チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ブルノ
CATEGORY ≫ ブルノ
       次ページ ≫

ソリ遊び in Brno

ブルノに行ってました。
マルさんの誕生日ということで、家族でお祝いしました。

金曜日午前にバスでブルノへ。
道中の景色は、雪・・・。
深すぎず、少なすぎず、ちょうど綺麗に積もっていてとても綺麗でした。
雪の中放牧されている馬さん達が寒そうに見えました・・・。
ゆうきは2時間半のうち、1時間くらいは寝てくれました。
朝早かったからね〜。

ついて、早速
お母さんから「普段のプレゼント」「誕生日プレゼント」をいただきました。
「普段のプレゼント」とは・・・
いつも行くたびに何かしら準備していてくれるのです。
ブルノの発電所のコップとかノートをもらいました。(謎

そして誕生日プレゼントは・・・
エチケットの本!大型本!!
大統領のもとスポークスマンの著書だそうです。
本が溢れている我が家に、おぉっと・・・と思いましたが
思いの外、マルは興味津々。
特にビジネスの身だしなみ・・・スーツとか小物とか、
そういうページを、後から熟読していました。
また服増えるかもな・・・
と思っていたら、早速お母さんからの誕生日プレゼントで
ネクタイ、カフスボタン、ネクタイピンのセットをもらっていました。


私にもプレゼントがありました。半袖Tシャツをもらいました!
シンプルで可愛い。裾がリブになってて面白い。
ヨーロッパの定番、胸元の開いたデザインでしたが・・・
まあ重ね着すれば着れるさ。。
マルも同じブランドのTシャツもらっていました。
そしてゆうきも、一番小さい子向けのレゴの車をもらいました。
最近、車に興味があるようで、
ブーブーと言いながら走らせています。

こんなにもらっておいて、うちからのプレゼントは無しでした。。。^^;
流石に次回は何か準備していこう・・・。

そしてその日の午後にいとこ家族が来てくれました。
さてマルがもらったプレゼントは・・・・

エチケットの本!!!!!!!!
同じ著書の!!!!!!!

こちらはビジネスについての話で、
前の本と違って写真は少なく、ひとまわり小さい。
まさかの偶然の被り?かと思ったけど、
事前にお母さんがプレゼントの内容を話していたそう。
それでいとこ家族が、同じ著者の少し違った本を選んでくれたんですね。


「ゆうきの役にも立つね」
とマル。


そして「サンタさんからのプレゼントがまだ残っていたよ」と言って
ゆうきにも車のおもちゃをくれました。
いつもいつも、すみません・・・。

翌日は特に予定もなく、家でのんびりしていました。
雪が少し残っているので、ソリ遊びに出かけました。
と言っても、歩いてすぐのちょっとした坂道で滑っただけですが。
ゆうき、初ソリ。
まずは平らなところでソリに乗せてもらい、
パパに引っ張ってもらいました。
初めこそニコニコ、じっと座っていたのですが
パパが調子こいて走り出したものだから、スピードと振動にびっくりして
泣き始めてしまいました。
そこからは乗りたくない〜!と。
坂のところに着いたら、パパと一緒に滑ってみました。

P2100882.jpg

これは滑り終わったところ。
固まるゆうき・・・。

この雪遊び用のズボンは、お母さんが昨日買っておいてくれました。
こういう冬仕様の服、買わなきゃと思いつつ
なかなかいいのを見つけられなくて。。

パパと2回、ママと2回滑りました。
ママと滑っているときは、パパが写真を撮るため、
併走していたのでその姿が面白くてちょっとアハハと笑っていました。
後からその写真を見ましたが、
ソリ遊びが楽しすぎて、ママの方がいい顔している。。。笑

P2100950.jpg


ソリ遊びの帰り、私たちだけでスーパーに寄ったのですが
そこでマルがちょっとお高めのチョコを買いました。

「母へのバレンタインデー」

なるほど、それもすっかり忘れていた。
ちゃんとそういうところを思い出して何か買うっていう、
優しいところもありますね。
さて、、私の分も期待していいのかな・・・?笑

あとはお家でのんびり。
お母さんに甘えて、ゆーっくり。
オリンピックを見たり、昼寝したりして過ごしました。



翌日日曜日の昼食後にブルノを出発しました。
帰りのバスは、やっぱり寝ない。。
バスの発着場所に行くまでのトラムとかで
うとうとと1時間弱くらい寝ちゃうんですね。
次回はなんとかこの昼寝をバスにもっていけるように・・・
工夫したいと思います。
長い帰り道でした。。。
スポンサーサイト

ブルノのおばあちゃん家の3日間

8月最後の週末、金曜日からブルノに行ってました。

いつもながら大変な電車の旅ですが、今回は少し違います…。
なぜなら、ひみつ道具を持って来たから!!

