのですが、わざわざ帰って来てくれて(しかもお土産付きで)
私が持って行った少ない形ばかりのお土産が申し訳ない感じでした。。
また、チェコに来てくれたときにお返し沢山するよ!!

そんなこんなで、友達一家と沢山お喋りし、
ホテルに戻ったのは11時を過ぎて来ました。
楽しいひとときはあっという間。。
久しぶりに会い、元気そうな顔を見れて、色んな話が出来、とても楽しかったです。
お父さん、お母さん、妹さんもとってもチャーミングでした★
さらにさらに、帰りはタクシーではなく、お父さんが送ってくれました。。感謝です。

さて、明日は日本に帰りますよ〜!

台湾旅行!台北〜九份(後編)

28日 台北〜九份(後編)

さて、天然石ブレスレットのお土産を無事購入し終えましたので、
お昼ご飯に行きます!


MRT中山駅近くの、ベジタリアンのバイキング「長春素食」。こちらも1駅程だったので歩きました。
食べ放題、時間は無制限。(お昼ご飯の最終は14時)で、NT$550/1人です。
これ本当に全部ベジタリアン?というような品数、そして料理の華やかさ!
ハムみたいなやつとかもあったんですが、多分豆とかを上手いこと調理してるんでしょう。
お坊さんもいらっしゃって、もりもり食事されてました。

周辺のスーパーや、お茶屋さんで、食品系のお土産を買いました。
また、春水堂というお店のタピオカミルクティーを飲みました★
こちらは、台湾ではじめて同商品を作ったという本家本元で、
そのお味はなるほどさすが美味しかったです!!
中山駅周辺は、ハイブランドのショップが多く、観光地という感じではないのですが
このようにお土産や、タピオカミルクティーのお店もありなかなかオススメです。

そろそろ時間になったので、九份のツアー集合場所へ。
ナルワントツアーというところに申し込んだのですが、
集合場所は、お土産ショップ。
日本人のたまり場のようになっていました。
家族連れ、女子同士、カップル、熟年夫婦など・・・台湾の人気ぶりが伺えます。

九份ツアーは特に夜が大人気で、今回も30名強のグループが3つ催行されていました。
私たちの班は、台湾人の蔡さんという方が案内人として連れて行ってくれました。
この方は喋りが軽妙で、個性的な方でした。紹介いただく内容は非常に分かりやすく、楽しいツアーになりました。

メインの石階段と、それに直行して商店街があり、その2つを楽しむのですが
まあーーーー観光客でいっぱいでした。。
風情ある石階段も、人で埋まってしまっては石かどうなのか分かりにくいですしね。。
ある程度日が暮れて来ると、人も少なくなって来ていましたが。
そう、個人で来た場合、あんまり遅くまで居ると、市内に帰る足が、タクシー以外なくなってしまうんですね。
九份は前述の様に赤提灯の連なりがまた見どころですから
昼よりも夜の方が絶対おすすめ!(by蔡さん)・・・ですので、
夜まで居たい、でも、市内のホテルに帰りたい、(タクは高いな・・)という人には
やっぱりこのツアーはメリット大です。(回し者じゃありません。)

散策の自由時間は1時間半ほどで、あまりゆっくりしている時間は無かったのですが、
九份茶房というカフェで、台湾の烏龍茶と茶葉入のチーズケーキを頂きました。(蔡さんオススメ)
どちらも美味しく頂きました。
ちなみに価格は、観光地価格です。

九份では、なんと、ハイキングウォーキングの2人を見ました!(写真上部)
仕事だと思います、、コンビでいたので。
でも、すごくナチュラルにとけ込んでいて、始め気付きませんでした。笑
Q太郎さんは愛想無かったですが、相方の方は手を振り返してくれました。いい人。

帰りのバスは、𩜙河街観光夜市に寄りました。
ここでの自由時間は、1時間もなかったのですが、
雰囲気を楽しむことが出来ました。
9時にもなろうとしているところですのに、まあ人の多さったらないですね。
台湾では、ゴハンは基本、作らないそうです。(またも蔡さん談)
夜市で食べる方が、安く、バリエーションも豊富、時間もかからないということで
そのような習慣になっているそうで。
なるほどその理由は納得です。

ここでも臭い豆腐はものすごい存在感でした。

最後は、台北駅で下車し、そこからMRTで帰りました。
九份と夜市もさることながら、
ガイドの蔡さんが面白い人で、台湾のオススメグルメショップや、風習なんかも教えてくれたのが
印象的でした。
やっぱり今回はこのツアーに参加して良かったです。
台湾の方の親日ぶりは本当に世界一じゃなかろうかと思いました。

明日は、台中へ行きます!

