チェコのおうち

〜チェコ人旦那&息子と、プラハでゆるりと生活中〜
2013年08月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

赤ちゃん歓迎式

市が主催の、赤ちゃん歓迎式に行ってきました。
私が住んでる9区のイベントで、開催場所も役所のイベントホール。
メールで予約をしたところ、数日後に招待状が届きました。

『新しい市民、ゆうきくんへ』
クルテクのスタンプが押された可愛い封筒で来ました。

15時開始だったので、14時半に着くように出発。
(うちから5分だけど)
この日はど平日でしたが、
マルも休暇を取ってくれて、さらにはブルノのおばあちゃんも
休暇を取ってプラハまで来てくれました。
30分程の短いセレモニーだと聞いていましたが
「おじいちゃんおばあちゃん、親戚の方などもどうぞ」
招待状に書いてあったので、せっかくなので来てもらいました。

入り口から、市の職員の方が案内してくれ、
待ち合いサロンのようなところで待機しました。
私たちが着いたのはほぼ一番のり。
14時開始の部の人がまだいくらか残って写真を撮ったり
帰る準備をしているところでした。
続々と集まる参加者。
赤ちゃんとお母さんはもちろんのこと、
お父さんも(おそらく)全員参加だったようです。

「すごいねえ。日本でだったら、お父さんは来ないよ」
(そんな理由で有給とれないし、とろうとも思わないんだろう…)
「そう?普通だよ。赤ちゃんの大切なイベントでしょ」
子どもを大切にする文化、習慣、
チェコの良いところのひとつ。
敵だと思います。

他にもおじいちゃん、おばあちゃんや親戚も来ているようで
大所帯を率いている赤ちゃんもいました。

サロンには
何やらデカい立派な机、イスなどが置かれていて
14時の会の方々が、そこに赤ちゃんを座らせて写真を撮っています。
私たちもあとでここで撮って帰るぞ〜とワクワク。

式は定刻に始まりました。
赤ちゃんとママ(パパでも可、今回は皆ママだった)のみがサロンに残り、
他の人は先にホールへ入り着席。
ママたちは係の人の指示された席に順に座っていきます。
私はなんか難しいこと言われないかどうか、ドキドキしてました^^;
(が、マルが席に着く前に、係の人にひと言声掛けてくれていたようで…
すんごいシンプルに分かりやすく指示してくれて、ホッとしました)

今回の赤ちゃんは10人。私は右から3番目に着席。
そのすぐ後ろにマルとおばあちゃんが座ってくれました。
座ってゆうきはソワソワ。
隣の赤ちゃんをじっと見つめて観察。。
そしてパッと目が合ったとたん、うわぁぁぁん(泣)。^^;
あいあい、とあやして落ち着いたら、また観察を始める。
そしてまた泣くの繰り返し…。
最初から最後まで通して、ゆうきが一番の泣いてました。

P2223974b.jpg

この写ってる中で、右となりの子はゆうきより先に生まれてますが
両端の二人は後に生まれてます。
でもゆうきが一番ちっちゃい。
チェコ人赤ちゃん大きい…。

最初に市の職員の方の挨拶。
なんとなく雰囲気しかわからないけど、
ようこそ〜新しい市民さんたち、みたいな話。
次に、大きなメダルを首から下げた男性が登場、
またお話をしてくれます。
このメダルは、なんか、権限があるという意味だそう…(曖昧)
そういえば、結婚式のときにいた市の偉い人も
これを付けていたな。。と、思い出しました。

そうやってお話を静か〜に聞いていたのですが、
うちのゆうきが泣いては止んで、また泣いてとしていたので
私はヒヤヒヤ、あまり集中して聞けませんでした。。

次に、順番に前に出て、ママがサインをします。
なにかの台帳か何かでした。
わけもわからず、指示されるままサイン。。
その間、赤ちゃんは横のベビーベッドにおいておきます。
カメラマンさんはすかさず撮影。
皆さん、パパも一緒に前に出ていました。
記念品を受け取るヘルプだったり、
カメラマンになったり…
うちもマルが一緒に出て来てくれました。

ベビーベッドに置いたら100%泣く、と
最初から覚悟していたのですが
意外や、置いてしばらくはしーんとしてました。
しかし表情はガチガチ。
プロの撮影の後に、パパが顔を出してカメラを向けると
その顔に甘えたのか、いきなりギャーンと泣き出しました。
わたしは急いでサイン。

そのあとまたちょっとだけ市の職員の方のお話。
そして一人ずつお花を受け取る。黄色のカーネーション。
以上で式は終わりです。
ほんとに、30分もかからないくらいの
ミニミニ式典でした。
あとは皆さんご自由に写真を撮って下さい、と解散。
私たちは、待ち合いサロンに置いてある、あの立派な机のところで
写真を撮りました。
後ほどマルから聞いた分には、
昔の市長さんが使っていたデスクだ、とのこと。

P2224035b.jpg
今回一番のお気に入りショット^^

さて、おばあちゃんはその足でブルノへ帰りました。
マルはバスターミナルまでお見送り、
わたしはゆうきを連れて先に帰りました。
さっそく貰ったプレゼントを開けてみると…

P2224043b.jpg

大きな箱の中身は、ブランケットと子羊のぬいぐるみでした。
あとは、色鉛筆、四葉のクローバーのペンダントトップ(金らしい)、
記念のポストカード(?)
でした。
いろいろ貰え過ぎて申し訳ない。

ゆうきの初めての外でのイベント、
とても良い記念になりました。
スポンサーサイト

顔芸

yukimanga0218-1B.jpg

毎日いろんな表情を発見しています。

おすわりもお手のもの

yukimanga0216B.jpg

明け方は彼に驚かされることが多いです。。
プロフィール

SAJAKA

Author:SAJAKA
チェコ在住フリーランスのグラフィックデザイナー。
2013年12月にチェコ入り→2014年1月にチェコ人と結婚し、新しいコト尽くめの中、ゆるりゆるりと毎日を楽しむ。
TUMBLER;POKOJ SAJAKY

最新トラックバック
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。