IMG_20170827_174007b.jpg


そう
iPad!!

大好きなアンパンマンを見て大人しくしていてもらおうという作戦です。
こんなときくらいは仕方ない。
さあ好きなだけ見よ!

と見せてはみたものの、だんだんと飽きてきて
やっぱりぐずぐずが始まりました。。

最終的には、やっぱり抱っこでデッキ。
そしたら寝ちゃいました。

金曜日、あんまり天気は良くなかったのですが
午後からおばあちゃんも一緒にお買い物に出ました。
ブルノの中心にあるショッピングセンターのヴァンコフカ。
服から食事までなんでもあります。
おばあちゃんは、今度旅行に使う小さいスーツケースを買いました。


ショッピングセンターに行く道中、立ち寄ったのが
野菜市場の近くに最近出来たマーケット。Tržnice Brno
(ウェブサイトはまだ準備中のよう…。)
マーケットといってもビルの中にあって、
そこで色んなお店がブースを構えているという感じ。
日本の百貨店の北海道展のような感じを思い出しました。(懐かしい…)
はちみつ、ワイン、オシャレなお菓子、パン、色々…。
建物は空調が効いてて、快適でした。
しかしまだ全部のスペースが埋まってないみたいだし、
お客さんもまばら…。
盛り上がっていけば、楽しいショッピングスポットになりそうだから
なんとか倒れずにがんばって欲しいなと思いました。


土曜日。
午後から、ブルノのお友達と会いました。
ブルノに来る1ヶ月くらい間、
以前から知っているお友達に会いませんかと連絡したところ、
近くに住んでいる他の日本人のお友達も誘いましょうか^^と提案いただき、
今回会うことになりました。
ある方のお家に、4家族が大集合!
大人7人、子ども7人のにぎやかなミーティングとなりました。
本当に近くに日本・チェコカップルのご家庭が住んでいたこともわかり、驚きでした。
ある方は、マルのお母さんの写真を見て「見かけたことがあるかも…」と。
十分有り得ます、生活圏がまるかぶりですもん!
わたしたちも何度も今までブルノに行っていましたが
会わなかったのが逆に不思議なくらいです。

みんなチェコ人旦那と日本人妻。
自然と男性陣、女性陣にわかれ、それぞれ色んな話しに花を咲かせました。

ゆうきはというと、最初こそ角の後ろに隠れていたものの
すぐに慣れ、部屋の中を歩き回り、おもちゃで遊び、おやつを食べ、
皆に相手をしてもらっていました。
人見知りや場所見知りは落ち着いた模様。
じっと顔を見られると照れてあっちの方向を向くのは、性格のようです。
他の子どもたちも幼稚園までの子ばかりだったので
ちいちゃい人間たちがあっちへこっちへよちよち、本当に可愛かったです。
一緒に遊べてるような、まだそんなによく分かってないような…。
そんな様子がまた可愛い。
将来的にもいいお友達になってくれたらいいなと思います。

日曜日。
午前中に、お庭でビニールプールをしました。
昨日の午前もしたので、2回目です。
膨らます係はもちろんマルパパ。ポンプは無いので息で…。
最初はおそるおそるだったゆうき。

P8260230b.jpg

今日はもう慣れたもので。
おもちゃがわりの計量カップで楽しそうに遊んでました。
そんな様子を、日本のおばあちゃんにもSkypeで見せました。
おばあちゃん同士もご挨拶…チェコ語です。
短いながらもちゃんと通じていたので、よかったね〜日本のばぁば。

P8270285b.jpg



P8260257b.jpg

↑今回のベストショット。



夕方にプラハに帰りました。
来たときと同じく、アンパンマンにはすぐに飽き
またもてんやわんやな3時間になりました…。
Regio Jetというこの電車、普通は子どもの遊びスペースもあるのですが、
今回はなんと無し!
出発直前にトラブルかなにかで、走れなくなってしまったようです。。。