台湾旅行!台北〜九份(前編)

28日 台北〜九份(前編)

さて2日目!
本日の目玉は、九份観光!

説明しよう!
九份というのは、台北市内からバスで一時間ほど東北に移動した場所にある、地域の名前である!
千と千尋の神隠しの、ロケーションモデルになったことで日本で一躍有名となった!
あとから写真をアップするが、赤提灯と、細長い石階段が印象的な、風情ある集落である!

・・・ということで、こちらはツアーに申し込みました。
電車とローカルバスでいけないこともないですが、乗り換えが複雑で時間もかかります。
ツアーには軽食付、また、帰りに夜市にも寄ってくれるということで、
短時間で効率よく行きたい今回の弾丸旅行にはぴったりでした。
パックツアーも上手く活用しますよ。

九份ツアーは17時前集合なので、それまでは、台北観光をします!
中正紀念堂と、天然石のアクセサリー屋に行くことにしました。
まずはホテルで朝食。バイキング形式です。朝から食べ過ぎです。



その後、中正紀念堂に行くのですが、地図で見るとホテルからはひと駅しか離れていないので、
歩くことにしました。
途中、東門朝市に寄りました。
夜市とは違い、こちらは地元のお店屋さんたちが食材を仕入れにくるような市場です。
なので、なかなかの迫力でした。
締めたばっかりの鳥まるごとであったり、豚一頭まるごとであったり、、
それらは最初、置物と思いましたよ。。
朝市であっても、臭い豆腐の存在感たるや、強烈なものがありました。
数メートル置きに香しいかおりを放って。。。あ、そういえばホテルの朝バイキングにも並んでいました。




歩くこと10分ほどで、紀念堂のある広場の、裏口に到着。中に入ってそこから正門までさらに10~15分です。
この日は快晴で、雲一つない青空が気持ちよかったです。
写真もキレイにとれました。その分、また一段と日焼けしましたが。



紀念堂は、巨大です。
真っ白と、派手な色使いが組み合わされて、なんとも中華的で荘厳な建造物でした。
中にはこれまた巨大な蒋介石さんが鎮座されています。

その両脇には軍人2人が、衛兵として直立不動で立っています。
暑い中、長袖長ズボンでご苦労様です。。
1時間に1回、交代式があります。
ちょうど12時になりましたので、交代式を見ることが出来ました。
思ったより長く、15分程、色んな構えと隊列を見せてくださいました。
色々覚えることがあって大変ですね。。

暑過ぎてちょっと飽きたので、途中で出ました。
次は天然石ブレスレットを買いに行きます。
MRTで行宮天へゆきます。
ここには、観光名所の行宮天という道教の霊廟がありますがスルー。
近くの良友翠玉専門店というところに行きました。
雑誌には必ずと言っていい程掲載されている、有名店。

勿論店頭にもこのとおり(写真右)、非常にわかりやすーーい看板を立ててくださっています。
お店の方も、日本語で対応してくれます。
るるぶを見て来ました、というと、小さな石のついたストラップをくれました。

ここで、自分たちの分と、お土産の数点を購入しました。
ただ、台湾ドルの値段を、日本の円で言われましたのでちょっと混乱します。
「(台湾ドルで)2,000エンです」→日本円換算すると6,000円。
勘違いしない様に気を付けて、買いすぎませんように!笑

後半へ続く。。

台湾旅行!台北(永康街、士林夜市)

27日 関空→台北。ホテルにチェックインしてから、本日の目玉は士林夜市へ★

リムジンバスで関空へ。
ジェットスター★初のLCCでした。
思ったほど狭くもなく、不親切でもなく、キレイでした。
ただ、12時過ぎのフライトでしたので、お昼もきっちりガッツリ食べたい
まるには、機内食が無いのが朝からの大変な重大問題でした。。

売店でサンドイッチと、お茶を買って、ゲート前で食します。空港プライス仕様です。。高っ。
そして機内でも食事を注文。
まる「(メニュー見ながら・・)日本円で払えるかな?
シンガポールドル?カード?どうしよう?」
と独り言をブツブツ・・・
私は、離陸直後におやすみモードになったので
どんなゴハンだったのか見てないですが、まあ割高の簡易な食事・・・だったようです。

飛行機から見た台湾★はじめまして台湾!

14:20 台湾 桃園空港到着
フライトは3時間でしたが、台湾は時差がマイナス1時間。
到着して、空港で腹ごしらえ。夜まではまだ少しありますので。。
空港の4Fのフードコートで、
「牛肉ラーメン」「小龍包」食べました。
どちらも台湾名物です!
牛肉は甘い味付けでした。ここだけではなく、台湾のお肉系は、
いや肉に限らず、お食事全体的に、甘い味・香りが多かったです!
(このときはまだ知る由もなかった訳ですが・・・)
小龍包はフツーにある感じで美味しい。ジューシーです。

空港で両替をしました。
台湾ドル(NT)は基本、×3で日本円表記になります!
多少の円安で、正確には3.3くらいになっていましたが、いつも3で計算しました。
わりと分かりやすいですね。
そして、計算するたびに、お手頃プライス過ぎで驚くことになります。

さてお腹もふくれて、準備万端!リムジンバスでホテルへ移動。
ところが、いくつかの会社がそれぞれに窓口を持っていて、よくわからない。。。
バスの路線と、地図を見比べ、見比べ、多分大丈夫だろう。。
と8割の確信を持って、乗り込みました。
今回は、長榮集團(EVERGREEN)のバスに乗りました。
台湾の会社で、航空便もあります。日本で言うJAL、ANA的な会社。
この路線は、主要MRT駅近くに停まるので便利かと思います。

泊まったホテルは、MRT(地下鉄)東門駅近くの、ROYAL BIZ HOTEL
口コミで調べて決めましたが、想像以上に広く、キレイで満足いく部屋でした。
まわりは普通に現地の方の生活フィールドという感じで、観光気分、旅気分はありません。
まあビジネスホテルというスタンスなので、不問でしょう。

東門駅の周りは、永康街といって、
小龍包の有名店や、飲食店、雑貨店、洋服屋、、、いろんなお店がひしめき合っています。
20時になろうという時間でしたが、この賑わい!↓
平日の夜ですよ〜!文化とライフスタイルの違いを実感しました。


さらっと見た後は、今日のメイン、士林夜市へ!!
MRT剣潭駅で下りて、熱気が渦巻く夜市へ!!
夜市では最大級、地下にフードコートのような「美食街」になっています。
雨でも安心、という観光客に嬉しい市場です♪

ぐーるぐーる見て回って後、その地下フードコートで夕飯です♪
カキのオムレツ、牛肉ラーメン、青菜炒め、そして臭豆腐!
これだけ注文して、NT$230!¥700くらいです。さすが、安い!
すべて台湾名物なんですが、とりわけ臭豆腐。
こいつわーー・・・強敵。そう、強敵すぎた。
あのね、「スゴ過ぎるこのニオイ、あれに似てるな、、、」と
ナニかが頭の中をかすめて行ったのですが、それを認めてしまうと、
もうそれとしか思えなくなる、絶対口に入れたくなくなるので
そのナニかを意識から抹消しました。

この臭豆腐、、、屋台のあちこちから存在感をいちいちアピールしてきます。
そのくらいメジャーで、そのくらい強烈。。
今回食べたのは、かるく揚げた調理だったのですが
他にも、麻婆豆腐風とかもあるようです。こっちの方が、緩和されて良かったかも。

台湾料理について、次の日の九份ツアーのガイドさんから聞いた話ですが、
中国系(中国、香港、台湾)の人は、料理に
見た目、香り、最後に味、この3つが揃って、料理です!とのこと。。
香りがかなり重要なウェイトを占めているそうで。

頭の中をかすめたのですが
まる、全部食べてくれてありがとう。。。

台湾料理も食し、一番メジャーな夜市も抑え、
ひとまず1日目は終わりです。

台湾旅行!旅立ちの準備

8月27日〜30日、3泊4日で台湾に行って来ました★
まるとふたりで初めての海外旅行!

数ヶ月前・・・
 私「留学も、もうすぐ終わりだね。最後の思い出にどこか旅行行きたいところ無い?」
 まる「一緒ならどこでも・・・」
 私「いやまあ・・・今回はまるに合わせるよ。
 北海道とか、沖縄とか、ちらっと言ってたよね?夏だから・・・北海道はどう?」

 まる「・・・(思案)・・・韓国か台湾」
 私「んぇ??」
 まる「さやちゃんは海外好きでしょ。
台湾とかに行ってみたいって、前に行きたいっていってたよね。
せっかく日本に来たんだから、アジア行こう


日本来てるから、アジア・・・。
FROMヨーロッパから見たら、日本国内移動するのも、ちょこっと海を渡るのもあまり差はないのかな。。?
(昔留学できていたシンガポールのお友達も、最終日に強行東京観光に行ってたことを思い出す・・)

それに、国境を越えるっていう意識にも国民性が出るような気がしますね。
ヨーロッパは陸続きで国境を越えられるし、いちいちきっちりした審査が有る訳じゃないから
別の国に行くという意識のハードルは低いのかもしれません。