期待するサービスが当然あると思うな。
チェコで生活する上での心構えです。。

おじいちゃんの誕生日会


またブルノ行って来ました。
2ヶ月間で3回…今までにないハイペースです。
しかも今回は1泊のみ。
いつもは2泊なので、いつも以上にタイトスケジュールでした。
そうまでして行かなければならないのは、
今回はマルのおじいちゃんがお誕生日なので
みんなで集まりましょうとお誘いがあったから。
前回ブルノに行ったとき、おじいちゃんたちは来れず会えなかったので
これは行かねばね、ということで。

電車移動、今回は酷かった…
ゆうきの暴れ具合がどんどん酷くなっています。
嫌なことがあればキィィィー!!と全身全霊で叫びます。
それだけいろんなものに興味が出て、
遊びたい気持ちが強くなってきているということなんですが…。
その変化についていけないわたしたちは
イライラがすごいです。。
もうね、感情を無にしてただただやり過ごすしかありませんでした…。

ブルノについて、おばあちゃんのお家でお昼ご飯。
いつもマルの大好物のチキンカツを作ってくれています。
とくに作りたては、レストランのよりも美味しいです。

食後の休憩もわずかで、すぐに出発の時間になりました。
ブルノ中央駅から、電車で10分ほどの郊外に行きます。

到着すると、おじさんたちがすでに来ていました。
みんなで乾杯。
そしてお祝い。
うちでは、握手して「お誕生日おめでとうー!」と言って
プレゼントを渡すのが誕生日の祝い方です。やっぱり歌は歌いません。^^
おじいちゃんの誕生日会だけど、
おばあちゃんも6月で近いので、一緒にお祝いしました。


今回は、おじさんがイタリア旅行に行った写真と
その息子がイタリアで登山中に撮った写真を
テレビに映してみんなに見せてくれました。
イタリアの山…とっても綺麗で、素晴らしかったです。
息子さん、つまりマルのいとこのトマーシュ君は
イタリアに留学中なのですが、
送って来る写真は山の写真ばかり。笑
(まあ普通、学校の写真なんてそうそう送らないですけどね…)
登山に使う靴や道具が写ると、
「彼の勉強道具!」
とおじさん。
おじさんは冗談をよく言う面白い人です。
話してるチェコ語全部を理解できない自分が残念ですが…。
雪山の景色で、空にヘリコプターが映ったのを見ると
「息子らを捜しにきたのかもね」
実際、彼らが山を登っているまさにその場所、その時刻に、
雪崩に流されたグループがあったようです…
冗談になっていないです…

そして歓談。
ゆうきはおじいちゃんに相手してもらってました。
前に会った時は、おじいちゃん、そこまで構ってなかったから
あんまり興味ないか?と思ってたけど…笑

IMG_20170701_154258b.jpg

ゆうきがテクテク歩いて、テーブルの向こうの方に行こうとしたので
水やグラスを落としてはいけない、と思って
着いて行こうとしたら、おじいちゃんが
わたしを「しっしっ」という感じに手であっちへ退けるので
ちょっと…イラっときて(笑
わたしは要らんみたいな感じが、ね!
じゃあもうし〜らな〜いって思って
ゆうきがテーブルに手を伸ばしても、涼しく眺めておりました。
落としてぶちまけて割ってももしらんぞ、と。
そして結局、マルがあれこれ危ないものを遠ざける係になっていました…。

初めてゆうきに会った時も、
おばあちゃんに抱かれて泣き叫ぶゆうき、
本当に他人に慣れてない頃だったからわたしが横で必死であやしてたら
おじいちゃんは「やめろやめろ、じゃまじゃま」って感じで
払いのけられて。その時も「ん?」と思っていましたが。
そりゃ、慣れさせなきゃいけないのは分かるけど、
少しずついかなきゃ…泣いて取り乱してたら
何に慣れればいいのかも分からないでしょ。
おじいちゃんは豪快な人だとわかっているけど、
文化の違いというか、方針の違いというか。

と、愚痴話しは置いといて。笑

この日はゆうきもご機嫌、おじいちゃんの膝の上に乗せてもらって
ティッシュペーパーを盛大に撒き散らしていました。

IMG_20170701_151851b.jpg

うちじゃ、出来ないからね!今日だけだよ!