そんなこんなで、日本の思い出作りに、アジアに飛び出すことになったんですが。
表題のとおり、台湾にしました!!
韓国は私が行ったことがあるのと、台湾には、専門学校時代の友達がいて会いたいな〜という理由。

さて基本、私はプランナー。笑
一人旅も大好きで、事前に情報収集と、スケジュール立てをきっちりしちゃいます。
几帳面だからではんく、そうやって旅するのが好きなんですな!
考えうる中から自分にぴったりの(←重要)ベストなプランを立てて行動出来たときにとても満足します。
それに、旅行は異文化の大冒険でありたいので、そのニーズを満たすものを体験したいんです!!(熱弁)
このようにして、私の全ての欲求は、パックツアーを遠ざけます。。
否定はしないですけど。

そしてまるは基本、「さやちゃんのしたいとおりにしたい」というスタンス。
提案→相談→100%OK・・・という感じ。
そう!申し訳ないくらい、わたしが好き勝手決めちゃいました。

というわけで、題して「私プレゼンツ★台北ハイライト巡りと、台中の旧友に会うツアー」

あと、二人とも方向音痴です。。ふふふ。これはちょっと厄介。笑
地図とるるぶはマストです。

さて、航空会社は、ジェットスター★を選んでみました。
初めてのLCC・・・
時期的に、格安というほど恩恵を受けることが出来なかったのですが、
台湾往復 ひとり¥22,880
で、さらに受託手荷物(預けるキャリーケース)の重量をオプションで、
10kg(デフォルト)→20kg に 増やしました。
¥1,500/1点しましたけどね。。つまり往復2人だと×4になるので
オプション料は+¥6,000。なかなかです。

しかしまあ当日に申し込むともう少しチャージアップするそうなので、安心料、ですね。
(結局、行きも帰りも、一人のキャリーケースに全部詰め込みました。。)

ホテルもAgodaなどの口コミサイトをみて
吟味し、選びました★
台北→Royal Biz Hotel・・・27,28の2泊。@5,700円
台中→CityInn Plus Taichung Station Branch・・・29の1泊。@3,000円
どちらもお値段以上の良いお部屋でした!
多少、周辺環境はいまいちではありますが・・・
ホテル全体と、お部屋の清潔感・居心地の良さを求める方にはオススメです。

さて、旅の準備もそんなところにしておいて、
次からは台湾巡りレポートに移ります★

お姉さん

ある日、TVを見ていて・・・



まる「あーこの人。知ってる!
   アネー!アネー!」



私「姉?」


TVを確認すると、、、


そこにはIKKO、ミッツマングローブ、、、






私「・・・!
  
  『おネエ』ね!!

  姉って・・・あなたのお姉さんかい!!」
 




と思わずツッコんじゃいました。笑




まる「おねえ、おねえさん、、、と あね。。。
   おにい、おにいさん、、、と あに。。。
   日本語ややこしいよ。





いや、他に覚えるべき日本語沢山あるでしょう・・・!

TVの影響力たるや、おそろし!!

チェコパ★(チェコパーティー)

チェコパーティをしました★
友達を呼んで、まると一緒に作ったチェコ料理を振る舞いました。

ryori.jpg

中央下 ブランボラーク
右   グラーシュ+クネドーリキ
左   オニオン&トマトサラダ

デザートに、ターチュ
2013-08-23-19-00.jpg


英語に翻訳された、チェコ料理のレシピ本を見て作りました。
が、誤訳も多く、(明らかに写真と違うレシピが載っている。。)
材料のほぼ半分が、「分量はお好みで」という放任主義な本。

この大味感は、欧米的で面白いんだけど、
異文化の人間が作る際に関しては、正解が分からないものを模索する実験料理になってしまうので
ちと困ります。

もちろんまるは、国の味なので知ってはいるんですが、こういった伝統的(で時間のかかる)料理は
作ってきてなかった・・・。完成品は知っていても過程は?状態。

二人であーだこーだ言いながら、、、
TVのハリーポッターを見ながら、、、実験料理は探り探りで、、、

で、なんとか出来ました。

最終的には、まるが「懐かしい味」とコメントしてくれたので、再現出来てたんだと思います!
ただ、ブランボラークだけは、ちょっといまいち・・・味がぼんやり。。。
わたしが、チェコの蚤の市の屋台で食べた物は、もっとずっとコテコテした味だったんです。。!
多分、不健康なまでのたっぷり油で揚げ焼きにしないとだめなんですね。
こいつは要改善です。