その次の週は、祝日が2日連続であるということから、
「休日の予定は?」とおばあちゃん。
「プールに行きます」
「プール?じゃあうちで泳いだらいいじゃない!」
と、目を輝かせて提案してくれました。
庭にプールがあります。結構ちゃんとした、大きなプール。
チェコの田舎の方ではそんな珍しくないことです。
「でも水着持ってないし…」
「はだか、はだか!^^」

ゆうきが入るなら、パパも必然的に入らなきゃいけないけど(ママではない。)
最初はしぶっていたものの、皆に押されて入ることに。

マル母「ゆうきが泳ぐところ見たい!でもアンタ(マル)の裸は見たくない!」
かなり本気で嫌な顔をしていました。笑
これがいつも不思議で…
家族の裸を見るのは気持ちワルイそう。
マルの家族だけか???

結局、見に行っても大丈夫になったら、わたしがマル母を呼ぶことに。

P7010664b.jpg


もう午後6時前というのに、気温は多分25度以上。
水はちょっと冷ためだったけど、気持ち良さそう…。
ゆうきは初めてのプールに終止泣きそうな顔してましたが。

マル母は、呼びに行く前に待ちきれず見にきました。笑
ほんの20分くらい泳いで終わりです。
「ゆうき初めてのプールは、パパと一緒だった〜」
マルはちょっと嬉しそうに言ってました。

そしてそろそろ良い時間になってきたので
お家に帰りました。
皆と楽しいひと時を過ごし、
そして思いがけず初プールという貴重な体験が出来た
一日でした。

ブルノに帰省その2

さらに翌日、日曜日。
午前中から、森のお散歩へ出掛けました。
お母さんが妹さんに聞いてくれた場所だったのですが、
わたしが思った以上に、でした!
一応、目的地は泉のあるところです。
最寄りのバス停からバスで20分くらい?
Útěchovより一つ手前の駅で降りました。
細い自動車道と、建物もまばらなこんなとこ。

IMG_20170521_103629b.jpg

昨日とはうってかわって、晴天のまさにお散歩日和。

さて、妹さんの指示では、バス停から青い印に沿ってまっすぐ。
しかし…早速迷います。まず、どっち?

こちらでは、トレッキングロードが設定されていて
木にペイントされた目印で示されています。
青(主要道路)、赤(長距離または尾根)、緑(側道)、黄(短距離またはショートカット)など
分類があって、それに沿って散歩するというのが山歩き・町歩きの定番です。

バス停の側に、確かに看板があるのですが、
そこはルートの途中。
どっち向きに進めばいいのか、分かりません。
3人でひと討論したあとには、
同じくバスを降りた人たちが皆こっち行ったから、という方へ進むことに…。
さっそく未舗装の道へ踏み出します。

IMG_20170521_104210b.jpg

ずんずん進むと、また分かれ道。
青はこのまままっすぐだから、まっすぐ行こうと言ってみると
「青の方向へ、というのは最初だけよ」と義母。
その後の指示は書いてないとのこと…!!

おぉぉぉ…大丈夫か。

結局、まっすぐ進んだのですが5分も歩かないうちに、
向こうから老夫婦が歩いて来たので聞きました。

「この先には何がありますか?」
「××(マルも知らない名前)という町だよ」
「○○(自宅のある地域)に行きたいのですが、行けますか」
「めちゃ遠いよ。その町にいってからバスに乗らなきゃ」

義母の妹さんによると、歩いて自宅付近まで戻れるらしいので
この道は多分間違い…ということが判明。
引き返し、さっきの分かれ道を曲がって先に進むことにしました。

どんどん森へ入って行きます…。

IMG_20170521_110247b.jpg

IMG_20170521_111226b.jpg

道がわからない多少不安もありますが…
ま、ちゃんと定期的にルート指示があるし、
同じくお散歩している人たちにもたびたび会うし、
気楽に森林浴を楽しみながら歩きました。

分岐路では毎回のように立ち止まって、話し合い。
『どっちに進もうか?』

ルート指示といっても、木にペイントしてあるだけのことがほとんどなので、
この指示がどの道を指しているのか判別しにくいこともあり、いちいち悩まなければなりません。
そりゃ、ケータイで地図を見れば一発でわかるのですが、
3人であーだこーだ言いながら歩いて行くのが、楽しいんです。
ま楽しんでいたのは私と義母で、
マルは暑さでぐったり気味でした。(ゆうきも抱っこしていたし)