料理覚え書き
●グラーシュ●6人分
牛肉 600g
玉ねぎ 大4個
ベーコン 100g
中力粉 大さじ2


パプリカ
にんにく
マジョラム
キャラウェイ
唐辛子
※イオンなどのスパイスコーナーで揃いました。
P1010877-2.jpg

*作り方*
1.牛肉を一口大に切る。
2.たまねぎを細切りにして、ベーコンと一緒にあめ色になるまで炒める。
3.肉を加えて、茶色くなるまで炒める。
  パプリカを加える。
  少量の湯を加える。
  塩を加えて、柔らかくなるまで煮る。
  よく煮て、水分をとばす。
4.マジョラム、つぶしたにんにんく、唐辛子を加え、少し煮込む。
5.クネドーリキと一緒に皿に盛る。
  お好みでパセリ、サワークリーム、玉ねぎの薄切りなどを飾り付ける。
*コメント*
煮込み時間は全部で2時間ほどでした。
お肉が柔らかくなって、たまねぎも溶けて、とても美味しかったです。
まるの実家では、4時間くらい煮込むそうです。
煮込み時間を惜しまないことが美味しく仕上げるコツですね。

●クネドーリキ●6人分
中力粉 400g
イースト 15g
牛乳 150CC
卵黄 1個


*作り方*
1.中力粉をふるい、イーストを入れる。
  あたためた牛乳を少しずつ投入する。
   卵黄、塩を加え、こねる。
 ボウルの中で丸くまとめたら、ラップでカバーをして、発酵させる。
2.1時間ほど置いて、膨らませる。
  3〜4等分して、棒状に丸める。直径は5cm〜8cm。
 (ゆでる鍋のサイズに合わせてサイズを調節。)
3.塩を少し加えたお湯で、25分程ゆでる。
4.厚み1cm程度にカットする。
*コメント*
ゆでるときに、全体をラップすると綺麗な形をキープできますが
ラップで閉じたサイズ以上に膨らまず、きゅっと固まってしまい、柔らかさが落ちます。
どちらをとるかは、お好みで。

●ブランボラーク●6人分
じゃがいも 800g
にんにく 数欠け(今回は4欠け)
卵 1個
中力粉 100g

マジョラム
キャラウェイ
塩胡椒

*作り方*
1.ジャガイモは、細切りにする。(おろし金でスライスしてもよい。)
2.塩、つぶしたにんにく、キャラウェイ、マジョラムを加える。
  卵をくわえ、混ぜ合わせる。
3.フライパンに油をひき、薄く広げて焼く。

*コメント*
スパイスは驚く程多く!生地は薄くのばす!揚げるくらいの量の油を使う!
それが、おいしく、コテコテに、カリっとしあげるコツです。

●ターチュ●28cmのタルト皿3回分
中力粉 400g
イースト 30g
粉糖 40g
卵黄 2個
牛乳 250ml
塩 ひとつまみ
無塩バター 60g

桃の缶詰
りんご
バナナ

**
クランベリー
ブルーベリー
その他ベリー系
ポピーシード
IMG_4307-2.jpg

1.生地を作る。粉をふるって、イースト、粉糖、塩、卵黄、牛乳、柔らかくしたバターを混ぜてこねる。
2.生地を丸くまとめてボウルにラップをして、発酵させる。
3.タルト生地台に生地を広げる。1cmくらいの厚みで均等に均す。
4.ベリー系を敷く。(私はクランベリー、ミックスベリーのドライフルーツをしきました。
5.シュガークラムを全体に振りかける。
6.フルーツを敷く。(りんご、桃缶を三日月状に切ってならべました。生のままでOK)
7.シュガークラムを全体に振りかける。
8.ポピーシードと粉糖を軽く混ぜて、全体に振りかける。
9.200度で13〜15分焼く。端がこんがり色づくまで

*コメント*
ドライフルーツが、表面に出ていると大変焦げやすいです。
アルミフォイルを被せるか、表面にはフレッシュフルーツが出てくる様に
並べるときに気を付けてください!


学生ビザを取ろう!

大使館の方と連絡しまして、ビザについて相談させて頂きました。

ただでさえややこしい国際結婚の手続きなんですが、
私の場合また少し込み入ってます。
なぜかというと、

チェコ行き・・・今年中
結婚式・・・来年6、7月

という予定です。(自分たちの意志なので変えたくないところです。)
しかしこれはビザ無しで滞在できる、「半年以内、90日間」を越えちゃってるんですね。

色々とあらゆる可能性を検討したのですが、大使館の方のオススメはズバリ
「学生ビザを取る」ということでした。

〜理由〜
①配偶者ビザ
婚姻段階では取りにくい。。不確実なのでおススメできない。
①学生ビザ
授業がある期間はビザを発行出来る。
それに連続して観光ビザを(申請なし)期間をくっつけることもできます。。。とのこと。
例)6ヶ月の授業+3ヶ月の観光=9ヶ月チェコ滞在
②パートナービザ(?)
パートナービザ?というのもありますが、
一緒にパートナーとして暮らしていたという証拠を申請しないといけないし、
あまり例もないので、下りるかどうかわからないし、時間も読めない。

まあ、実際問題
チェコに行ってから語学学校は行こうと思っていました。
ただまあ急がなくてもいいかな、ということで向こう行ってから学校なども検討することに
していました。
今回にわかにこのような方針をアドバイスされまして、
ちょっと順番を入れ替えるだけじゃん!という印象です。
これから学校探しを始めます!

ところで、次の問題としては、どの地域の学校にするか?です。
まるが就職する先に合わせて住居も決める予定なので、まだどこに住むか確定してません。。

とりあえず、プラハ・ブルノ・オロモウツなどの主要な都市で良さそうなのをピックアップする
ところからですね。

なんにせよ一歩進んだので良かったです。

須磨ビーチで海水浴★

須磨ビーチに行って来ました。

関西ではナンパスポットで名高い、須磨。。。
交通の利便さを優先した結果、こちらに決まりました。

昨日の晩ご飯時に、
「そうだ海に行こう」という、電車広告さながらの明快さ。
思い立ったが吉日。何事もタイミングと勢いです。

面白いのは、まるはここでも、渚のヤンチャボーイに腕相撲を申し込まれていました。。
まるを見ると、うら若き殿方は、闘争心が掻き立てられるのか?
たしかに、ずっとバスケやってて、上半身なかなかのマッチョですが。。

まるもまさか、須磨まで来て、砂浜にあぐらをかいて
「アームレスリング?」と申し込まれるとは思わなかったでしょう。笑
決着はつかない間に、なんか終わったみたいです。挑戦者もなかなか強かったんですね。

海岸のお土産は、、、日焼け。
見事に真っ赤っかです!
まる「黒くなる方がいいよ・・・今ヨーロッパで流行ってるよ。焼くの。」 
とは、彼の主張ですが・・・

いやーー小学生の頃から、海とプールで、こんがり黒いオンナノコだった私にしたら
色白こそ憧れですよ。
ま、赤くなった部分てのは、すごくひりひりするようですが。。。

泳ぎも上手い彼。そして、なんか片手で打つ水鉄砲もめちゃ上手い。めっちゃ飛ぶ。
別の機会でしたが、石を水面でぴょんぴょん飛ばす様に投げるやつ(チェコ語では「かえるちゃん」というそうで。)も
3、4回跳ねさせることの出来る、スキルを持っています。
なんというか、、、、

「まるって自然とたわむれる系の遊びが上手いよね!」

「ああ・・・おもちゃがなかったから!」


またそういう、本当か冗談かわからないブラックなジョークを・・・!
笑っていいのかどうか、困るじゃないか・・・

日本人の知らない日本語というマンガの中でも、
チェコのブラックユーモアが取り上げられていました。国民性・・・?笑

「来年は、イタリーとか、クロアチアとかの海に行こうね〜」

なんて素敵な響きだ・・・
くらげなんていないんだろうなあ〜須磨のようなくらげ海は泳ぎにくいんだよ。。。
来年が楽しみ。。

外国人的ブラックジョーク

外国人的ブラックジョーク

TVで心霊写真、衝撃映像などの怖いモノ番組をやっていました。


私「こんなの作り物だよ」
まる「・・・(TVを真剣に見る)」




まる「そういえば、日本のおばけは、足が無いよね。」
私「うん、そうだよ。よく知ってるね。」




まる「だって昨日、廊下で見たから!


私「・・・!!!」(血の気が引く。)






まる「冗談ダヨ hihi 



全然幽霊とか信じないのに、このときは一瞬想像してしまって
ぞくっとしました。。。
あまりにも、流れが自然過ぎたので。笑

そういうシンプルな話が一番リアリティがあって怖かったりする。

はじめてのお習字

今日は和歌山のおばあちゃんの家に行って来ました。
俗にいう、お盆の里帰り的な。
まあしょっちゅう遊びに行ってるんですが。

おばあちゃんは昔、小学校の先生で、書道の先生でもありました。
今でも、書道の作品を出品したり、絵手紙を書いたりと
書や絵が堪能な、自慢のおばあちゃんです。

そんなおばあちゃんに習字の手ほどきを頂くことになりました。
今朝の、会話。
父「今日、習字してみるか?やったことある?」
まる「無いです。やってもいいんですか」←ノリノリ。
父「じゃあなんか書きたい字考えときや」
まる「!!・・・そうなんですか(どうしよう)」←困惑。