人に会わない時間の方が圧倒的に長くて、
この道大丈夫かな?と思うこともしばしばありましたが
途中、向こうからおばあさんが歩いて来たら
「ほらほら、おばあさんが歩いてる道だからそんな大変な道じゃないよ」
なんて判断したり。
ジョギングしている人がいればまたそれも人気のある場所なんだと
ちょっと安心したり。

森の中は涼しくて、風も気持ち良くてとても心地よかったです。

ちなみにゆうきは道中の半分くらいは
パパに抱っこされたまま寝ていました…。

途中から普通の自動車の道に出てしまいました。
でもこれもルートのうちのようなので、
しばらく町の歩道を歩きました。
そこは小さな町なんですが、お家はどれも新しい感じで
でもチェコの定番の形やカラフルな色合いだったりして
とても雰囲気がいいなあと。わたしは気に入りました。

IMG_20170521_120501b.jpg

写真では伝わらないですね…。

IMG_20170521_120700b.jpg

ひとん家を撮るのもどうかと思ったのですが
あまりにかわいいお家だったので…
逆光ですが、実際はもっとパステルカラーでした。
こういう、一つの家を半分ずつ2家族が使っているという形式は
郊外は多いですね。

「こういうとこに住みたい」
と私が言うと
「車がないと不便だよ」
とマルはバッサリ。
…えぇ、そう答えるだろうと思ってたよ。
後から調べたらSoběšiceという町でした。

そろそろ正午です。
お腹もすいてきたことだし、結局、
その町の外れからバスに乗りました。
そこからお家の最寄り駅まで10分もかからなかったのですが、
歩いてたらあと2時間はかかりそうな道でした。

あー楽しかった…とバスで一息ついてたら…
ん、ちょっと待てよ…。

「泉あったっけ??」

「行きのバスの窓から見えたよ」


???

どうやらルートを間違えて、泉の場所に寄らずに歩いて来たようです。
最初の目的地に着けなかったのね…。
でも自然の中で、とても気持ちのよいお散歩を楽しめました。
今度ブルノに行った時は再チャレンジします。泉目指して。

その日の夕方に、また来た時と同じ電車に乗って帰りました。
いつになく、忙しくあれこれ楽しんだ3日間でした。

ブルノに帰省その1

先日ブルノに行ってきました。
日本旅行のお土産などを渡すため、おばあちゃんにゆうきを会わせるため。
それと、マルの友人家族に会うため。^^

金曜日に旦那が有給を取ってくれて、朝から出発です。
朝7時の電車でした。。早い!
というのも、今回はREGIO JETという会社の電車に乗りたくて
1週間前に予約したのですが、その時点でほぼ売り切れ状態、
残っていたのがこの時間だったのです。。
こちらの電車、人気なんです。
なんといってもサービスが良い。そして新しい。
テレビモニターが各席についてて映画やテレビや色々見れるし、
アテンダントが無料でコーヒーやお茶を配ってくれるし、
雑誌やら新聞やらもくれるし…。
ブルノまでの約3時間、快適に過ごせました。
…と言いたいところですが、快適なのは隣でずっと映画を見ていた旦那さんだけで
わたしはゆうきのお世話にお守りを、ほぼほぼずっとやっていたので
ただただ消耗しました…。
(彼もご飯のときには映画を止めて手伝ってくれましたが)
テレビモニターがゆうきのテンションをあげてしまい、
やたらとはしゃぎ、飛行機で日本行った時よりも疲れたように感じました。

あとこの日ブルノ行きがやたら込んでいた理由のひとつは、
アニメフェスがやってたからのようです。
プラハの駅では、刀やらデカイ剣やら持った人たちがぞろぞろ…。
コスプレイヤーです。
みんななんだかウキウキしていました。

久しぶりにブルノのお家に来たわけですが
ゆうきは最初、泣きはしませんでしたが、なんとなく不安そう…。
そしておばあちゃんが近づいて抱っこしようとすると、案の定泣き出しました。
そこからしばらくは、おばあちゃんに人見知り状態、
何をしてもずっと泣いてました。
何度会っても、慣れませんねえ。。おばあちゃん、かわいそうに。。

ブルノについて、一休みして、街へ繰り出しました。
トラムに乗って中心地へ向かうときにも、
コスプレイヤーが街を歩いているのを、見かけました。
この日は金曜日、平日ということで街には今まで見たことがない位人がいて
なんか不思議な感じがしました。
(人気のない中心広場に慣れていた私)
あと、ビアホールトラムも走ってました。→Šalina pub
トラムの中がビアホールになってますよという、チェコならではの代物。

そんな街を横目に、
わたしたちは、気になっていたカフェに行くことにしました。


MARINADA STORE

カフェ+食料品販売といった感じのかわいいお店。

お花が咲いたチーズケーキと
タンポポのレモネードを飲みました。

IMG_20170519_163734b.jpg

こんなカワイイ感じの…いつぶりだろう。。。

マルはサーモンのサンドイッチ。
これがあまりにも美味しかったようで、もう一回注文しました。

IMG_20170519_164804b.jpg


1回目の提供にも15分くらい待たされたけど、
さらにまた15分くらい待ちました…。
ま確かに、待ってでも食べたいくらい美味しかったです。

中庭もあり、奥に結構広いお店だと、帰る間際トイレに行く時に気づきました。
ゆっくりくつろぐなら奥のお席の方が良さそうでした。


翌土曜日は
お友達のレンカ一家と久々に会いました。
レンカはマルの幼なじみで、結婚式の時の証人にもなってくれた人です。
旦那さんと5歳のアニチュカみんなで公園散歩しましょ〜と誘ってくれました。

わたしたちが最初、レンカから貰った行き方どおりに行った場所は、
見渡してもそれらしい場所がなく、どうも様子がおかしい。
ただただ古い家と、森。トラムの終着点。なんか寂れてる。
???
道行く人に、この当たりに公園ありますか?と聞いても「うーん?」という感じ。
あそこかな、と教えてくれた場所は
あまりに小さくて、ボロくて、寂れていて。。。
ここじゃないよな感しかありません。
違うよなあ〜とトボトボ引き返したところ、
レンカから正しい道案内が送られて来て。

一つ前の停留所でした。。。

歩いてそこに着くと、旦那さんとアニチュカちゃんが待っててくれて、
公園まで案内してくれました。
新しく整備されたばかりの公園らしく、
どうりでGoogleで調べても出てこないわけだ、と納得。
川沿いに道があって、ところどころに公園があって、
散歩にちょうどいい感じの場所でした。

IMG_20170520_155255b.jpg

遊具も新しくて、全体的に木で作られててなんか面白いです。

IMG_20170520_164128b.jpg

アニチュカ、さすが5歳児。
こういうものを見ると飛び出して行きます。

IMG_20170520_162644b.jpg

こんな楽しそうな遊具も。ターザンみたいに滑るやつです。
わたしもやりたい…!とつぶやくと、
僕も…!とマルさん。大人用のも作ってくれたら良いのに!

川沿いの道に入るところに、小さな屋台が出ているのですが
そこのコラーチュ(ケーキ)は絶品!!!!
今まで食べたチェコのケーキのなかで一番だったかと思います。
あのケーキを食べにまた公園に行きたいくらい。

一日中、今にも雨が降りそうな天気が続いていましたが
なんとかもちこたえてくれて良かったです。
めちゃ寒かったけど…。
レンカも旦那さんも、わたしが話しについて来れてるか気にしてくれたり
話しを振ってくれたりして
やっぱりとてもいい人たちだな〜と改めて感じました。
マルも、気の置けない仲の友人達に久々に会って
とても楽しそうにしゃべっていました。
そんな様子を見れて良かったです。
普段プラハに居ては、昔からの友達とかとは会えないですからね。
ちょっと寂しそうです。

素敵な友人たちと楽しいひと時を過ごせた一日でした。

ちなみに
レンカには日本のお土産として、ぽたぽた焼きをあげました。
お口に合えばいいな〜
プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコ共和国のプラハ在住、フリーのデザイナー。プラハ在住の日本人女性3人によるものづくりユニットSankakůのメンバーのひとり。2013年12月にチェコ入り→翌1月にチェコ人と結婚。2016年6月長男誕生。

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