日本人も書けないようなムズカシイ表外漢字まで
書きこなす、まる。
最近覚えた字は、「招聘、荊、鋳る、耽る・・・」
読めても書けない・・・まあ書く機会も無いですが。。

何を選ぶかなーと思っていたら、
書きたいという字は・・・

「守」

まる「さやちゃんを一生守るの字だよ〜」

・・・どストレートワード!!
そういう所はホント、さすがまるだなあ、、と。
西欧人だからという括りではなくて、
本当に彼のパーソナリティとして、
とっても優しい、繊細な部分を持っているんだな〜と改めて思いました。
ま、つまりめっちゃ嬉しい、と、そう言うことです。

はい、甘い話はそのへんにしておいて。



がんばって書いてます。

半紙に書いてみて、その次にちょっと大きいのに挑戦。
そして・・・出来上がったのがこちら。



初めての習字です。が、
ぶっちゃけ私より上手いと思います。
慎重で丁寧な性格が、習字の細かな筆遣いをトレースするのに役立ちましたかね。

楽しそうだったので私もやっちゃいました。



左「チェコ」漢字の当て字。こう書くんですね。
右「まるちん」ファーストネーム当て字。
お粗末様です。

でも楽しかった〜
チェコでも書道しようかしらん

お料理覚え書き8/13

作った料理の覚え書き★

お家でたこパしました。
オードブル系を作りました。




1:写真左上 ペペロンチーノ
パスタ 2人前200g
鷹の爪
粗挽き胡椒
ベーコン
にんにく ひとかけ(薄くスライス)
オリーブオイル

*作り方*
1:水2リットル、塩ふたつまみを入れて湯を沸かす。
2:湧いたところでパスタを投入。標準湯で時間より2〜3分早く上げる。(硬めが好き)
パスタをゆでながら、ソースを準備!
3:にんにくをうすくスライスする。
4:オリーブオイルをフライパンで熱し、ニンニクを炒めて香りをつける。
 焦げやすいので注意!!!(今回、焦がしましたよ。。私)
5:鷹の爪、ベーコンを入れていため合わせる。
6:パスタを投入。
7:パスタをゆでたゆで汁を、お玉ひとつ分入れる。
 炒めて、よく絡ませる。塩加減を見て、塩胡椒で味を整える。

2:写真右上 ディップ&クラッカー
クラッカー

*クリームチーズのディップ
クリームチーズ100g(常温に戻す)
シーチキン 80g(ひと缶)
玉ねぎ 中の半分
きゅうり 1本
マヨ 塩胡椒

*作り方*
1:クリームチーズを常温に戻す。
 玉ねぎとキュウリを細かなみじん切りにする。
2:全て混ぜる!

*キュウリのディップ(ギリシャのヨーグルトソース?サラダ?のザジキを参考にしました。
ヨーグルト 400g
きゅうり 1本
クリームチーズ 適量
にんにく ひとかけ
ペパーミント
粗挽き胡椒

*作り方*
1:ヨーグルトは水切りをする。
 レンジで2分加熱、その後ガーゼorキッチンペーパーで漉す
2:きゅうりは粗みじん切りし、塩をよく揉み込む。
 水気を切る。
 にんにくもみじん切りする。
3:材料全て混ぜ合わせる。ミントの香りがアクセントになる!
 味の濃さは、お好みでクリームチーズを増やしたり減らしたりで、調節する。

*たことほたての和風セビチェ
ゆでだこ(刺身用) 1本
ほたて(刺身用) 5〜6個
トマト
たまねぎ
きゅうり
大葉

ドレッッシング
ポン酢+ゆず胡椒
1:ゆでだこ、ほたて、トマトを一口大に切る。
 たまねぎ、きゅうりは粗みじん切りにする。
 大場は、細切りして、水にさらす。水気をきっておく。
2:全て混ぜ合わせて、密封し、味を馴染ませる。
 冷蔵庫で冷やしてから召し上がれ!



*はんぺんサラダ(写真2枚目の左下)
はんぺん 1枚
ツナコーン 1缶
ほうれん草 1パック
イタリアンドレッシング(市販)

*作り方*
1:ほうれん草をゆでる。1分半ぐらいゆでる。水気を十分切って一口大に切り分ける。
2:はんぺんは6×6くらいに切る
3:全て混ぜ合わせる。

*たこやき(斜視ん2枚目の右下)
普通にたこ焼き粉を買って、裏面を大体守ってつくりましたが、
注意点は、、、
・タネは水のようにしゅるしゅるでOK!
・中の具は大きめで存在感アピール

また作るときの参考に・・・

甲子園 高校野球観戦!

8/10に、まるとアグレッシブな一日を過ごしました。
朝から甲子園で高校野球を見て、夜は淀川花火大会を見るという
夏の風物詩めぐりをして来ました。今回は甲子園の内容書きます。

この日は、猛暑・・・日本で40度を超す地域が4カ所ほどあったそうな。
そんな日に甲子園なんて、無茶な・・・という感じですが
地元地域から初出場の高校がこの日になったので、その応援です。
暑かろうが寒かろうが、この日しかなかった訳で。
日よけと水分対策に気を付けて、出かけました。

甲子園まではうちから2時間近くかかります。。。
電車の中では、チェコ語講義が始まりました。
まるが教えたがるというより、私が、「あれは?これは?チェコ語でなんていうの?」と、
あれこれ聞いて、メモるという感じです。
本で読むより、ずいぶん頭に残りやすいですし、
一般的な言い方とか、日常的な言い回しで教えてくれるので、とても良いです。

甲子園は私も初めてであれば、まるも初めてです。
まるは、球場での観戦自体が初めてだったようで
外野は無料で観覧できることに驚き喜んでいました。笑

対戦相手は過去優勝経験もある強豪・・・
勝つ望みは薄かったんですが、ひとつひとつのプレーをしっかり応援しました。

色白のまるは、日焼けするとまっかっかになります。。
日焼け止めを貸して塗りましたが、心配なのでタオルを頭から被ってました。
彼からみると、「日焼けして黒くなる方が、赤くなるよりいい」んだそうです。
赤くなると、痛い?んだそうで・・・
「いやいや・・・黒くなったらなかなか戻らんのだよ?特に年齢を重ねると・・・(切実)」
お互い無いものねだりです。

結果は、大差で負けました。でもよくがんばったよ!うん。
ららポートでゴハンを食べ、買い物をして、時間をつぶします。

肉食のまるは、とにかく、肉。
「NO MEAT, NO LIFE!」と最初に叫ぶのは彼か?と思わせるくらい、肉が無いと生きて行けません。
チェコの食文化がそうなんですね。特に彼は、スポーツやってたので
その中でもアスリート並みの食生活していました。
野菜中心、米主食の日本の食事は、そろそろガマン出来なくなっております。

バイキングに入りたそうにしていましたが、店内をじーっとみて何やら思案中・・・
「肉あるかな?
「(健康的な食事を売りにした、女子向けの店なんだが・・・)・・・入って見てみる?」

ということで、お店にささっとお邪魔して、バイキングの料理が並んだテーブルを下見。

「ほらあれ肉なんじゃない!?(沢山の野菜料理の中にちょろっと置かれていた、唐揚げと肉団子を指差す)
「(それでいいなら何も言うまい。)うん、じゃここにしよう。」
大体お昼はこんな感じで、まるの食べたいものに合わせます。

食事の後は、ZARAにて買い物。
チェコ人のサイズは日本のブランドにはあまりない・・・ということで
日本に来てから必然的に、ZARAになったそうです。
パンツ購入。
4時半、良い時間になって来たので、そろそろ梅田に行きます。

続きは、後日。。

ご挨拶&ブログの主旨

こんにちは。さやかと申します。
このたび、不思議な縁あって、チェコ人の彼と婚約しました。
早くて今年中にチェコに渡り、来年の夏に挙式予定です。

簡単にこのブログ誕生のいきさつをお話しますと、
今まで沢山の国際結婚された方々のブログを参考にさせて頂き、
とても勉強になるとともに、
国際結婚にまつわる色んな不安を吹き飛ばし、さらに期待を膨らませて頂きました。
その恩返しとして、
私の日々の出来事を少しずつ綴ってゆくことで
これからますます増えるであろう、国際結婚をする方々へのエールとなるようにしたい!と思い
ブログを開設する次第となりました。

また、日本にいる知人友人方にも、
あいつは今こんなことをやってるんだ〜と分かってもらう
近況報告になればよいかなと思います。

そしてひいては、
チェコに憧れのある人、チェコに行ってみたい人、海外生活全般に興味のある人、
そんな方々にとっても、読んで楽しい、見て面白いブログにしたいと思います。^^

思いのまま書き綴って行きますので、意味不明点沢山あるかと思いますが
会話を聞き流す様に、気軽に見て頂ければと思います。
どうぞよろしくお願い致します!
プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコのプラハ在住、フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